« 『神の火』上下(高村薫/新潮文庫) | Main | 東京マッハvol.3「新宿は濡れてるほうが東口」 »

「三都画家くらべ  京、大阪をみて江戸を知る」

府中市美術館へ行ってきました。

「三都画家くらべ  京、大阪をみて江戸を知る」

京都、大阪、江戸を比べるという展示。とても面白かった。
とはいえ、それぞれの都市の特徴と言われても、自分がそれぞれの都市の絵を
知っているわけじゃないから、展示されてるものを見て、なるほどねーと
素直に納得するしかない(^^;特徴、って挙げてるのにそった絵なのだろー
と思うけど他の画家のことを自分が知らないからなあ。そうなんですか、と
説明を読みつつ、説得されていいのかしらと思ったり。でもこれからは、絵を
見るときにどこの都市の画家なのか気にして見るようになりそう。いいかも。

前期の特集は「花と動物」。後期は「人物画くらべ」。入れ替えが多数ある
ようですが、どっちかといえば花と動物が見たい。

鶴。孔雀がきれい。孔雀と牡丹とかやっぱり大好きだった。
京のはやまと絵の伝統があり、大阪は輪郭線をわりとはっきり描く。
江戸は遠近法など洋画の手法を早くから大いに取り入れている、だったかな。
チラシのコピー的には「京-優雅と無限の形」画面の外まで広がってゆく
絵なんですねー。「大阪-深みとおかしみ」線が強かった印象。「江戸-
理と抑制の美」理屈っぽいのか。

動物のふわふわの毛、柔らかいの、いい。お猿可愛かった。
そして、当時の人は見たことがなかったという虎。虎可愛いよねー。
微妙に人面くさくて可笑しかったり。竜虎図、かっこいいんだけども、やっぱり
虎が丸い感じが可愛い。
長沢蘆雪(ながさわろせつ・応挙門下。京都か)の竜虎図がとてもかっこよかった。
しゅっと斜めの線が中央で強くて。
松本奉時(まつもとほうじ・大阪)の蝦蟇の絵も好きだった。蛙大好きだったん
だって。どーんとぶっとい線でざっくり大きく描いた蝦蟇可愛かった。
あれのポストカードあったら欲しかったなあ。
与謝蕪村(よさぶそん・江戸。ってさすがにこれは知ってる)火桶図。
火桶の妖怪だった。可愛い(^^)いいなあ。

小禽図。小鳥可愛いー。雀可愛い。

司馬江漢(しばこうかん・江戸)の洋画。もうそんな時代から洋画描いていた
のかーと、知らなかったので不思議な感じがした。面白い。

大阪の中国の影響大!な山水図はあんまり私は好きじゃない。
北斎の「宝珠を搗く月兎」。兎は当時あんまり可愛い動物と思われてなかった
んだって。面白い。微妙に不気味なの兎。ヘンだー。

若冲があるってのを楽しみに行った。3点でした。
あんまりこう、若冲らしい!みたいな緻密っ!てのじゃなくて、筆の勢いの
ある小品て雰囲気の2点。「猿図」「兜鷹図」。斜めなのがかっこいい。
そして85年ぶりに展示、という「垣豆群虫図」。ムカデとか蟷螂とか
描いててそれコワイ、と思う。まーでも私個人的にはあんまり好きではない~。
兜と白鷹のが好きだった。

そんなこんなで楽しかった。美術館行くの久しぶりだったわ。
府中市美術館、初めてだったけど、いいなー。
すごくゆったり見られて幸せだった。久しぶりに、絵を自分だけでじっくり
見たという満足感。公園気持ちよかったしまた行こう~。

|

« 『神の火』上下(高村薫/新潮文庫) | Main | 東京マッハvol.3「新宿は濡れてるほうが東口」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『神の火』上下(高村薫/新潮文庫) | Main | 東京マッハvol.3「新宿は濡れてるほうが東口」 »