« 映画「ロボット」 | Main | 『高貴なる殺人』(ジョン・ル・カレ/ハヤカワ文庫) »

根津美術館「KORIN展」

根津美術館行ってきました。KORIN展。

「燕子花図屏風」と、「八橋図屏風」を見比べる!というのがメインですね。
根津美術館所蔵の国宝と、メトロポリタン美術館所蔵の「八橋図」が
100年ぶりに一堂に展観、とのこと。

橋のないカキツバタの屏風のほうが先に描かれ、それから10年の後、
(ん?10年の後でいいのかな。ともかく橋のほうが後、だよねたぶん)
よく似た構図でありながら橋があるのが描かれた。
見比べて。
最初は橋があるのが好きかなあと思ったけれども、二度三度と見に帰ると
うーん、橋がないのもやっぱりいいかも、と思う。
金地はふかく色が沈んで、葉の緑があざやか。カキツバタの青も深い。
少し色がかすれこすれ落ちてるのは劣化、なのだろうけど、それも迫力
あるなあと思う。
結構な大きさなのでやっぱり少し離れて、花の配置のリズムなんかを
見渡すのがいいのでしょうね。
ほんと構図的には橋があるかないかの違い以外はそっくり。
花の上のほうの空間が橋のほうはちょっと狭く感じるかなあ。でも見比べ
ているから狭く感じるだけかなあ。橋がないほうは空間が間延びして感じる、
と、最初思ったんだけど、これもやっぱり見比べているからかなー。空間
あるほうがいいかも、と思ってきたり。
見比べるって面白いなあとつくづく思ったのでした。

終わりのほうの「青楓朱楓図屏風」も好きだった。楓のもわもわが可愛い。
こっちは本当に色鮮やかだった。

屏風って迫力あるなあというのがよくわかりました。

角皿、「銹絵寿老人図角皿」と「銹絵梅図角皿」素敵でした。欲しい、と
思っちゃった。光琳のデザインいい、ってな説明があったように思いますが
ほんと、皿の横のほうまでデザインされてていいなーと。

同時開催の仏像を見たり青銅器をみたり、宝飾時計きれいだなー!とか、
茶の世界はわからない。。。とか、堪能しました。

そしてお庭も散歩。
緑がうつくしいです。
カキツバタ、本物咲いてました。
絵を見て本物見てと、なんか嬉しかった。
お庭、面白いですね。あちこちに石像とか仏像とか狛犬いっぱいだったり。
ひとしきりぐるぐるして、緑を満喫しました。

|

« 映画「ロボット」 | Main | 『高貴なる殺人』(ジョン・ル・カレ/ハヤカワ文庫) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 映画「ロボット」 | Main | 『高貴なる殺人』(ジョン・ル・カレ/ハヤカワ文庫) »