« 『ススキノ、ハーフボイルド』(東直己/双葉社) | Main | 『探偵はひとりぼっち』(東直己/ハヤカワ文庫) »

『熾火』(東直己/ハルキ文庫)

『熾火』(東直己/ハルキ文庫)

私立探偵畝原。仕事の最中、突然現れた小さな子どもにすがりつかれた。
血塗れのシャツの下は裸。傷だらけの子どもに。

畝原のシリーズがあるようで、これはそのシリーズの中では4作目。
解説によると、これまでのクライマックス的、だそうで。
前のほう読んでないけど、『駆けてきた少女』絡みで読んでみた。
探偵<俺>は出てこない。駆けてきた少女よりは時系列的には少し、
数年くらい?後になる。柏木が絡んで猟奇事件になる、みたいな。
彼女、一体なんなんだろう。。。出てきた最初の時から何を考えて
いるかわからず、なんとなく気持ち悪いとか不気味、とかで。ここに
きてもやっぱりまるっきりわけはわからなくて。血が好き。死体が好き。
人を痛めつけ殺さずにはいられない、というような?サイコ。。。
終わってよかった。。。

畝原の目の前で姉川明美が連れ去られ、なんとか彼女を取り戻すべく
奔走する。んだけど、やっぱり最後の最後までどうにかなってるのか
どうにかなるのかわからなくて不安。
実際のところ、正木っていう、元警官の、車椅子の、悪辣な知人、か?
彼が動いてることのほうが結果的には助けになって、畝原さんも
がんばってるけどやっぱりわからなくって、なんとか走り回ってるだけ
なんじゃないのー、と思った。
畝原さん、一人娘がいて男手で育ててきた、ってだけあって、とても
まっとうな感じ。もと記者。で、過去には警察にはめられてとかいろいろ
あったみたいな。その辺はシリーズの前のほう読めばわかるのかなあ。
でもうーん。たぶん読まない。

<俺>探偵よりもずっとずっとハード。キツイ。。。
<俺>探偵のはやっぱりちょっとユーモアあるかな。酷く残虐なことは
これに比べれば控え目な気がした。
女の子、どうなっちゃうんだよ。姉川さんは死ななくてよかったけど、
今後大丈夫になるわけ?と心配。うーん、まあシリーズのこの先とかは
たぶん読まないけど。
居残正一郎の仕事のあれこれのこともこの本で一応は片付いた、のかな。
まだ続くんだろうか。とにかく警察が最悪で酷くて、ずっとイライラするー。
警察がこんなに酷いわけないだろう?と思うし、でもこんなに酷かったり
するんだろうか、と思ったり。まあ小説だけど。でもこんなにも執拗に
繰り返し警察酷いってことを書き連ねて。うーん。
子どもが酷い目にあっていてほんときつい。なんなんだよヤマダ。こわい。
柏木もこわい。終わってくれてよかった。
これで一応、『駆けてきた少女』関係は終わったかな。三冊読んでみて、あー
終わった、と思う。やっぱり柏木がわけがわからなくて、でもわからないこと
なんだよなあと、納得するしかない。
個人一人で語ることとしてはこれが限界かなあ。
警察全体、マスコミ、もろもろ、ものすごく大きいことを相手にしかかって、
でも個人で関わるにはこれが限界、かなあと。
すっきりとはしない。
ひとまず終わってよかった。

|

« 『ススキノ、ハーフボイルド』(東直己/双葉社) | Main | 『探偵はひとりぼっち』(東直己/ハヤカワ文庫) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『ススキノ、ハーフボイルド』(東直己/双葉社) | Main | 『探偵はひとりぼっち』(東直己/ハヤカワ文庫) »