« 『一般意志2.0』(東浩紀/講談社) | Main | 『猫は忘れない』(東直己/早川書房) »

『ラギッド・ガール』廃園の天使Ⅱ(飛浩隆/早川書房)

『ラギッド・ガール』廃園の天使Ⅱ(飛浩隆/早川書房)

5つの中編集。2006年刊。

 夏の硝視体(グラス・アイ)
 ラギッド・ガール
 クローゼット
 魔術師
 蜘蛛(ちちゅう)の王

「夏の硝視体」は、『グラン・ヴァカンス』の700年前、ってことかな。
硝視体が見つかり始めた。ジュリーがそれを育ててみようと思いついた、
ジョゼにコレクションを見せてもらった、というようなお話。大途絶から
300年。おだやかな眩しい永遠の夏の景色の世界。

「ラギッド・ガール」は、まだ<数値海岸>開発前夜、という感じのお話。
阿形渓、とても醜い人。直感像的全身感覚の持ち主。あらゆる感覚をすべて
記憶の中に積み重ねている。
彼女のその病が、仮想世界をつくりあげる基礎になる。
とても素敵だった。醜くて。残酷で。世界がぐらつく感覚を味わえて。

「クローゼット」は、事故、か、自殺、か。死んだカイルの痕跡を求める
ガウリ・ミタリのお話。仮想世界が十分に利用されはじめている頃。
<数値海岸>の恐怖のイメージは、アンナなのか。渓のプログラム、アガサ
にそっくりだったアンナ。渓が求めた似姿。渓が、仕込んでおいたのかなあ。
面白かった。

「魔術師」は、鯨の話。鯨の話、じゃないか。鯨の存在の説明があったり
するけど。鯨がメンテナンスされる区界の話。
そして現実世界、物理世界でのインタビュー。AIの人権のための活動家、
ジョヴァンナ・ダーク。いかに、大途絶が起ったか、というお話。
そういうことがあったのか、と、『グラン・ヴァカンス』からのもやもやが
やっと少し解消した。

「蜘蛛の王」は、ランゴーニのお話。生まれ、育ってゆくお話。王として
特別に生まれた少年。<父>の役割をするのは女性らしい。ランゴーニに
こっそりと蜘蛛を与え、成長を眺め楽しむ<父>。その蜘蛛は、区界に
あってはならないものなのではないか。
大途絶の跡、王として世界を維持し、情報収集し残虐を解き放つもの。
何を、しようとしていくのだろう。
<父>は浅井たがね、なのかなあ。プレゼントした蜘蛛、ダキラは、ガウリ
が残した蜘蛛か、な。先にランゴーニに飲ませた薬はなんだろう。プログラム
の書き換えをするものなのかなあ。ちょっともやもや。何故ランゴーニだけ
そんなにも特別になったのか。やっぱり<父>のせいなんだろうけど。
んで、ウーゴって誰。何。もやもやが残る。

三部作、らしい廃園の天使のシリーズの、これが2、ということでいいのかなー。
早く続きを読みたい。どう完結するのか読みたい。
うつくしくて残虐で素晴らしい。イメージが1よりよく見えてきて面白い。
ランゴーニと物理世界の話になるのかなあ。わかんないけど完結が待ち遠しいー。

|

« 『一般意志2.0』(東浩紀/講談社) | Main | 『猫は忘れない』(東直己/早川書房) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『一般意志2.0』(東浩紀/講談社) | Main | 『猫は忘れない』(東直己/早川書房) »