« 2000年10月 | Main | 2000年12月 »

2000年11月

TITLE: あずまんが大王
AUTHOR: シキ
DATE: 11/30/2000 13:04:03
STATUS: Publish
-----
BODY:
「あずまんが大王」(あずまきよひこ/メディアワークス)

なんか最近人気のマンガなのかな~。
4コマで、女子高生とか先生とかのマンガ。
って説明できねー(^^;
4コママンガだし。

なんかすっごい!ってわけでもなくて、なんとなーくおもしろおかしい(^^)
天才少女でコドモなのに高校生のちよちゃんとか。可愛い(^^)
無口でこわもてなのに、猫とか可愛いもの大大好き!な榊さんとか。
いい加減なせんせーとか(^^)
体育教師のにゃも、って、にゃもってあだ名、すごく語感がかわいい~。好き。

ときどき4コマじゃないマンガもある。
とにかく、ほよよーんと読んで、あははーと笑って、楽しかった~って思える
のがいいなー(^^)

しかしマニアとかもいるのだろう。。。
フィギュアの広告が入ってたが、なかなかよく出来てる~!大坂とかすごい
可愛いわっ。
でも私は別に欲しくないよう(^^;

現在2巻まで出てるのかな。たぶん連載もやってるんだろう~。これからも
楽しみ~。
-----
--------
TITLE: ソリッド・ラヴ
AUTHOR: シキ
DATE: 11/29/2000 22:59:22
STATUS: Publish
-----
BODY:
「ソリッド・ラヴ」(榎田尤利/大洋図書 シャイノベルズ)

現在最もハマっている作家さん、榎田さんのノベスズ。
近場の本屋のどこにもなくって結局注文(^^;。手に入れるまでが
長かった~。それだけに有り難みも増してる。期待大!大!で読んだ。

入社試験に出会った吾妻と伊万里。
明るく前向き。素直で親しみやすいけども経歴としてはごく平凡な
吾妻。ポーカーフェイスでマイペース、顔も良ければ頭も家柄も
よさげな伊万里。対照的とも言える二人のコンビが素敵だった(^^)

ありがちな話し、と言えるかなあ。
でもやっぱすごーく面白かったし、エッチだったしときめいたし
よかったなあ。
新入社員としてもがんばってるねー、という、サラリーマンだあという
情景とか、セクハラ問題なんかも、結構しっかり書かれていて、そういう
のって、榎田さんの良さだよなあ。
お話がお話だけになってなくって。
二人のラブラブストーリーでもあるんだけども、ちゃんとリアルな手ごたえ
というものもあるんだよなあ。
小説ならではのあっぱれな解決ぶりも爽快感あるし。すべてが解決!という
わけにももちろんいかないんで、そのへんの加減もうまいのかもしれない。
楽しかったー。

河川敷さんのキャラとか、王子沢くんとかもすごいかも。王子沢くんには
今後も期待大!(^^)いいわ~。
魚住くんシリーズじゃない作品でも十分に満足だ。
ずっとおっかけていきたい作家さんに巡り会った感じで嬉しい(^^)
-----
--------
TITLE: 倒錯の舞踏
AUTHOR: シキ
DATE: 11/28/2000 22:19:39
STATUS: Publish
-----
BODY:
「倒錯の舞踏」(ローレンス・ブロック/二見書房)

スカダーシリーズ。何作目なんだろう。
今回、ミック・バルーとボクシングを見に行くシーンで始まっている。
ゲイの兄から、強盗に襲われ、殺された妹の死の真相を探って欲しいと
依頼される。本当は妹の夫が、殺したのだということを。

そしてもう一つの事件が、つながってくることになる。
半年程まえに、AAAの集会で知り合った男が、偶然手にしてしまった
スナッフフィルム。男と女が少年と絡み合い、SMプレイを演じたあげく
殺してしまうところが写し出されていた、本物のテープ。

