« 『半端者』(東直己/ハヤカワ文庫) | Main | 映画「ドラゴン・タトゥーの女」 »

『疫病神』(黒川博行/新潮文庫)

『疫病神』(黒川博行/新潮文庫)

建設コンサルタントをしている二宮啓之。
主な仕事としては、建築現場でのヤクザ絡みのもめごとをうまく
サバクべく別のヤクザに解決を依頼する仲介をしている。
ある日頼まれた仕事、産業廃棄物処理場を作るにあたっての地権者
とのトラブル解決のための調査依頼をはじめたところ、襲われる。
何故?何者?裏には何がある?
なりゆきで一緒に行動することになった二蝶会の桑原とともに、
複雑に絡んだ利権の真相にせまる。

ってゆー感じかな。
ヤクザ、ゼネコン、ダミー会社、仲介者、権利者、けっこうあれこれ
あれこれいっぱい絡むので、親切に相関図みたいなのまで出てきたけど
(二宮がわけがわからなくなるのを自分で整理するためにメモする
シーンがあった)めんどくさくて覚えなかった。ま、そんでも最後には
大体はわかったと思う。
土建屋さんは怖いなあタイヘンだなあ。
ゼネコンさんは動かす金が桁違いすぎてくらくらくるわ。でもそれがリアル
なのかなあと思ったり。

で、末端の二宮なんかが割を食って痛い目見て駆けずり回ってわずかばかりの
儲けを得る、と。
すーっごい面白かった!

二宮と桑原、30代って感じでいいんだろうか。そこそこに場数は踏んで、
でもまだそこそこには若いって感じ。
巻き込まれて突っ込んでいってからはとにかく動きまくってて、読んでる
だけなのに、休めばいいじゃん、寝てくれよ、とまってくれ、と願って
しまった。凄い凄い勢い。
博打のシーン、何がどーなってる博打なのか、説明されてるけど私わかんない
けど、ぐわっと興奮する緊張感ある。
二宮はとっつかまってぼっこぼこにされたり、桑原強くてどかどかやったり、
でもがっつりやられたり、もーっそーゆーシーンもたまらん。面白いっ。
痺れるねえ。

なりゆきで相棒になってしまった、という二人の関係もすごくいい。
私はもちろん、もえーな妄想して凄い楽しい。仲間とか仲良しじゃ
ない、ともかく金儲け、っていうドライさと、そーであっても桑原は
二宮気に入っちゃったりして、凄くいい。かっこいいなあ。
強引でむちゃくちゃな桑原に振り回される二宮。とはいえ逃げない二宮。
かっこいいなー。
お互い相手のことを疫病神や、て言ってる。楽しい。
大阪なのも関西弁なのも楽しい。すごくいい~。
疫病神シリーズ、ってことでいくつか出てるみたいなので続けて読むぞ。
楽しいー!

|

« 『半端者』(東直己/ハヤカワ文庫) | Main | 映画「ドラゴン・タトゥーの女」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『半端者』(東直己/ハヤカワ文庫) | Main | 映画「ドラゴン・タトゥーの女」 »