« 『十七音の海』(堀本裕樹/カンゼン) | Main | つなぐ »

映画「アーティスト」

*具体的内容に触れています。結末まで触れています。

映画「アーティスト」

1927年。
大人気俳優、ジョージ・ヴァレンティン。サイレント映画の時代だった。
彼のファンである女優をめざすペピー・ミラーとの出会い。
やがて映画はトーキーだ、という映画会社の方針には従わず、ジョージ
は一人サイレントにこだわりつづける。
一方ぺピーは、若く魅力的な女優として、少しずつ注目を集めていった。

ほんとにサイレント映画だった。モノクロだし。ちょっとだけは、セリフ
が字幕で見えるけれども、ほんと基本的に俳優たちのオーバーな演技で
見せる映画だった。そして音楽。音楽を堪能。
ごくごくわずかだけ音が入るシーンもあり、それがすごく印象的だった。
ちゃんと現代の映画なのね、と思った。

ぺピーは、最初いまいち垢抜けない感じだったのに、スターになっていく
と、やっぱりどんどんきれいになっていって、あーさすが女優~。
でも最初の頃こっそりジョージの楽屋に入ってって、とか、それストーカー
じゃねーの、となんか笑った。ジョージの衣装使って抱き合うとか。
きれいなシーン、とも思うけども、ちょっとキモイ、とも思ったよ(^^;

ジョージが、最初スターで、だんだんやさぐれていくんだけれども、
それもまたセクシー。サイレントスターだから、表情もアクションも
すごく大きいんだけれど、やさぐれてって一人黙々と酒を飲むシーン
なんかでも素敵だったー。
そしていつも、いっつも相棒ずっとくっついてる愛犬くんがすーごい
可愛い!いいなーいいなーあんなわんこと一緒に暮らしたいよー。
賢くて可愛くて忠実で素晴らしい。
運転手、執事?なじーさんも素敵。
ジョージは、すごく恵まれているし愛されているのにね。妻とはそりゃ
うまくいかなかったけどさ。
一人でこだわってトーキーの時代に逆行しようとしたり。世界恐慌は
大変なことだけど、落ちぶれちゃったのもかなり自業自得なのでは。
でもいい男だからねー。
女に惚れさせちゃう男だからねー。
ほんとに素敵なラストシーンで終わって、気持ちよかった。

アカデミー賞で作品賞も主演男優賞も、で、5部門とったんだよね。
なるほどね、という感じ。映画愛たっぷりだしシンプルに美しいし
苦味も幸せもあるし。犬可愛いし!
私の好みとしては、すごくいい!とか大感動!とか、傑作!とまでには
感じられなかったけど、好感もたれる作品だなあというのはよくわかった。
たぶん私が知らない気づかない、過去作品へのいろんなオマージュが
あるんだろうなー。そういうのを楽しめる場合にはもっとにやっとできて
楽しいのかも。ま、わかんなくても楽しいです。可愛いです。うん。
よかったな。

|

« 『十七音の海』(堀本裕樹/カンゼン) | Main | つなぐ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『十七音の海』(堀本裕樹/カンゼン) | Main | つなぐ »