« 『されど“服”で人生は変わる』(齋藤薫/講談社) | Main | 『綺麗女のたしなみ』(ゴマブッ子/朝日新聞出版) »

『誰でも美しくなれる10の法則』(ティム・ガン/ケイト・モロニー /宝島社)

『誰でも美しくなれる10の法則』(ティム・ガン/ケイト・モロニー /宝島社)

全米No.1ファッションアドバイザーが教える
というサブタイつき。

ティム・ガンのファッションチェックみたいな番組を教育でだったかな、
やっていた頃なんだかネットで話題だった。自分で見たのは1,2回。
辛口ファッションチェックだけど、自分の持っている服を自分が
見直す、本人をもっと素敵に見せる服選びのアドバイスをする、そして
自分が服を選び買いに行く、というやりかたは面白かった。

本が出たのは7月か。やっぱり評判がよくて、図書館の順番がくるのは
かなり待たないとダメそうだったので買ってみた。
『されど“服”で―』よりは私にはずっと実用的。こっちは対象年齢
みたいなのは設定されてないと思う。ファッションのルールを与えるという
よりは、自分で自分のことをよく見てよく考えるアドバイス、という感じ。
随所に皮肉というかとっても辛口~という言葉遣いはあるし、基本アメリカ
だーということで実例に出てくる名前やお店が私にはあんまりわからない
ものもある。注釈があるのでぼんやりとはイメージしてみる。

やっぱりまずはサイズ。自分にあったサイズの服を着ること。
私も太っているからゆるゆるゆったり大きいの大きいの選ぶけど、でも
ダメなんだねー。試着。試着あるのみ。試着する勇気がないんです。。。
でも試着しないとねー。
きれいな歩き方を。
バーゲンだからという理由で買わない。
あるべきクローゼットの姿。10の必須アイテム。ショッピングのコツ。
バッグ選び。靴選び。香水選び。素晴らしく実用的~。

大事なのは「クオリティ、テイスト、スタイル」。
Make it work!(形にしよう!)

これから秋~という今ごろが一番ファッションとか考えようかなと
思う時期。私は28歳の頃あたりにちゃんとファッションを頑張ること
をしてなくて、あーあの頃ちゃんと頑張ってみておけばよかったなあと
今頃思っている。
安いから、という理由でどうでもいい適当な服を買うのはやめないと。
試着するのが恥ずかしいけれど、合わない服を着てしまうほうが恥ずかしい
いうことをちゃんと考えないと。服を買いに行く服がない。。。と思って
しまうけど、買いに行かないとずーっとそのまんまだということ。
みっともない歩き方をしないように気をつけよう。
テレビで見たみたいにすぐに劇的に変わるってわけにはいかないと思うけど
もうちょっとよく、自分のスタイル、考えるわ。

|

« 『されど“服”で人生は変わる』(齋藤薫/講談社) | Main | 『綺麗女のたしなみ』(ゴマブッ子/朝日新聞出版) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『されど“服”で人生は変わる』(齋藤薫/講談社) | Main | 『綺麗女のたしなみ』(ゴマブッ子/朝日新聞出版) »