« 『拝復』(池田澄子/ふらんす堂) | Main | 『屍界』(五條瑛/双葉社) »

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

2011年のまとめ。
さるさる日記がなくなってしまったので6月に読書日記お引っ越し。
地味に感想メモ書いたのを数えてみました。

本は113冊。
おととしのまとめしたときに、100冊いってなかったので、
2011年はもうちょっとがんばろうと思っていたと思う。
一応100超えたのはよかったかなあ。ここに書きそびれてる
のがもうちょっとあるけどまあ、大体こんなもんかなと。

今年は初めて読んでみる、という新しい作家さんに手を出して
みて面白かったりそうでもなかったりでした。
柳広司は期待ほどではなかった。全部が全部面白いわけじゃないなと
あたりまえのことを思ったり。
映画にハマって、東直己のススキノ探偵シリーズをざくざく読んで
面白かった。しかし肝心の1、2作目がまだ読めてない。
図書館の順番待ち中です。早く読みたいなあ。

映画は、劇場に見に行ったのが24本。これもまあまあ。
DVDでみたりテレビので見たりももうちょっとあり。
録画したままのがまだあるので1月のうちに見たいー。

去年は震災がやっぱり大きくて、私はこれといってなにも被害が
あったわけでもなんでもないのに、あの日常が壊れた感覚は自覚が
なかなかできないほどに深くぐっさりきました。
かつて経験したことのない地震の揺れ。どうしようもない混乱。
怖いというのを自覚するのがこわくて日常をとりもどしたいというか
ふつうにしてふつうに暮らそうと懸命でした。

2012年て、すごい未来みたい。日常が今SFみたいになっている。
放射線を街でフツウの人がふつうに気にしてる。公園散歩してるのかなと
思ったら手に、あれきっと放射線計測してる機械をもってるのか、と
いうのを見た。SFみたいな世界を生きてるのか私、と不思議です。
世界はどうなっちゃうんだろう。

今年もでも、面白い本をいっぱい読んでおもしろい映画をいっぱい見て
自分なりにいろんなことがんばって、いい一年になるといいな。

|

« 『拝復』(池田澄子/ふらんす堂) | Main | 『屍界』(五條瑛/双葉社) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『拝復』(池田澄子/ふらんす堂) | Main | 『屍界』(五條瑛/双葉社) »