法では裁くことのできない犯罪。
気晴らしと楽しみで殺人を重ねる相手を捕らえることができないとしたら。
知ってしまったスカダーはどうするのか。

私は特に意外な行動ではなかったけれども。
酷い話だと思う。善か悪かということは簡単には判断できない。
どうしようもないやるせなさ。
誰にも救いはあるのか、ないのか。すべては黄昏の闇の中のように思える。
それでも。
読後感が決して悪くないのは、切なさと優しさの印象が深く残るから。
やっぱすごくいいなあ。
ブロックの作品は。
とにかく読んで。読むしかないよ、と思う。
とってもとってもよかったです。
-----
--------
TITLE: パタリロ西遊記!
AUTHOR: シキ
DATE: 11/27/2000 22:05:52
STATUS: Publish
-----
BODY:
「パタリロ西遊記!」(魔夜峰夫/白泉社 花とゆめコミックス)

わーパタリロの新刊だーと思ったら西遊記だった。ふつのパタリロの
連載ってやってないのかなあ?よくわかんない。。。

西遊記といってもメンバーは基本的にパタリロなわけで。
パタリロが悟空。マライヒが三蔵。バンコランは羅漢の役でちょこっと出て
きていた。
あんな髪の坊主でいいんかー!でも一応説明はしてたけど~。
マライヒだけに、そこそこに武術の使い手でもあったりして。
でもやはり基本的に人間、ってことで、妖怪相手だとかなわない。で、悟空ー!
ってなるわけ。
パタリロはすでに人間じゃないらしい(^^;まあそーだけど(^^;

お話は基本的に西遊記なわけで。
なかなか面白かった。
これから八カイやサゴジョウも登場してくるんだろう~。ハッカイは最後に
ちょこっと出てきていたけど。誰だ、っていう設定になるのかなあ。

しかしこれで第1巻。これからどんどん続いていくのかなあ。どのくらい?
まあ、やっぱつきあっていっちゃうと思う(^^;
やめたくてももーやめられない。麻薬のよーなパタリロである。。。(^^;
-----
--------
TITLE: あ、失敗してる。。。
AUTHOR: シキ
DATE: 11/26/2000 21:45:07
STATUS: Publish
-----
BODY:
失敗してる。。。同じのが2回も。
最後の一行だけが違います。うぐぐ。。。。
-----
--------
TITLE: 紅葉狩り~
AUTHOR: シキ
DATE: 11/26/2000 21:43:13
STATUS: Publish
-----
BODY:
今日は早起きしたー。
はりきって起きたわりには、10時のバスという程度の時間で
お出かけ。おかしい。。。八時前に起きたのに。。。

紅葉狩りだー!
ちゃんと時期を見計らって名所に出かける、というのは初めて
かもしれないなあ。なんかよく早すぎた、とか遅すぎた、とか
になっちゃってたから(^^;

到着するとすーっごい人が!
こ、こんなに混雑するものなんだああとびっくりした。
てくてくてくてくと、歩く歩く。約3キロで、滝のところまで
到着(^^)
途中の道でも、紅葉の天井~になるところがあったり、すごく
きれいに赤くなっていたり、オレンジだったり、茶色だったり。
緑のところももちろんあって、とてもとても綺麗だった。
いろーんな色のバリエーションなんだよねえ。日射しがあたって
いると、ほんとに綺麗。
天気よくて、暖かくて気持ちよかった~。

滝のところはまたやはりとても人がいーーっぱい。でもなんとか
座る場所を確保してしばし休憩。
滝に虹が出ていたなあ。きれいだった~。

帰り道に甘酒を飲んで。名物らしい紅葉の天ぷらも買ってみた。
かりっとしていて甘いんだ~。結構美味しい(^^)
お昼御飯はイタリアンでボリュームたっぷりで食べ過ぎ~だった(^^;
でも美味しかったなあ。
満足満足な休日でした。
といってもそのあとバイトに行ったけどね。。。
-----
--------
TITLE: 紅葉狩りだ!
AUTHOR: シキ
DATE: 11/26/2000 21:42:04
STATUS: Publish
-----
BODY:
今日は早起きしたー。
はりきって起きたわりには、10時のバスという程度の時間で
お出かけ。おかしい。。。八時前に起きたのに。。。

