« 『陰陽師 醍醐ノ巻』(夢枕獏/文藝春秋) | Main | 『不死細胞ヒーラ』(レベッカ・スクール/講談社) »

映画『スーパー8』

映画『スーパー8』

*ネタバレたぶんあり。


ジョーは事故で母を亡くしたばかり。
14歳。
小さい頃からの親友チャールズと仲間6人で一緒に、映画祭に出す映画を
つくっている。
女優としてアリスを誘った、というチャールズ。
深夜、うちを抜け出して駅で映画の撮影をしていると、列車と車の衝突事故
に遭遇する。爆発し飛び散る列車。その現場にいち早く現れたのは空軍だった。

あんまりどういう映画なのか知らないままに見に行った。
製作、スピルバーグ、監督、J.J.エイブラムス、というのだけが派手に宣伝
されてたように思う。SFというよりはノスタルジーな映画だったなーと思う。
舞台設定は1979年らしい。ウォークマンがものめずらしい感じだったり
まだ誰も携帯もってないしうちにパソコンもない。
子供たちは映画作りに夢中。
理解しあえない親。仲間との絆。初恋。そんな物語。
映画少年だった監督たちが子供の頃こんなだったーとかこんなだったらよかった
のにー、という思いなのかなあ。派手目無茶SF版スタンド・バイ・ミーみたいな
気がした。
無垢なる少年だからって、母を亡くした哀しみの中にある少年だからって、
あんなにがつがつ人間喰ってた宇宙人とわかりあっちゃうかなあ。まあ、触ると
テレパシーみたいので一瞬で理解しあう、とか、実際わかりあったかどうか、
って感じではあるけど。
アメリカ軍、いろいろヒドイです。そんなーと思うことしきり。昔だからいい
のか?アメリカ人は気にしないのか??
なんかいろいろつっこみたいというか、え?みたいなことはあるけど、いいか。
主人公のジョー少年がねー。
お父さんの無理解に無言でいるときのうるんだ目とか、母を思うときのうるん
だ目とか。うるうる目がー、そしてちょっと笑うのがーすごくよかった。
実は俺のほうがアリスが好きなんだ、っていう親友、でもおれデブだし、って
いうチャールズ。火薬マニアの子とか、すぐゲロっちゃう子とか。
男の子だよねー。
馬鹿っ。危ないよっ。あぶねーよっ!
というのがほんと男の子だねー。男の子の映画だったなあ。アリスもよかった。
私としては、ジョー少年に満足。
あと、エンドロールに、少年たちがつくった映画、完成版、が流れる。笑った。
面白かったです。

|

« 『陰陽師 醍醐ノ巻』(夢枕獏/文藝春秋) | Main | 『不死細胞ヒーラ』(レベッカ・スクール/講談社) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『陰陽師 醍醐ノ巻』(夢枕獏/文藝春秋) | Main | 『不死細胞ヒーラ』(レベッカ・スクール/講談社) »