« 夏の文学教室「いのち」を語る | Main | 『ロマンス』(柳広司/文藝春秋) »

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 パート2』

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 パート2』

3D上映。
でも3Dじゃなくてもいいんじゃないのか。見にくいと思う。3D私はまだ苦手ー。
 
さて。
ついにヴォルデモートとの戦いが終わる。
ハリーとヴォルデモートの戦い、というわけじゃなくて、ホグワーツとヴォルデモート
の戦いなのだったんだなあとしみじみ。
ハリーの活躍って、あんまりないじゃん?最後だけのような。でもまあみんなで
戦った!というお話だからいいのか。
ハーマイオニーはやっぱり可愛くて凛々しくてできる子。
ロンも地味に役立っていた。
ネビルがすごくできる子に成長していたー。

スネイプ先生が素敵じゃないか。一途!健気!可哀相だ。
あの思い出の中ではダンブルドアのほうがヒドイ人だったよーな。
なんていうか、リア充爆発しろ!みたいな感じのスネイプ先生、いいヤツなのに
報われないタイプなのが哀しい。ハリーには最後には伝わって、理解されてよかった、
かなあ。でもやっぱり哀しかった。

マルフォイはすっかりヘタレに。最初の時は期待したのに、所詮悪役としても
下っ端の小物でしかないのね。
ヴォルデモートのビジュアルはなかなかにグロくもあり、ちびっこに見せていいの
かしらと思ったりした。
ヴォルデモート。なんだかそんなに恐れられまくっているほど恐ろしい存在だった
のか?というのが私には最後までよくわからず。んー。まあ基本ハリーがスペシャル
な存在で、ヴォルデモートを倒す、という最初からの始まりだったので、仕方ない
のか。んー。本を読んだらもっと凄いとかわかるのかなあ。

それにしてもパート1と続けて見たいと思った。1ではどうだったっけ、と最初しばらく
戸惑った記憶力のないワタシ。
やっぱり映画だとあらすじ、っていう感じがどうしてもした。映画見終わって満足
したことだし、原作を読むことにしようかな。

そして、始まる前にいろいろ予告があり。
ミッション・インポッシブルが12月にあるのね。すっごいかっこいい面白そうーな予告を
見た。たっぷりと。これは、毎度のことながら予告ですべてかっこいいところ
見せられて予告が一番面白かったパターンかも(^^;と心配。でも見たい。見るー!

|

« 夏の文学教室「いのち」を語る | Main | 『ロマンス』(柳広司/文藝春秋) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 夏の文学教室「いのち」を語る | Main | 『ロマンス』(柳広司/文藝春秋) »