紅葉狩りだー!
ちゃんと時期を見計らって名所に出かける、というのは初めて
かもしれないなあ。なんかよく早すぎた、とか遅すぎた、とか
になっちゃってたから(^^;

到着するとすーっごい人が!
こ、こんなに混雑するものなんだああとびっくりした。
てくてくてくてくと、歩く歩く。約3キロで、滝のところまで
到着(^^)
途中の道でも、紅葉の天井~になるところがあったり、すごく
きれいに赤くなっていたり、オレンジだったり、茶色だったり。
緑のところももちろんあって、とてもとても綺麗だった。
いろーんな色のバリエーションなんだよねえ。日射しがあたって
いると、ほんとに綺麗。
天気よくて、暖かくて気持ちよかった~。

滝のところはまたやはりとても人がいーーっぱい。でもなんとか
座る場所を確保してしばし休憩。
滝に虹が出ていたなあ。きれいだった~。

帰り道に甘酒を飲んで。名物らしい紅葉の天ぷらも買ってみた。
かりっとしていて甘いんだ~。結構美味しい(^^)
お昼御飯はイタリアンでボリュームたっぷりで食べ過ぎ~だった(^^;
でも美味しかったなあ。
満足満足な休日でした。
-----
--------
TITLE: 生活節約レシピ
AUTHOR: シキ
DATE: 11/25/2000 22:23:48
STATUS: Publish
-----
BODY:
きのう貧乏な自分に愕然としていた私にぴったり。
今週のananの特集は「生活節約レシピ」だ。

そーなんだよね。
最近「節約」とか「シンプルライフ」とかは流行になってるんだよね。
無駄なモノは持たない。買わない。無駄なお金を使わない。賢く貯蓄。
上手に買い物。そしてついでに地球にも優しくエコライフ。
ってなもんだ。
でも「ただのケチ」というのではなくて、心は豊かに。という感じ。
それって結構難しいよ。。。(^^;
欲しいものも我慢我慢だとストレスたまる。。。余計なモノのない
ようにすっきり日々整理整頓なんでできない私。。。。
まあ、特集に書いてあるようなことはなんとなく知っているというか
わかってるよーてな感じなんだけども。
シンプルライフだとか「捨てる!技術」だとかの本も読んでるし。
いってることはわかる。
そういうふうに私もなりたい、とも思う。
でも実践するほど気合い入らない私はまったくもって意志薄弱人間だ。。。

でもピーコのファッションチェックなんか見ると、「年相応にいいもの
持ちなさいよ」なんていわれたりしてるじゃないか。うぐぐ。
あ。
8000円のランチにびびるような人間はファッションチェックなんか
気にしてる場合じゃないんだな(^^;
はあ。
ともかく。
「ただのケチ」にならないことを心掛けつつ、生活節約していこう~。
-----
--------
TITLE: 私には無理だ~
AUTHOR: シキ
DATE: 11/24/2000 22:35:29
STATUS: Publish
-----
BODY:
お金持ちになりた。。。
そう思ってしまうあさましい私ってば情けない~。
というのも。
うちから歩いて10分あまりのところに、10月末に新しくフレンチレストラン
がオープンしている。何気ない住宅地の公園の向かいで、ひっそりとしている
けども心地良さそうなおしゃれなレストラン、という感じ。
わー。こんなとこにレストランだー。
いいなーいいなー。のんびりしたい午後なんかにお茶しにきたり、ちょっとした
記念日だとかに(いつだろう。。。)ディナーとかしたりしたいな~と思って
いた。
もーじきクリスマスだし、クリスマスディナーとかいいんじゃないのか!と
思っていたんだけども、新しいお店。どのくらいの値段で、どんな店内の雰囲気
なのか見当がつかないなあと思っていた。
で。
今日そこの前を通りかかったら、道路のほうにチラシを置いていた。
「クリスマスメニュー」と、パソコンでちょこっと印刷したらしいそのチラシ
を、嬉し気にもらってきたんだけれども。
ランチメニューで8000円。。。。ディナーメニューは15000円。。。
そして10%のサービス料と消費税がプラスされるとのこと。。。

