« 青空珈琲店 | Main | 映画「ダークナイト ライジング」 »

『パーフェクト・スパイ』上下(ジョン・ル・カレ/ハヤカワ文庫)

『パーフェクト・スパイ』上下(ジョン・ル・カレ/ハヤカワ文庫)

マグナス・ピムはウィーン大使館勤務だった。父、リックの死の知らせを
受けた後、姿を消す。情報部が行方を捜すも手がかりはなかった。
ピムは一人、かねてみつけておいた隠れ家で、自分の人生を振り返っていた。
息子へあてた文章として、書物として、書き記す半生。ペテン師だった父、
リックのこと。自らの学生時代。いかに情報部員として活躍を重ねたか。
そして、いかにスパイになったか。

スパイ小説、ではなかった。。。スパイとなった男の物語。
解説が高村薫だった。高村薫からして読みにくいと書いてあったので、
そうかそうだよね、読みにくいのは私だけじゃないんだ、と思う。
図書館延長してしまったよ。
息子、トムへのピムの手記だったり、そうでもなかったり。自分のこと
だけれども「ピム」として記していたり。隠れ家での生活だったり、
ピムを探す上司、妻の話だったり。回想も現在も自在に時間軸が出てくる
から、なんだ、これ何の話?と悩むことしばしば。ル・カレの作品ってこう
だよなーと思うけれども、なんていうか、今までのは、まあ、それでも
一応スパイ小説って感じに言ってもいいかな、という、スパイ的ミッション
みたいな話の筋があったけれども、これは。ひとりの男の物語。
私は何を読んでいるんだろう、と、悩むことしばしば。
それでもがんばって読み進み、最後のほうにくるとなんでだろうなんだか
もう自分でもわからないけど感動させられてしまって終わった。
感動的盛り上げしようなんて気は著者にはさらさらなくて不親切この上ない
のに、そっけなさにもほどがあるだろっ、と思うのに、なんで私感動しちゃう
のかわけがわからない。このわからない迫力が、なんだか凄い。

面白かったー、っていうのは違う気がする。
正直退屈だなーとかなんなんだこれ、と、読み進めなくなったりした。
けど、最後のほうにはすごくやられてしまう。読み終わるとなんか圧倒された
感動がある。感動、っていうのかなあ。なんだろう。。。単に小難しい本
読んだぞ、みたいな単純な達成感ではない。はるばる深く広く遠く圧倒的な、
小説読んだなあと思う。ル・カレ、不思議。

ル・カレは一旦終わりにするー。やっぱり面白かったのはスマイリーやギラム
が出てきていたやつだな。スマイリーがいないと情報部にもえもえできないわ、
私。この三ヶ月、個人的ル・カレ祭りして楽しかった。満足。

|

« 青空珈琲店 | Main | 映画「ダークナイト ライジング」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 青空珈琲店 | Main | 映画「ダークナイト ライジング」 »