« 『俳句いきなり入門』(千野帽子/NHK出版新書) | Main | 青空珈琲店 »

『MASTER KEATON』(浦沢直樹/小学館ビッグコミックスペシャル)

『MASTER KEATON』(浦沢直樹/小学館ビッグコミックスペシャル)

全12巻、完結。
地道に買い続けてまいりました。
キートンタイチくんは結局就職というか、大学での道は開けなかったよう
ですが、どこにいてもどんなことをしても学び続ける、考古学者であり続
けるということで、ハッピーエンド、って感じかなあ。
ここにいる、と、居場所を定め、娘に手紙を書いて。
しかし奥さんへの伝言頼むのじゃなくて、自分で言えよ、と思うのは
私が間違ってるだろーか。

冷戦後、という社会情勢。一応ベルリンの壁崩壊後、みたいな感じだけど
東、というのはまだまだ不安定不穏な社会、という背景が面白かった。

新しく連載が始まったようだけれども、どうなんだろう。
この最後からは20年後くらいの設定、らしい。まー、私はおいかけたい
ほどに大好き、では、ないかな。

どのお話も凄くよくできているなあと思ったし、キートンさんもインテリ
優男かつタフでかっこいい。だけど、惚れないんだよなー。

浦沢直樹の漫画って、ものすごく上手いんだなあ、という気がするんだけど
好きにはならないなあ。面白いとは思うんだけど。
これは個人的趣味の問題で、私にとっては色気がないしキャラに思いいれ
持てないし、かっこよくって痺れるっっっ、ってところがない。
設定もお話もこんなに好きそうなのに何故だろう。
ガチへテロだなーとは思うけど、そうであっても好きになったら好きなんだ
けどな。
ひねりとかきいてるとは思うけども、結局いい話に落ち着くなーというのが
退屈なのかもしれない。もちろんいい話は素晴らしいんだけど。
うますぎて安定感が退屈なんだろうか。まあ、そんなこんなも贅沢なないもの
ねだりです。
完全版12巻そろえたことに悔いはなく、とっても面白く読み終わりました。

|

« 『俳句いきなり入門』(千野帽子/NHK出版新書) | Main | 青空珈琲店 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『俳句いきなり入門』(千野帽子/NHK出版新書) | Main | 青空珈琲店 »