まあね。
そのくらいフツウでしょー。というみなさまも世の中には大勢いるのだろー。
ランチで8000円かあ。
私なんかマックでいいわーとかコンビニのお弁当でいいわー、なんて。家で食べる
以外の時は1000円以下で済ませることばかりだよ。。。ちょっと贅沢ランチ~、
ってするとしても、まあ2000円以下だろうなあ。。。
私はいきたいな~、なんて気軽に思っちゃイケナイお店だったのね。。。
あああ。お金持ちになりたい。。。
しかし突然成金になってもこの貧しい生活感覚はなくならないんだろうなあ。
わびしいわ(^^;
ま。シンプルライフ。節約生活で。つつましく生きて行こう。。。(^^;
-----
--------
TITLE: 八月の博物館
AUTHOR: シキ
DATE: 11/23/2000 22:40:19
STATUS: Publish
-----
BODY:
「八月の博物館」(瀬名秀明/角川書店)

少年の夏休み。
小学校最後の夏休み。
不思議なミュージアムへ迷いこみ、黒猫と少女の案内で、古代エジプトと
のつながりの大冒険が始まる。

とゆー感じ。
ちょっと最初の方は、少年の物語り、てな感じで、児童文学っぽい雰囲気。
しかし、少年の物語と、その物語を描く作家、私、と、メタフィクション
とゆーか。
その作家というのが、理系出身だということで騒がれ、しかしそのことで
閉息感を抱いていて、という設定で、著者本人とイメージが重なるように
なっている。

なーんというか。。。
お勉強したのね?なんか一生懸命。。。という感じ。物語りについての
物語り、てなことを書きたくなるもんなんだねえ、と、思う。
そしてそういうのって、なかなかうんざりなんだよなあと思う。
古臭い。。。
ありきたりじゃない感動をつくりたい、というよーな意気込みがあるの
かもしれないんだけども、そういうのって、独りで考え悩んでくれれば
いいでしょ。そしてそれをいかに作品に反映させていくか、ということ
であれば、こんなやり方はなかなか古臭いしちっとも面白くないし、
生真面目に勉強したのはわかるけれども、そういうこと読者に押し付けて
くるのは私的にはダメ作家な力量だと思うなあ。
面白い?
新鮮な解釈でも物語り作りでもなんでもないよ?
面白い?面白いのかなあ。。。
わたしは好きじゃなかったなあ。。。
-----
--------
TITLE: 岡村靖幸愛してる。。。
AUTHOR: シキ
DATE: 11/22/2000 21:28:32
STATUS: Publish
-----
BODY:
今日はお休みで天気がよくて。洗濯掃除とよく働いた。
んで。
すっきりと気持ちの余裕ができたのかもしれない。段ボールで仕舞いこんだ
ままだったCDなんぞをひっぱりだしてみた。テレビも面白いのないしねー。

ああ~岡村ちゃん~。
私が人生でD・ボウイ以来、最も愛したアーティスト岡村靖幸。
アルバムって全部で6枚なんだっけ?こんなに少なかったっけ?
あとビデオなんかも全部もってるよん。シングルは持ってないんだけど(^^;
今「DATE」をかけながらこれを書いています。
超ナルシスな写真が一杯でうれし~。泣けてくるぜ。。。
なんかもうどの歌も死ぬ程聞き込んでいてほとんど自動的に歌える。
今でも。
そんでやっぱり今でもたまらなく好きー!!好き好き好き好き大好き。
今でもワタシノ心を震わせるのは岡村ちゃんのうただよぉお。

イマドキならミッチーだとか、岡村ちゃん路線の継承者なんだろうけども。
心の隙間をミッチーでうめてもらいたい。。。けどもやっぱ違うんだよなあ。
ものたりないんだよお。
作詞作曲編曲なんかも全部自分でこなしちゃうアーティスト。今じゃ珍しく
もないけどもねえ。
メロディにあわせて日本語の意味より音で切っちゃうのも今では珍しくも
ないけどもねえ。英語と日本語が等価で混じりあったり。
セクシーさも、思わせぶりも、生意気さも傲慢さも、なにもかも岡村ちゃんが
一番今でも最高だよー。と。思うのは心酔者だからかなあ。いいや。好きだもん。

