« 『キャッツアイころがった』(黒川博行/創元推理文庫) | Main | 『探偵はバーにいる』(東直己/ハヤカワ文庫) »

映画「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」

*具体的内容に触れています。結末まで触れています。

映画「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」

ヨーロッパで相次ぐ爆破事件。
犯人は不明。アナーキストか?
だが、名探偵シャーロック・ホームズだけには見えていた。黒幕は天才、
ジェームズ・モリアーティ教授だ。

第二弾!待ってましたっ!
今回もすーーーごく楽しかった~!
もうね、いきなりヘンな中国人の変装してるホームズ。ヘン。すごく変。
武闘派で強いのは相変わらずだけど。
そしてヨーロッパを救うためにモリアーティの尻尾をつかむ!と、壮大な
ことになってくんだけれども、でも、えっと、どっちかというと、ワトソン
くんの結婚を、新婚旅行を、邪魔したいんだよね?と思っちゃう好き好き光線
出しまくりなホームズ(笑)新婚旅行より俺といるほうがいいだろ?って。
(ちょっとチガウけどw)新婚旅行に行くはずなのに命がけのバトルに巻き込まれ
ちゃってますけど。可哀相ワトソンくん。でもなんだかんだいってもホームズに
つきあっちゃうし息ぴったりだし死にかけたホームズに「許さないぞ!」って
心臓マッサージしたり。ええっ心臓マッサージしたら人工呼吸とセットじゃないの!?
と期待しまくったけど残念だった。。。(期待のしどころが間違ってるのは承知)
かけがえのない相手、信頼しあってるコンビ。最高です。きゃー。きゃー。
ホームズの女装とかね。。。そこ女装の必要はないっしょ。誰か別人ってだけで
いいでしょ?絶対ワトソンくんに、見てみてー変?どう?って誘ってるでしょ(笑
新妻列車から突き飛ばして(笑)ええもちろん、彼女に危険が及ばないための緊急手段
ですよ。そう。わかってる。でもやっぱとりあえず彼女が邪魔なんだよねー。

今回はワトソンくんもいろんな格好してるのをいっぱい見られてよかった。
ギャンブラーだったり酔っ払ってはじけてたり(笑)
特に!舞踏会のシーンの正装にはうっとりしまくってしまうー。やっぱかっこいいわ
ジュード・ロウ。めちゃくちゃ似合う!最高!大好き!
そんでもってホームズと二人で踊るんだもんなー。もーーーーっ!!!
いや大事なこそこそ話のためですよね。うん。でもいちゃいちゃしてるでしょ。
きゃあきゃあ言わせたいんでしょっ。いつ二人でダンスの練習したの?もうー。それ
すごいみたいじゃないか。妄想ひろがりまくります。

モリアーティ教授もかっこよかった。冷静冷酷という感じ。もちろん天才な感じ。
常識も人の命もなんとも思わないよ?私は私のやりたいようにやるまでだ。という
悪の親玉な感じ。
特に最後の、ホームズとの脳内でのチェスシーン素敵。あーゆーのがシャドウゲーム?
その前の格闘のシュミレーションとか、誰にも見られぬ影のたくらみとかってこと
でもあるのだと思うけど。
かっこよかった。ああいうのしびれる。大好き。わかりやすく天才対決見せてくれるー。
戦争はビジネスチャンス。モリアーティの先見の明は確かってことを後世の私は知ってる。
戦争は起こる。ホームズは絶望的な戦いをしてる。モリアーティをもし倒せたとしても
戦争は止められない。そのへん、苦しかったな。

前作同様、前作以上にアクションはどっかんどっかん派手!馬に乗れないホームズ可愛いw
予告でも見ていたけど、森の中走って逃げてのシーン最高にかっこいい。
スローモーションだったり早回しにしたりの映像づくり面白いしかっこいいし、
アクションでは脳内シュミレーションとその後、とか、時間さかのぼるのもぎゅいぎゅい
きてかっこいい。で、今回だと実際には違っちゃってああああーっ、とはらはらさせて
くれるのもしびれるわ。
滝に落ちていくところ。
ワトソンくんが現れた瞬間。目の前で。って、あそこはぎゅっときた。たまらん。
その後の、あのラストだもんねー。
あーもー、3作目も絶対作って!早く作って!もっとホームズとワトソンを見せて!

原作からのセリフの引用とかもいっぱいらしい。
原作は私はあんまり覚えてない。読んだの大昔すぎる。原作の大ファンだったら、
アクション活劇なホームズなんて!って否定的になるのかなあ。
実際推理なのかどーか私には全然わからない。
でも、原作ってもともとキャラ萌小説だもん、と、私は思っている。
ホームズ&ワトソンコンビが素敵なんだもん。やっぱりもう一回ちゃんと原作を読んで、
いっぱいあるらしい引用とかコネタにもっとにやにやもえもえしたいかも。
マイクロフトにーちゃんとか、あの召使、スタンリー?とか、すごい気になる(笑)
にーちゃん、おうちじゃ裸族なんすか?なんで?(笑)
3作目あるとしたらますます期待が膨らむ。でもとにかく、このコンビもっと見られたら
いいなあ。大好きでーす。


|

« 『キャッツアイころがった』(黒川博行/創元推理文庫) | Main | 『探偵はバーにいる』(東直己/ハヤカワ文庫) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『キャッツアイころがった』(黒川博行/創元推理文庫) | Main | 『探偵はバーにいる』(東直己/ハヤカワ文庫) »