« 映画「宇宙人ポール」 | Main | スタンレー・ホークの事件簿 »

『秘密』10 『MASTER KEATON』6

『秘密』10(清水玲子/白泉社 ジェッツコミックス)

MRI捜査が始まった。
青木はなんとか自分にできる捜査を進める。
薪は自分に向けられたメッセージを脳から再生された画像に見る。

前の終わりのときに苦しくて苦しくて、これ買って帰ったあとも
続きを読むのが怖いと思ってしまった。
でももちろん読んだ。薪さんが相変らずきれいできれいできれいで
脆くあやういのに強くてもうたまりません。
事件はなんだか壮大なことになりそうな。薪さんが錯乱しちゃったり
過去との因縁みたいなのがいろいろありそうで、えーとえーと、っと
思う。落ち着いてじっくりよく読まないといけないのに、悲痛すぎて
そんなじっくり読めないー。
事件が終わったら。初めから全部一気に読みたい感じ。
続き切望。薪さんどうするんだー。


『MASTER KEATON』6(浦沢直樹/小学館ビックコミックススペシャル)

5を買いそびれていて先日買った。
そしたらもう6の発売だった。
毎月の月末発売なんだよね。うっかりしてしまう。
ずっと買ってる。読んでる。
子どもの頃の話もあったりして。
どの話もすごくよくできていて面白い。上手いなあと感心するー。
6巻では、学生時代の友達、マフィアの息子だったアンドレアの
話が凄いよかった。そんなに長い話ってわけじゃないのに映画一本
見た気分。
全12巻になるんだっけかなー。半分きた。続きも楽しみ。

|

« 映画「宇宙人ポール」 | Main | スタンレー・ホークの事件簿 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 映画「宇宙人ポール」 | Main | スタンレー・ホークの事件簿 »