岡村ちゃんは「大学」ってものに多大な憧れとかあったのかなあ。
岡村ちゃんは、「青春」てものを通り過ぎた後にうまく移行できないでいるの
かなあ。19歳の素敵なラブソングも永遠だけども、大人になってくことも
否応なく必要だったりもするんだよ。。。
上手に素敵に年をとっていきたいなあと思う。
昔も今もこれからも、岡村ちゃんを死ぬ程だいすきでいるよー。
ホントにホントに、復活を祈る。待ってる。愛してるよ。
-----
--------
TITLE: 女性誌対決
AUTHOR: シキ
DATE: 11/21/2000 22:34:22
STATUS: Publish
-----
BODY:
今日もバイト疲れた。。。
帰宅したのは10時。いつもより三十分以上遅いな(^^;
まーそんなこんなもしょうがないか~。

今日は女性誌が発売日だった。
分厚くて重いやつだね。
よく売れたのはいいけども、やたらたいへんだった(^^;

基本的に女性誌なんて、特集の違いは少しあるのかもしれない
けれども、大体おんなじよーなもんなんだよねー。
自分もウィズだのモアだのどっちでもいい~その時なんとなく
気に入ったほうでいいし~。ジェイジェイもキャンキャンも
どっちでもいい~んじゃないの~。と、思う。
でも今月号はものすごく違いが出た。
ジェイジェイはぱかぱかよく売れていたー。
キャンキャンはまだまだたっぷり残っていたけども、ジェイジェイ
のほうはかなり減っていた。並べて平積みにしているから一目瞭然。
確かに見たところ、今回ジェイジェイのほうが表紙の感じが
ちょっといつもと違う感じで、それがちょっといい感じ~な感じ
がした。キャンキャンは表紙が小柳ゆきなんだっけかな。
それは購読者ターゲットの二十代、半ばとか、のお嬢さん受けは
ちょっとしないんじゃないのかなあと、店長の鋭い指摘が。
うーん。なるほど。そっかなあ。
表紙のイメージって大事なのね。
まさに実感の疲労の一日でした。。。
-----
--------
TITLE: フィーヴァードリーム
AUTHOR: シキ
DATE: 11/20/2000 22:08:41
STATUS: Publish
-----
BODY:
「フィーヴァードリーム」
上下巻(ジョージ・R・R・マーティン/創元ノヴェルズ)

ノヴェルズ、といなってるけども、文庫本。10年前の本だよなあ。
創元ノヴェルズなんて見かけない。東京創元社の昔のシリーズって
ことなのかな。

吸血鬼もの。
といってもちょっと異色の、という感じかもしれない。
定番として血を欲する「赤い乾き」にとりつかれているし、夜の住人
であるけれども。
数時間であれば太陽の下にもいられる。恐ろしく火傷のような状態に
なるけども。流れる水なんて全然平気。食事もふつうにすることはできる。
鏡にも姿は映る。銀も平気。十字架や聖水も平気。
かれらは太古からいる、人間とは別の種族なのだ。

ミシシッピ川で、蒸気船の会社をもつアブナー・マーシュは、ある夜、
深夜に招きをうける。ジョシュア・ヨークという青ざめたような美貌の
男に、会社の共同経営を持ちかけられた。
アブナーからの条件は、川一番の大きくて速くて美しい船をつくること
だった。
出来上がった白と銀と青の船の名は「フィーヴァードリーム号」とつけられた。

