« 映画「ダーク・シャドウ」 | Main | 映画「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」 »

映画「外事警察 その男に騙されるな」

*具体的内容結末まで触れています。


映画「外事警察 その男に騙されるな」

ウランが流出した。
日本では、震災で崩れた大学の研究室から精密な起爆装置の資料が盗まれた。
核テロサミットを目前にした状況での不穏な動き。日本と韓国の機密組織が動く。

テレビドラマでもどっぷりハマって大好きだった外事警察。
なんといっても、住本主任をやってる渡部篤郎がすさまじく色気があって
かっこよくってたまんなくって身悶え。テレビの時には勢いあまって「ケイゾク」
のDVDセット買っちゃったのだった。あの痺れる真山さんを思い出してね。
あれから年を重ね、なんなんだこのやっぱりすっごい役やっちゃう渡部篤郎よ。

映画はさすがスケールが大きくなってて、北との核問題。大きすぎるー。
官房長官が「日本の手にはあまるのよ」と吐き捨ててらしたけどほんとそう
なんじゃないかなと思った。結局住本は日本政府は一切関知しない、って
立場でいくしかないわけで。
でもそれってますますミッションインポッシブルみたいでかっこい~。
韓国側の安眠鉄もすんごいかっこいい。
韓国での爆発。銃撃戦。やっぱりすーごいなー。

とにかくとにかく、ほんと役者みんなが凄まじくかっこよくって痺れる。
真木よう子演じる果織。ひなちゃん尾野真知子。おのまちちゃんは「カーネーション」
の時期と撮影かぶってたらしいけど、凄いな。まあほんっとにガラっと違う役
だからできるってこともあるのかなあ。糸ちゃんは糸ちゃんで、ひなちゃんは
ひなちゃんだ。したたかに成長していて、でもまだやっぱりひなちゃんで。

母である覚悟決めた果織の前で、ひなちゃんはやっぱり負けてて、そういうのも
すごくよかった。ひなちゃん、まだまだ強くもしたたかにもなっていくだろう。
かっこいい。
テレビのときみたいに、果織をズブズブにしてやんよ、ってのをじっくり見たい
気もしたけど、まあ、それはドラマでやったしね。時間がないんだ、というのが
緊迫感でもあるので、あのテンポでいいかなあ。

んでっ。やっぱり田中泯は凄い。
かつて日本で学んだ北の原子力学者。日本に妻子を残していることを住本に
つけこまれて、日本へ戻り上玉の情報源とみなされる、が。
住本渡部篤郎との息詰まる競演。しかし田中泯の眼光のすさまじさったら。
最初の登場からしてもう圧倒的。闇に光る眼。炯炯と、とかってつまりああいう
眼なんだろうか。そんな形容がふさわしい眼っていうのを初めて見ました。
無理。もう無理。田中泯みてるだけで私が壊れてなんかもう、あの、爆弾前に
してのシーンからあともうずっと涙が止まらなかった。緊迫感が凄すぎて。
感動の涙なんかじゃない。緊迫感。見てるだけのはずなのに臨場感。あの力
凄い。なんかもう、役者って凄い、って見せ付けられるわ。

住本は、またすれ違いざまにぐさっと刺されちゃってましたがw
学習しろよー。人とすれ違う時にはもっと気をつけてー。
でも、どーなんだろう。住本の心の奥底には破滅願望のようなものがあって、
いつでも俺を殺せ、と、願っているのかもしれないと妄想。
自殺なんかはしない。任務に全力をかけてる。でも、死ぬことを恐れていない。
だから、徐博士と同じくガソリン(かな?)自分もかぶることができる。
その闇にひきこまれちゃうんだなあ。ああなんて色っぽい。エロスとタナトス
だわー。惚れずにいられようか。

震災直後な日本。すごく「今」の感じだと思う。ぞっとする。リアルだったら
どうしようと思う。リアルなのかもしれないと思う。
細かいとこだけど、官房長官の会見の時に横に手話の人がいたりしてね。
そういう小さなリアルがなんかリアルでこわい。さすがNHKって気分。
どうしましょうこんなことになったら。日本は本当に大丈夫なの?
大丈夫じゃないよね?でも本当は大丈夫なの?国民が知らないだけで、公安
は本当に暗躍してくれているの?していてほしいわ。。。
脚本、古沢良太という人。
昨日の「リーガル・ハイ」でもコミカド先生に10ページに渡るとかいう長セリフ
まくしたてさせていたのだ。あのセリフの圧倒的な感じも物凄くて。凄く「今」
で。挑発的だと思う。そしてもちろん本気なのだと思う。よく書くよなあ。
そして、よくそれをドラマにも映画にも、つくりあげるよなあ。核。原発。今の、
これからの日本を、見ろ、という気迫が凄い。

住本が実は誰かに寵愛されてて、とかってのももえた。
誰なんだろー。有賀さん?石橋凌。それじゃ微妙にぬるい気はするけど、
有賀さんは政治に近いとこにいるわけで、あのぬるい感じが表の顔的偽装で
ほんとは凄くて、みたいなのを妄想。政治に近いとこにいなくちゃいけない
人も必要で、そうだとやっぱり表的なことしかできなくてあのくらいの
ぬるさがリアルなのかなあと思ってみたり。
かっこいい。もうなにもかもすべてがかっこよかった。はー。

最後、あのDNA鑑定は本物なのか?とか。子どもさらったのは住本の
手配かっ、とか、ああああ、と呆然。うーむ。
子どもさらったのって、攫ったやつは手配したとして、その後のえっと、
でもあの、北のやつらと巧妙につなぎとったってことなのか?そこまで
危険冒すのか。爆弾の現物にたどり着くためには、そこまでリスクとらない
とダメか。。。凄い。本当に爆発はするかもしれない。ソウルで核が。
それでも、そこは日本じゃない、とまで割り切りして独断した?できる?
そこまでやるから魔物なのか住本っ。
ひなちゃんに、ほんとは弱くてもろい、とか詰め寄られてたけど、そう
思わせるのもあのDNA鑑定出すためのタイミング?でもそこまで操ること
ができるかなあ。できる、かな。。。
操れなくても、でも、その時々で本気で柔軟に次の手うっていける、って
ことか。
ほんとは弱くて脆い、のも本当。そうでありながら、次の手を非情に
繰り出すことができるのも本当。底知れぬ闇だし罠だ。住本凄い。素敵。
うっとり。。。

大 満 足 ! ! !

|

« 映画「ダーク・シャドウ」 | Main | 映画「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 映画「ダーク・シャドウ」 | Main | 映画「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」 »