« 『虚言少年』(京極夏彦/集英社) | Main | 『竹とヴィーナス』(大滝和子/砂子屋書房) »

映画「トランスフォーマー:ダークサイド・ムーン」

映画「トランスフォーマー:ダークサイド・ムーン」

3Dで見てきた。

アポロ計画は、月にUFOが着陸(衝突?)したことを確認するという
極秘ミッションを帯びた計画だった。
50年前、月の裏側に着いたのは、サイバトロン星から逃れたセンチネル
だった。

で、えーと、なんだっけ。もう、ストーリーはどうでもええやん。
まーその、メガトロンの悪巧みで、センチネルが人類とオプティマスを
騙して、サイバトロン星を地球にもってきて復活目指すけどそうはさせない、
ってな感じです。

トランスフォームっ!オプティマースっ!!!!ビー!!!
ディセプティコンもオートボット軍団も、なんかぎゅるぎゅる悪いロボットも
みんなみーんなすっごいかっこいい~~~~~~~~~!!!!!
すっげー!すっげー!わーっ!きゃ~!どかーん!がしゃーん!かっこいー!
と、ひたすら破壊と変形を満喫。

最初のほうでチェルノブイリが出てきたり、ビルが倒壊させられたりと、
う、と、心苦しくも思わないでもないけれども、これはもうとにかく!
どぎゃーん!ぐわーん!とロボットと米軍と、がっしゃんがっしゃんこれでもかっ
とかっこいいを満喫する映画っ。
レノックス大佐相変らずかっこいいなあ。ビーはもう相変らず可愛いったら
ありゃしない。ちびロボたちも意外と役に立ってたし、マジでどーでもいい
彼女も最後にメガトロンに悪い囁きをして役にたってて、よかったねー。
というか、メガトロンがなんだか(^^;まあそういうキャラだよね。
オプティマスが現れて助けてくれた瞬間はかっこよさに涙が出そうに感激したっ。
しかしそのあと、なんか絡まってしばらく動けなかったみたいで、微妙に
頼りない感じだったりして。。。たのむよオプティマス~。でももちろん
最後にはばしっとかっこよかった。

空軍さんたちが、あの、飛行スーツ?で飛び降りていくとことか超かっこいい!
でもあの意味は一体。まー、意味とか考えるもんじゃないのでした。
映像がすごーい!ってのを堪能するのだ~。
ビーがサムとか乗せてるのに、いろいろ避けるために一瞬放り出して危機回避!
んでまた人間助けて車になって、とか。トランスフォームをめっちゃかっこよく
見せまくってくれてシビレル。ビー可愛い~すご~い~!

これは3Dで見てよかったな~と大満足。これこそ、映画館で3Dで見なくて
どーするっ、という作品。かっこよかったよおお。オプティマースッ!

|

« 『虚言少年』(京極夏彦/集英社) | Main | 『竹とヴィーナス』(大滝和子/砂子屋書房) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『虚言少年』(京極夏彦/集英社) | Main | 『竹とヴィーナス』(大滝和子/砂子屋書房) »