というその船で、ジョシュアと、もうひとり、強大な血の支配者、ブラッド
マスター、ジュリアンの対決が行われる。
その二人の支配を競い合う対決がなんかとてもよかった~。かっこいい~。
ジョシュアは、正義派というか、穏健派で、血を飲まなくてもいいように
秘薬の特別な酒を作って、人間と共存しようとする。ジュリアンは昔ながらの
生き方を変えようとはしない。
あー二人で船長室でどんな夜を過ごしていたんだ~(^^)
また、ブ男と評判の(^^;アブナー船長とジョシュアのパートナーシップも
なかなかよかった。
ラスト、墓地での余韻の残る感じが好きだった。
-----
--------
TITLE: 素敵な落伍者
AUTHOR: シキ
DATE: 11/19/2000 22:31:43
STATUS: Publish
-----
BODY:
今日は元気にバイトへ出かけて行った。
今日からニュー眼鏡(^^)
しかし誰にも特に何も言われず(^^;まあいっか。
調子はいい。特に違和感もなし。今までのよりフレームの
上下の幅が狭いので、ふと気がつけばフレームが視界に結構
よく入る。まあ、それはすぐに慣れて別に気にならなくなった。
しかし、睫毛がレンズに当たる~(^^;
しっかりかける、というよりは少~しだけ顔から浮き気味に
かけないといけないんだなあ。
ま、そんなこんなで、ニュー眼鏡の使い心地はまずまず、だな。

日曜日なので荷物の入荷がなくて、ちょっとだけのんびりできる。
たまっていた品だしを手伝った。(^^;。いいのかな~担当じゃ
ないんだけどな~と思いながら平積みなんかも少々いじる。
今日は店長の御機嫌がよろしくないのか、○×さんがやたら怒ら
れていたのを何回も聞いてしまう(^^;
いや店長の機嫌云々じゃなくて、そう何回も怒られるよーなことを
しているらしい○×さんが悪いのか。。。
どっちにしろやはりとてもたいへんそうだなあと思う。
あんまり責任ある立場になったことがない私はもうまともな社会人
にはなれないんだろうなあと思う。
ああ、なんか落伍者気分でちょっとイヤだ。
でもバリバリ仕事したいとかいう気にはあんまりならないので。。。
素敵な落伍者になろーとがんばろう。
-----
--------
TITLE: 京都清水寺へ
AUTHOR: シキ
DATE: 11/18/2000 22:32:48
STATUS: Publish
-----
BODY:
京都へ行ってきた。

休みだし、天気がよさそうだったので、突然思い立って。
前々から、行こう~!と思ってはいたので。
清水寺の秘仏の御開帳。33年に一度の開帳だそうで。これは身に
行かねばと思っていたんだよね。12月3日までなので早く行かないと。

で。
また突然今日行くことにしたものだから、昼過ぎに家を出て。
土曜日なんだよな~。混んでるだろうな~と思ってはいたけども、
ホントに凄く混んでた(^^;
バスもぎゅむぎゅむに混んでて、茶わん坂とやらもぞろぞろ人の流れ
があって。清水に入ってからもともかく人の流れにのって行くしか
ないって感じ。

まずは随求堂というところに並んで入ってみた。胎内めぐりだそうで。
ほんっっっとにまっっっくら!暗闇のなかを左手の数珠のてすりに従って
行く。奥に浮かび上がるのは梵字の「ハラ」。それを回すと願いがかなう
んだって。なかなかその暗闇体験はよかったなあ。

で。ついに秘仏の方へ。。。と思ったらここも凄い並び(^^;
1時間待ち、の表示にたじろぐけれとも、今日ここにきたのはこれを
見るため。並びましたとも。ああ、京都をやはり甘く見るんじゃなかった。。。
まあでも大体3、40分で中に辿り着いた。
せっかくなので、人の流れから外れて、混み混みな中だったけども、
しばし十一面千手観音を眺めた。
うーん。なんか凄い。有り難い気分だね。
裏のとか、周りにいるたくさんの仏像とか、じっくり拝見。かなり暗い
のでクリアには見えないんだけども、よかったなあ。凄い。
ホントは人気の少ない静かな環境で見たいところだけども。仕方ない。
しかしみんなそんなにぎゅうぎゅうで、立ち止まりもしないで流れのままに
一目みて通り過ぎていってしまっていいの~。秘仏御開帳なんだよ~。
私は粘って30分あまり堪能しました。満足。

