« 『リプレイ』(ケン・グリムウッド/新潮文庫) | Main | きみがだいすき »

2011 岡村靖幸LIVE「エチケット」  STUDIO COST 9月7日

2011 岡村靖幸LIVE「エチケット」  STUDIO COST

行ってきたー!岡村ちゃんの復活ライブ!!!!!
初日!9月7日!

えーと、あくまで個人的覚書日記。岡村ちゃんあいしてるあいしてるーっ
と叫ぶだけの日記です。

昨日はもう朝からドキドキハラハラワクワクソワソワ胸が苦しい。
遠くからくる友達と待ち合わせ。
まずはスカイツリー見学(笑)足元から見上げる。
三月に見たときよりは、てっぺんのクレーンなくなってるし、かなりでき
てきてるんだろうなあという感じ。しかし足元、周りのほうはまだまだ
工事中の雰囲気でわくわくもあり。
ぽかーんと見上げたあと、二人ともそわそわで、胸が苦しいといいつつも
なんかちょっとだけでも食べておくか、と、ミスドへ入る。
新木場のあたりもなんもないらしい、けれども、スカイツリーあたりも
まだこれといって賑わうってほどじゃなく、なんもない。久しぶりに会う
ので、近況おしゃべりしたり。
でももう岡村ちゃんのことしか考えられないっ。

CDとセットでライブチケットの発売があると知ったけれども、その時に
は、うーんーライブか……。見たい!けど見たくない……と複雑な心境。
昔、広島で一列目でコンサート見たんだよね。
あの時が幸せすぎた。あの時が人生のピークといってもいい。あのライブ
のあとに死んじゃえばよかった。
今見に行って、どうなんだろう。どうなっちゃってんだよ。
うーん。と逡巡してるうちにCDとのセットは売切れ。うーーんーーーと
迷い、それでも、先行の抽選に応募してみた。初日。初日のほうがチケット
とれるかどうか厳しいかと思ったけれども、でもこの抽選に外れたらそれ
で諦めようと思ってた。当たったら行く。運命に賭ける!という思い込み。

で、抽選あたった。整理番号はいいほうじゃないけど、それでもチケット
とれてしまった。どうしよーっ。
で、友達から久しぶりにメール。ライブ行くの?って。友達も初日のチケット
ゲットしていた。運命~。一緒に行く相手もできた。一人でも行くつもり
だったけれど、昨日会って番号みたら同じく1500番代。運命ー!

会場は、物販が早い時間からやってるみたい、だったけれども、私達が
到着したのは17時半くらい。一旦物販は撤収してた。あとは中で、との
ことで、先にグッズ買っちゃうぞ、と思っていたのにちょっと拍子抜け。
開場は18時。わりとさくさく番号よばれて、20分すぎくらいには入場
できた。ドリンク代として500円必要、と言われていたので、500円
玉をぎゅっと握り締めて入る。ドリンクチケットもらって、えー、でも
ドリンクって?と思ったんだけど。

まずはグッズを見に行く。Tシャツがいろいろ。ポスターとか、タオルとか。
んむ~~~でも正直これが欲しい!ってほどのことはない。私もう、Tシャツ
とかいらないんだよー。ストラップは、あったら買おうと思っていたので
一応買った。でもあんまり気に入ったわけじゃないー。前みたいにもっと
金属ゴツイのとかかっこいいのがよかった。。。あとリストバンドを
買ってみた。友達にお土産ーってしよっかなーと。自分にも。使うかどうか
はわからない。まあ記念に。散財は控え目に。

ドリンクをもらいに行く。
カクテルあったけれど、カルアミルクはない。ざんねーん。
で、ビールにした。ハイネケン。ビールと水は、缶、ボトルでハイ、と出
してくれるのですぐ。カクテルもでもかなりさくさく出されていた。
つまみもなしに、そわそわしながらビール飲みきる。オールスタンディング
で、きっとぎゅうぎゅうの会場中に持ち込む気はなかった。
水にしとくべきだったかもーと話すけれども。
意外と会場中に持ち込んでる人もいたけど、でもそれ、自分にも回りにも
邪魔でしょ?と思った。。。

会場の中に入ったのは18時50分くらいかな。もうちょっと。開演19時。
もうちょっと。岡村ちゃんがほんとうに。
ステージの白い幕に、青紫のライト。あー岡村ちゃんだよねー。この色
だよ。岡村ちゃんのステージがー。始まるっ。始まるっ。

昔岡村ちゃんのオールスタンディング行ったことあって、その時は張り切っ
て前の方真ん中のほうではしゃいだけど、でもぎゅうぎゅうぎゅうぎゅう
すぎて、死ぬ!潰れる!無理!マジ死ぬ!助けて!という経験をしたので
今回は後ろの方狙い。階段になってるところがあって、そこに陣取ることが
できた。ステージからまあ遠いとはいえ、よく見える。ぎゅうぎゅうで
死ぬようなことはない。私にはもうあの真ん中フロアに行く勇気はないよ。

19時5分。もう時間だよーって思ってるうちに、音楽が、新アレンジの
どぉなっちゃってんだよ になる。
きゃ~~~~~~~~嗚呼嗚呼嗚呼ああ~~~~~~~~~~!!!!!

