« 『パラダイス・ロスト』(柳広司/角川書店) | Main | 『スマイリーと仲間たち』(ジョン・ル・カレ/ハヤカワ文庫) »

映画「MIB 3」

*具体的内容、結末まで触れています。

映画「MIB 3」

昨日見に行ってきた。字幕、3Dで。

エイリアンから地球を守るMIB。エージェントであるKとJの
コンビは相変わらずで、あちこちでエイリアンの揉め事の始末に
奔走し、ピカっとやって人々の記憶をごまかす日々。
月の刑務所から脱走したアニマル・ボリス。
40年前、Kに腕をふっとばされ捕まった極悪エイリアン。
タイムスリップで40年前に戻り、今度こそKに捕まらず逆に
殺してしまうよう企む。
ある日Jがいつものように出勤すると、誰もKを知らない。
Kは、40年前に死んでいたのだ。
ボリスをとめ、Kを救い、地球を守るためJも40年前へジャンプ
する。

ってことで、シリーズ3作目。前から10年たっているそうです。
そっかー。
トミー・リー・ジョーンズはもともと若くないけどもっとすっかり
おじいちゃんな感じ。
それになにより、缶コーヒーBOSSのCMのおかげで、K、あんた
も宇宙人だろー、と、思わずにはいられない(笑
ま、いっか。
あんまりお笑いコメディという感じではなくて、あー相変わらずだなー
と、少しにやにやと眺める感じ。
Jと、Kと、いいコンビだなあ、と二人を眺める感じ。
40年前の若きKに違和感なくておかしい。似てるー。
シリアス、というほどではないにせよ、JがKのために一生懸命に
がんばっちゃうのがすごくいいなー。好きだった。

そして最後にはね、あの軍人さんが実はJの、っていう。おおおー。
めっちゃベタだけどうるっとさせるじゃないか。
Kが、結局ピカっとはしちゃうんだけど、でも、余計なごまかしでは
なく、父さんはヒーローだった、とだけ伝えるのは素敵だ。

5次元に生きてるらしい?グリフィンという青年姿の宇宙人くん。
ありえる未来が同時に見えるらしい。えーとー、5次元ってゆーのは
時間が自由になるんだっけか。まあよくわからないし気にしないけど。
彼がかるーく説明してくれるので、あーいくつもの並行世界、とか、
未来の可能性、それが選ばれる偶然の奇跡、みたいな感じがさらっと
なんとなーくわかったよーな気になる。

高いところ怖いっこわーヒヤヒヤっ、というのもたっぷり味わったし、
楽しかったです。

|

« 『パラダイス・ロスト』(柳広司/角川書店) | Main | 『スマイリーと仲間たち』(ジョン・ル・カレ/ハヤカワ文庫) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『パラダイス・ロスト』(柳広司/角川書店) | Main | 『スマイリーと仲間たち』(ジョン・ル・カレ/ハヤカワ文庫) »