紅葉の方は少しだけ、かな。紅葉している木もあるけども、してない木の
ほうが多かったかな。でもやっぱり綺麗だったなあ。夕日の清水の舞台。

帰りにはにゅうなつ、とかいって、豆乳のドーナツがあって美味しかった(^^)
お土産には御開帳記念!茶団子(^^;。今だけのレアものかも知れない。。。
-----
--------
TITLE: 猫と遊ぶ
AUTHOR: シキ
DATE: 11/17/2000 22:14:40
STATUS: Publish
-----
BODY:
今日もバイト帰りにちょっとだけ猫と遊んだ。

出口の通路のところに、野良猫たちがいる。
最初は牛模様な、白黒の猫くらいしか見たことなかったんだけど、
なんだかだんだん増えてきたみたい。
しばらく前から子猫も一緒にいるよーになった。
今のとこよく見かけるのは、真っ黒なのの親子。(たぶん親子なんだろう)
鯖縞模様というのか、黒っぽい縞模様の親子。牛模様のそっくりさんが
二匹。
親猫のほうはなかなか警戒されているのか、触れるほど近寄ってはこない。
あ。牛模様ちゃんだけは、やたらなつっこくって、すりすりすりすり~って
来てくれるけど。
子猫二匹は、ほどほど警戒心がありつつも、ちょっとは触れる。

この前、親がいなくて、子猫二匹だけでいたことがある。
「わ~!にゃんこ~にゃんにゃん~」
なんてアホみたいになりながら(^^;ちょうど手にもっていた携帯の
ストラップでじゃらしてみた。
するとちょい、ちょいって手を出してきた。飛びかかってきたり。
かぷ、ってヨンダくんに噛み付いてきたり。
もおお~~~(^^)可愛いっっっ~~~。

今日も二匹でいたので、ちょこっと遊んだ。
この子たちは顔もとても可愛い。美形だと思う。
どっちかっていうと黒猫のほうがなつっこくって、よくつきあってくれる。
縞のほうが警戒心強いみたい。
ああ~一匹さらってきてうちに置きたい~!って思う~。
でも仲良しらしき二匹を見ると、一匹さらってくるのもどーかと思う~。
でも二匹まとめていっぺんに。。。飼うわけにはいかないだろうなあ。。。
でも可愛いなあ~~~。
猫欲しいなー。。。
ときどき遊ぶくらいで我慢ガマンかなあ。。。
-----
--------
TITLE: ケイゾク とか。
AUTHOR: シキ
DATE: 11/16/2000 22:16:32
STATUS: Publish
-----
BODY:
今日はバイトー。
疲れた。眠い。
うう。。。

今さらのよーだけども、ドラマ「ケイゾク」を見ている。
深夜に再放送してるのを毎週楽しみにしている。
なんか面白いらしい、という評判を知ったときには本放送の時は
かなり進んでいて、結局面白かった~という評判のみ聞いていて
口惜しい思いをした。映画はとてもマニアックらしい、ってことで
見れなかったし(^^;
で、再放送。
監督だか演出だかが「トリック」と同じ人なんだーというのを
知って(それも今さら、って感じかなあ。知ってる人は知ってる
んだろうなあ)張り切って見ている。
再放送もいきなり一回目とか見のがしたよーで、なんかボケボケ
だわ(^^;。

話はやっぱ面白い。中谷美紀がボケボケで可笑しい。渡辺篤朗が
かっこいい。つーかボケボケなのと、シリアスなのとの落差が
凄いよなあ。
ドラマ自体が、かな。笑うとことシビアなとこのギャップが凄い。
笑わせておいて凄くハードな思いを突き付けてくる。
あー凄い、これは面白いわけですわあ。

