« 東京マッハvol.3「新宿は濡れてるほうが東口」 | Main | 『黒猫の遊歩あるいは美学講義』(森晶麿/早川書房) »

『卵をめぐる祖父の戦争』(ディヴィッド・ベニオフ/ハヤカワポケットミステリ)

『卵をめぐる祖父の戦争』(ディヴィッド・ベニオフ/ハヤカワポケットミステリ)

脚本家である「私」が自伝的エッセイを書くことになる。が、自分のこと
がつまらない。祖父の話をきいてそれを書くことにする。という始まり。

戦時下、レニングラードに住む17歳の少年だったレフ。
ドイツに囲まれている。人々は飢え、ものはなくなり、爆撃に怯える毎日。
ある夜、ドイツ兵が落ちてきた。
パラシュートの先で、凍死していたその兵士を見つけたレフたちは
落下点にかけつけ、兵士の持ち物を奪う。が、そこを運悪くつかまって
しまった。監獄に送られ、そこで、脱走兵として捕まった青年に出会う。
捕まっているというのに落ち着き払っている。コーリャ、と自己紹介する
ハンサムな彼と翌日連れて行かれたのは大佐のところ。大佐の娘の結婚式
のために、一週間以内に卵をみつけて来いという特命を申し付けられた。

あとがきを読むと、この作者が祖父に話を聞く、ということからして
フィクションだそう。作者の祖父はとってもアメリカ人みたい。へー。
ともあれ、読んでいると、ソ連の一般市民の暮らしが凄まじく悲惨で怖くて
戦争怖くて恐ろしいんだけれども、でもこの祖父は今生き残っているのだ、
という確信だけはあるので、どこか遠く思えて悲惨さが息苦しくはない。
なによりコーリャの魅力のおかげで、大変な悲劇と恐怖の中なのに基本的に
明るくユーモア下品で可笑しい。

”ニコライ・アレクサンドロヴィッチ・ヴラゾフです、友達にはコーリャと
呼ばれています”というコーリャ。その名前でその愛称というのが私には
全然わからないけど、とにかくコーリャが素晴らしい。
とことん女好きで、まだ童貞のレフにいろいろ教えてくれたり、減らず口
でレフには全然面白くも可笑しくもない小話を聞かせ続けたり、素晴らしい
小説の話をしたり。その小説、実はコーリャが書こうとしてる小説なんだ、
ってあとからわかったり。とにかくへこたれない深刻にならない黙らない
コーリャ。
ハンサムは正義だわー。
多少苛々しつつも、結局はコーリャに惚れまくりました。

なんだかんだでドイツ兵の捕虜となり、どうするんだ、どうなるんだ、と
最後のほうはたまんなかったです。すごい。
チェス対決も面白かった。私はチェスわかんないんだけど、なんか。
そして最後にはやるせなくてたまんなかったです。コーリャ。
そしてほんとに最後のところではほっとして。めちゃくちゃにぐるんぐるん
振り回された気持ちがすとんと落ち着いた。ヴィカ。かっこいいなあ。

いろんなところでいい評判聞いてたこれ、図書館の棚にあったんで
どーかなーと思いながら読んだんだけど。コーリャがこんなにハンサム
青年だって知らなかった(笑)知ってたらもっと早く読んだ。
金髪碧眼スタイル抜群笑顔が魅力的という。童貞レフくんも可愛いし。
人食いに襲われかけたりとにかく食べ物がなくて飢えていたり。そういう
怖いこといっぱいなのに、コーリャのおかげでなんか大丈夫になる。
面白かったー。

|

« 東京マッハvol.3「新宿は濡れてるほうが東口」 | Main | 『黒猫の遊歩あるいは美学講義』(森晶麿/早川書房) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 東京マッハvol.3「新宿は濡れてるほうが東口」 | Main | 『黒猫の遊歩あるいは美学講義』(森晶麿/早川書房) »