始まったら、もう叫んじゃって叫んじゃって!
やすゆきーーっ!きゃ~!
頭の中はかっこいいかっこいいかっこいいかっこいいかっこいい!が
ぐるぐる回る。ライブの重低音。全身に音がぶつかってくる。震える。
岡村ちゃんがいるー!岡村ちゃんだー!きゃ~!
歌う!踊る!きゃ~!
私も歌う!踊る!精一杯手を差し伸べて岡村ちゃんあいしてるーと叫ぶ!

岡村ちゃんにしかできない歌!岡村ちゃんにしかできないダンス!
岡村ちゃんのギター!死ぬほどかっこいい!なにそれ!知ってたけど
やっぱりすっごい!すっごいかっこいい!!!

会いたかったぜ~!って、私も会いたかったよ!
二度とはもうはーなしたくなーい♪ って、私ももう離したくないよ!
きみが大好き♪ だいすきだよ岡村ちゃん!
岡村ちゃんの歌の全部、私が岡村ちゃんに言いたいことだよー。
踊って踊ってずーっと踊って、叫んで一緒になって。
ぎゅっと切なくなって。バラードはたまんない。

一旦幕。
もちろん拍手は鳴り止まない。
ローランドの弾き語りもあったよ!相変らず、なんでそんなに自由自在?
ジョージア~、とか、卒業写真~とか、君が代も痺れるかっこよさ!
かっこいいとこみせたーくて、ってうたってくれた。
みんなの情熱でくらくらで酸欠なのさーって(笑)私もだよ!酸欠だよ!
その酸素ください!
ピアノのとこに、水と酸素置いてるのね。
弾き語りの時の歌声は、しんとみんなも聞きほれていた。とても素敵で、
全然変わりなくすごくかっこよくうっとりのいい声でステキすぎて泣く。

ギター弾きだしてもジャカジャカガンガン弾いてたまんなくかっこいい。
なんでそうなにもかもが自由自在で完璧で凄くて圧倒的でかっこいいの?
やっぱり岡村ちゃんは特別!やっぱり岡村ちゃんは最高!
やっぱり岡村ちゃんは天才!天才!天才シンガーソングライターダンサー!

盛り上がって盛り上がって盛り上がって、最高で、ラスト、
あうとおぶぶるー。
ふええ、っと、どっと震えた。泣くだろっ。
岡村ちゃんの笑顔。岡村ちゃんの投げキッス!
投げキッスをぶんぶんバンバン投げまくってくれた!もちろんそのキス、
受け取ったよ!あいしてるー!ありがとうー!やすゆきーーー!!!!!

最高!大好き!あいしてる!だいすきっ!かっこよすぎ!
の、二時間あまりでした。
素敵だー。素晴らしいー。

終わってから、友達と顔を見合わせるも、二人とも言葉がない。
かっこよかったね。と、ぼそっという。
呆然。
やられすぎて呆然。
岡村ちゃんに魂とんでいっちゃった。
かっこよかったね。
こんなにかっこいいんだね。
どうしよう。どうしよう。
ぽつんぽつんとそんなことを云いながら立ち尽くす。
人がゆっくり出口へ動くので、なんとかゆっくり、歩き出す。とりあえず
出よう。

ゆっくり外に出てから、アスファルトにしゃがみこむ。動けない。
つ、疲れた。
か、かっこよかった。
しばらく二人で呆然となりながら、なんなのなんであんなにかっこいい
んだ。すごすぎる、とぼそぼそしゃべる。
しばらくしてから、やっぱ来てよかったね、と話す。
今日見にこられた運命に感謝。大好きだよ。

途中、MCの人のおしゃべりも面白かった。レコーディング秘話あり。
アドベンチャーは、なんかもうほんっとぎりぎり、マスタリング?
だかの朝に録り直ししたらしい。そんなぎりぎりまで粘って作った
CDなんだねえ。
MCの人がしゃべるのも、岡村さんの休憩のためなんで、と、7分
時間を計ってしゃべったり。
ホーンセクションかっこよかったなあ。

ステージは、バンドがいて。岡村ちゃんがいて、というだけのもの。
上に、ピーチマークかかってた。舌ぺロリとか、クマとかでなく、
シンプルな、初期のピーチマーク。大好きだよ。
いい場所で見られたなあと思う。階段なので、前の人の頭で見えない、
ってならなかったし、そういう、後方にいよう、階段にいよう、と
いう、オトナな人が周りだったんで、押されたりとかぎゅうっとなら
なくてすんだし。ま、階段で押されたらキケンすぎる。
始まった瞬間の、フロアの真ん中、前のほうへぎゅ―っと人が集まる
のを見て、あううやっぱ下にいなくてよかった、と思った。私には
あれはもう無理。
会場みーんなが、やすゆきーってあいしてて、ノリノリで、手を差し
伸べて、ゆれて、素晴らしかった。
歌うよねー。踊るよねー。タイミングもバッチリだよねー。
楽しかった。幸せだった。岡村ちゃん大好き!ありがとう!
ありがとうーっ!

|

« 『リプレイ』(ケン・グリムウッド/新潮文庫) | Main | きみがだいすき »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『リプレイ』(ケン・グリムウッド/新潮文庫) | Main | きみがだいすき »