« 『都市と消費とディズニーの夢』(速水健朗/角川oneテーマ23) | Main | 春の水 »

『塔の下』(五條瑛/光文社)

『塔の下』(五條瑛/光文社)

錦糸町。自身はヤクザではない、とはいえ、ヤクザの下請けのような
小さな調べごとなどをひきうけてのらくらしている鏑木。元大学准教授。
いろいろあってまともな暮らしを諦めていた。
新しい塔の建設によって暴力団排除の締め付けがいっそう厳しくなる
下町で、天藤会のシノギもこれまでとは変わらざるをえない。

『天神のとなり』の続編ってことかな。クロカバ呼ばわりの若頭、白樺、
隠居の大金持ちじーさん烏山、不幸顔のエイコ、ヤクザの便利医者の相米
鏑木を慕って世話を焼く京二、と、新キャラ旧キャラそれぞれに絡み合い
ながら、金儲け、裏切りのお話。
鏑木さんがどっか他人事めいて飄々としているせいか、ヤクザのシノギの
裏切りでどーこーの大変な事態なのに、さくっと軽く読めてしまう。
今回、京二の行方不明のお父さんがヤバイ感じに関わっているらしい、と
いうのがだんだん明らかになっていく。
京二くんいい子なのに、と、しーちゃんこと清水というオヤジが危うくて
おまえはどーでもいいが京二にちゃんと話してやれよ、と、もやもや。
あんまり人が死なないなあ、とふわふわ読んでいたけど、最後のほうには
まあそこそこに。でもそこもわりとあっさりなので、読後感として私は
悪くなかった。
溜め息は出ちゃうけどな。

雑誌連載で、終わって、この単行本で最終章の書き下ろし、と一冊に
なったようです。最終章あってよかった。京二くんがんばれよー。
あとぶっそうなこと担当な三又、かっこいいな。鏑木さん関わりになら
ないほうがいいよ、と思うけど、もっと彼との危うい感じの絡みが見たい。

(京二くんがもっとがんばって鏑木さんに押せ押せで付き合えばいいのに。
そこに三又が絡んでヤクザから縁切るなんてできないとか、ハラハラな
駆け引きになればいいのに。妄想もえもえ)

まだ続くのかどうなのか。
この本の中の最後で塔は完成したばかり。ほぼリアルタイムな感じ。
街がこの先変わるのか、変わらないのか。犯罪、暴力。清く正しいだけで
いられるわけない、という世界。
また時間が過ぎて、どうなるのか。そういうのを書いてほしいと思う。

|

« 『都市と消費とディズニーの夢』(速水健朗/角川oneテーマ23) | Main | 春の水 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『都市と消費とディズニーの夢』(速水健朗/角川oneテーマ23) | Main | 春の水 »