« 『二壜の調味料』(ロード・ダンセイニ/ハヤカワポケットミステリ) | Main | 映画『スーパー8』 »

『陰陽師 醍醐ノ巻』(夢枕獏/文藝春秋)

『陰陽師 醍醐ノ巻』(夢枕獏/文藝春秋)

短編集。
相変らずの晴明と博雅。相変らずの安定感。定番中の定番。
パタリロと同じく、安心していつものお話を楽しむ感じ。いいねえ。
博雅は無垢で清らかなすぎるし、晴明さまはそんな博雅を溺愛して
甘やかしているし、らぶらぶしてんじゃねーよ。と相変らずに
にまにましながら読む。いっつも二人で飲んでるんじゃねーよー。

でもそういうのがいいわ。と思う。
気心知れた相手といつもの感じでのんびりどうでもいいような話を
したりして飲むのが一番いい、と思う。陰陽師の世界は平安の闇と
人の心を描いているわけだけど、晴明の屋敷の感じ、って桃源郷だ
なあと思う。季節のうつろいを愛で美味い酒を飲んで友がいて。
蝉丸なんかもたまにやってきて。琵琶の音。もちろん博雅の笛の音。
天界だろ、と思う。
そんな彼らが人の業や哀しみのもつれをほどきにゆく物語だ。

しばらく前からか。時々登場する保憲もなかなか。晴明との微妙な
関係が好き。どうかなあ。なんかこう、長編でどろどろのぐっちゃ
ぐちゃなところが読みたいなあと思うけど、獏さんはもうそういうの
書かないだろうなあ。陰陽師の長編はあるかもしれないけど、もう
大体はこういう澄み切った世界になっちゃうんだろうなあ。

あとがきによると獏さん60歳だそうで。
還暦おめでとうございます。
長く読み続けてきたことであるよ私。このごろはさすがに以前ほどの
熱狂で新刊を切望もしなくなったけどね。この先もずーっと読むから
キマイラをほんと、書いてね。完結させてくださいね。

|

« 『二壜の調味料』(ロード・ダンセイニ/ハヤカワポケットミステリ) | Main | 映画『スーパー8』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『二壜の調味料』(ロード・ダンセイニ/ハヤカワポケットミステリ) | Main | 映画『スーパー8』 »