« 『動物園で逢いましょう』(五條瑛/双葉文庫) | Main | 映画「外事警察 その男に騙されるな」 »

映画「ダーク・シャドウ」

*具体的内容結末に触れています。

映画「ダーク・シャドウ」

コリンズ家はかつて水産業を興し町を発展させた名家である。
バーナバス・コリンズは、若き坊ちゃま。気ままにメイドの
アンジェリークとつきあったが、愛してはいなかった。
愛を求めるアンジェリークは魔女となる。バーナバスが愛した
ジョゼットを操り崖から身投げさせる。そしてバーナバスは
ヴァンパイアにされてしまい、村人に捕まり棺に閉じ込められ
埋められてしまった。
それから200年。
1972年に掘り出されたバーナバス。かつての繁栄を失った
子孫とともに、コリンズ家を復活させようとする。

とーにかく、ヴァンパイアの白塗りなジョニー・デップはやっぱり
きれいだな~。いいよヴァンパイア。そしてやっぱりヘンでステキ。
それから、魔女になるアンジェリーク。エヴァ・グリーンという
女優さん。すっごいゴージャス美女!そりゃあフラッと手を出して
しまうよね。積年の恨みがあるだろうにやっぱり誘惑されたら
やっちゃうよね(笑)激しいやっちまいっぷりは可笑しかった。
そのあと賢者タイムで憮然としてるジョニーも可愛かった。いやいや
バーナバスくん。あんたがわるいだろ。

魔女になって相手一族を呪うとか恋人殺すとか、そのやり方はダメー、
と思うものの、アンジェリークのほうがなんだか可哀相な気にもなる。
愛してたのはホントだと思いたい。
最後に心臓を差し出すのは切なかった。
でもダメなのよアンジー。
ゴマブッ子さん流に言うなら、バーナバスにはあなたじゃなかった。
あなたにはバーナバスじゃなかった。どんなに好きで思っても、人の
気持ちは変えられない。どんな手をつくしても。だから自分が執着を
捨てて変わらなくちゃ、仕方ないんだよ。
アンジーにあの女ブログを教えてあげたい!ww

しかしコリンズ一家のほうもなんか化け物じみていたり。。。あの
娘ちゃんがオオカミ人間になっちゃったりとか、唐突すぎて私には
わからない。
もとはテレビシリーズだったのかな。そういうのでなんか元ネタというか
そういうキャラになるような話があるのかもしれないけど。
わからんー。
そういうのが好きだったりするともっと楽しいのかもしれない。

前宣伝でイメージしていたほどコメディ的でもないような。
ホラー、というのとも違うし。私はわりと淡々と見てしまった。くす、
っと笑ったりもしつつ。怖いというのはあんまりないか。でも思ってたより
血は流れるー。
あれは一応ブラックなハッピーエンドなのかしら。ヴァンパイアとして
結ばれた、の、かな。でも大事な家族、コリンズ家はダメになっちゃった
んじゃないのかなあ。どうなのいいの。ま、いっか。

まあ安定の、ティム・バートン監督、ジョニー・ディップ主演。
ヘレナ・ボナム・カーターもいるよ、というわけで。
私、このコンビがなんかワイドショーなんかで持ち上げられたりしてる
ほど好きなわけじゃないんだった。ジョニー・ディップもまあ好きだけど
別に大好き大好き!ではないんだったー。でもまあまあ見てると思う。
そして毎回まあまあの満足。
今回はゴージャス美女アンジェリーク素敵~!というわけで結構満足。

|

« 『動物園で逢いましょう』(五條瑛/双葉文庫) | Main | 映画「外事警察 その男に騙されるな」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『動物園で逢いましょう』(五條瑛/双葉文庫) | Main | 映画「外事警察 その男に騙されるな」 »