« 『疫病神』(黒川博行/新潮文庫) | Main | 「短歌とあそぼう in SPBS」 »

映画「ドラゴン・タトゥーの女」

*ネタバレしてるかも。

映画「ドラゴン・タトゥーの女」

名誉毀損で有罪になったジャーナリスト、ミカエル。仕事の依頼を受ける。
表向きは、かつての大富豪、ヴァンゲル一族のヘンリックの回想録を書く
という仕事。だが、ヘンリックが本当に依頼したいのは、捜査だった。
40年前消えた、16歳の少女ハリエット。一族の誰かが、彼女を殺した
と疑っている。

リスベット。凄腕のハッカー。調査員として好きな仕事だけをしている。
23歳。だか後見人がついている。精神的に障害があるとされ、財産の
管理が必要とみなされているのだ。
ミカエルの助手として調査をすすめる。二人が見つけた真相は、連続殺人
事件と引き継がれた狂気だった。

原作は読んでない。スウェーデンですでに作られている映画も見てない。
どういう話なのは知らずに見にいけた幸福。
2時間半くらいの上映時間かな。まったく飽きずひきこまれた。すっごい
かっこいい!

前々から予告見るたびにかっこいいなあ。見たい見たいとわくわくしていた。
今日もOPの音楽映像それだけで死ぬほどかっこよくってうっとり。凄い。
デビッド・フィンチャー監督。ミュージックビデオ出身なんですね。「セブン」
や「ゾディアック」のように、連続猟奇殺人事件みたいなのが監督自身好き
らしい。私も大好きだよ!!

ミカエルがダニエル・クレイグ。監督からまず太れといわれたよ、みたいな
インタビューを見たけど、あれで太ったのかなあ?まあ脱いだときには多少
ゆるんだ身体してる感じではあった。ふつうのおっさんのフリしよーとしてる
けど、かっこいいから!もー!もー!もーっ!すっごくかっこいいから!!!
眼鏡をかけたり外したりへんなとこにひっかけたりしててめちゃめちゃもえる。
なんかこー、普通のおっさんな感じなのにあんなにかっこいい、っていうのが
たまらなく好きなんだな私。ユアンくんが「ゴースト・ライター」で普通な
青年っぽくしてたのもたまんなかったしー。
特別かっこいい格好してるわけじゃなのに、ミカエルやっぱいい身体だしいい
スタイルで、何しててもかっこいい。素敵。素敵すてき。うっとりっ。惚れる。
モテるよそりゃ。惚れられるよそりゃ!ああ~かっこよかったああ~。

リスベットは、ルーニー・マーラ。ホント体当たり演技ってゆーか。ピアスの
あれこれほんとにあけたらしい。さすがにタトゥーはしてないかなあ。でも
脱いでるし、衝撃的レイプシーンも。
あのクソッタレ後見人っ。復讐されてたけどもっともっともっともっともっと
酷い目にあわせてやりたい。ほんと酷い。酷い。でもああいうのがリアル
なのかも、と思うとやりきれない。
虐待、って、あるんだよなあ。。。
リスベットがあのあとタトゥー入れにいってた。
勝手な想像だけど、なんかこう、酷い目にあうたびにタトゥーいれて痛みを
刻んでいるような気がしてたまんなかった。
もの凄いヘアスタイルだしピアスは痛々しい。でもきれいだ。強くてかっこいい。

スウェーデンとかって、性的に比較的なんでもありなんだろうか。
うーん。
北欧ミステリ読んだのは『特捜部Q』だけだけども、福祉大国とかおしゃれ
インテリアとかのこれまでのイメージとは全然違う感じが。まあもちろんどんな
国にも闇も痛みも狂気もあるよな。

原作だとわりと分厚めの文庫上下巻、なところを、ちゃんと映画一本で見せて
くれてて凄い。話の切り方、見せ方が上手いんだと思う。推理とか謎ときとか
私にはわーっとなっちゃって、はっきりよくわかった、とはいえないけど。
そもそも北欧の名前覚えられない。登場人物がわからんー。でも私はあんまり
気にならない。ひきこまれて面白く見た。

猫にゃんこが可愛くて可愛くて。ミカエルが、「猫ーっ!」と呼んでたのが
笑った。あんなに可愛い猫を。うう。すっごい可愛い猫にゃんこ。

ミカエルとリスベットの関係がなかなかきゅんとくるし~。リスベットが
最初は不信感あらわなのにミカエルに接するごとに面白がって好きになって
いくのがステキ。え、いきなりそこで寝る???と思うけど、まー、リスベット
はそういう人なんだなー。一応控え目に断ろうとするミカエルも可愛い。
結局やるくせに!モザイク!(笑)リスベットから見たら、まっとうな大人で、
なおかつかなり優秀、というミカエルみたいな相手っていうのは今まで出会って
なかったのかなあと思う。最初に倒れちゃった後見人おじさんはいい人っぽい
けど。
ミカエルを信頼する。大事な友達と思う、というのは切なかったな。
最後、あれは失恋、なのか。ミカエルのほうとしては、リスベットと恋仲に
なったわけじゃない、ってのは当然なんだろう。大人だし。しかしじゃあ
寝るなよ、と思うけどー。リスベットのほうから勝手にやってるって感じでは
あったけどー。切ないね。でもそうなんだろうなあと、とても納得だった。

原作でもああいう風なのかな。それとも二人の仲も進展していくのかなあ。
3部作というからには、映画もこの監督キャストでまたぜひぜひぜひぜひ
やってほしい。
なによりダニエル・クレイグのミカエルをもっと見たい。見たい。
銃弾がかすめての流血におたおたしてる、ボンドとかとは全っ然違う普通な感じ
なのがめちゃくちゃかっこいいミカエルをもっと見たい。
捕まってつるされて殺されかけなミカエルに激萌。せくしー。
凄くよかった。大満足。

|

« 『疫病神』(黒川博行/新潮文庫) | Main | 「短歌とあそぼう in SPBS」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『疫病神』(黒川博行/新潮文庫) | Main | 「短歌とあそぼう in SPBS」 »