« 『国境』(黒川博行/講談社文庫) | Main | 映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 »

『暗礁』上下(黒川博行/幻冬舎文庫)

『暗礁』上下(黒川博行/幻冬舎文庫)

桑原の頼みで、麻雀の代打ちをやった。
接待麻雀なので適当に勝ち適当に負け。気楽な稼ぎになるはずだったが、
そこから途方もないトラブルに巻き込まれる二宮であった。

ってことで今回もめためたにやられる二宮くん(笑)大変(笑。
放火犯の疑いをかけられる罠に嵌り、いろんなヤクザに追い掛け回され。
桑原は相変わらずの一匹狼で二宮くんを使い倒して、それなりに助けて(笑
金をとるべく奔走する。
今回は沖縄に飛びましたねー。沖縄観光案内っぽいのがあったりして。
二宮くんは緊迫感にかける。

急成長の東西急便は警察OBを集め暴力団対策に余念ない。
そこの裏金をなんとか掠め取ろうと、桑原はがんばるんだけど。
相変わらずむちゃくちゃで強引でめっちゃかっこいい!強いっ!
やっぱり喧嘩強いのかっこいいー!でもあちこちで敵作って大変ー(笑)

中川刑事はやっぱりレギュラーな感じで出てきた。
ヤクザよりよっぽど汚いっす。ヤクザの上前はねるんもんなー。
今回も二宮くん桑原さんは満身創痍って感じに体張るのに中川はまったく。

追い込みかけて、あと残りのページがちょっとしかないよ?とハラハラ。
面白かった。
やっぱ敵をつくりすぎるのはよくないよね桑原さん。上に助けてもらう
ことになると稼ぎは半減。気の毒。。。確かに経費がかさんだろう。。。
現場で体張る人間は辛いねえ。

前回の北朝鮮まででばっていってのアクション巨編(?)に比べると
ちょっと劣るかもな、と思うけど、やっぱり二人の会話は凄く可笑しくて
喧嘩シーンはしびれるし、面白かった。満足~。

|

« 『国境』(黒川博行/講談社文庫) | Main | 映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『国境』(黒川博行/講談社文庫) | Main | 映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 »