今「ラブコンプレックス」見てるけど、これも凄いわ。
テレビだ!ドラマだ!徹底的にパロディだ!
今日は 踊る大走査線 もあったねー。自分で自分を笑うのか~。
面白い。。。
-----
--------
TITLE: 両手のなかの海
AUTHOR: シキ
DATE: 11/15/2000 19:52:38
STATUS: Publish
-----
BODY:
「両手のなかの海」(西田俊也/徳間書店)

児童書というか、ヤングアダルトという分野だ。
昔読んだんだけども、いつまでも忘れられない心の一冊、という
感じかなあ。とてもとてもよくってとてもとても大好きな一冊。
再読の今回も、もーなんだかもうたまらなくって号泣してしまった。

母親が出張している4週間。
玄関にみつけたデカイ赤いハイヒール。
4年前に蒸発していた父親が帰ってきたのだった。中年おやじなのに
無気味に似合わない女装姿で。。。

そんなインパクトのある出だしで、女の格好をしたお父さん。。。と
いう一見爆笑なテーマなんだけども、もー。
もちろん説教臭いとか重いとかそういうことはなくて、読みやすいし
面白いし、切なくて痛々しくて可笑しくて哀しくてたまらないお話。
今回読み返してみたけどもまったく今回も見事に心の奥底まで迫ってきて
私は泣いて泣いてたまらなかった。
なんというか。
主人公一海(カズミ)は15か16かな。必死に勉強して進学校に入って、
みんなとほどほどうまくつきあって、負けちゃだめだ、とか、なんかそう
いう、自分で自分を追い込むような状態で、でもなんだかだるくて。。。
という状態。
そういうのってなんか痛々しいよな。誰だって覚えのある時期だと思う。

そこに帰ってきたお父さん。女装してるお父さん。
一海にしてみれば、死んでてくれたほうがマシ、なくらい恥ずかしい
みっともないことなんだけど、でも、お父さんが気付かせてくれたこと。
話してくれたこと。わからせてくれたこと。
自分は自分でいいじゃないかということ。
そんな当たり前でとてもとても大切なことが、きちんと描かれている。
お母さんとお父さんの関係、とか、大人の事情もどれほど深いことが
あったのだろう。。。と、思わせる深みがある。

そして、高木くん。
先生と高木。一海と高木。高木くんのことを思うとたまらなく切ない。
高木くんはでも、きっと乗り越えてくれるはずだと、信じられる。大好き
だよ。
ホントにホントに。私の大切な大切な作品だ。ちゃんと、生きていこうと、思う。
-----
--------
TITLE: 攘夷の国韓国 開国の国日本
AUTHOR: シキ
DATE: 11/14/2000 22:05:07
STATUS: Publish
-----
BODY:
「攘夷の韓国 開国の日本」(呉善花/文春文庫)

比較文化論、とまでは言えない、ごく軽めのエッセイかなあ。
著者自身が、「さすらい人」という立場にいて、日本と韓国との
二つの国のどちらにも近すぎることなく、古代日本に訪れ、日本に
暮らしていたであろう渡来人へと思いをはせる。
奈良や、熊野、出雲といった記紀時代のなごりを訪ねていって、
ちょっとした蘊蓄や感想が書かれている。
といった感じの本かなあ。

韓国と日本という、なにやら感情的にこじれているような二つの
国。そのことに私自身はこれといって感想はない。
著者の、ちょっとだけむきになってしまう韓国人としての感情の
現れとか、どっちがルーツであるのだ、とかいう神社の由来やなんか
も、あんまり深く考えたことはない。
どっちでもいいよなあ。
と、無責任なそんな感想しか持たない。
ほんとうは感情のこじれだとかそういう歴史的背景だとかをきちんと
知るべきなのかなあ。ううーん。

しかしまあこの本自体はそんなに重いことはなにもない。
著者の旅につきあって、へー、とか、ふーんとか、そういう感じで
読み終わった。
正直いって面白くはない(^^;
お風呂読書で読んでいたんだけども、途中で何度も寝てしまいそうに
なって、全然はかどらないの。面白くないもん。。。。退屈。。。。
まあ、こーゆーのもありかな、っていうものだった。
なんかこれ賞をとったそうだけど。。。私には良さのあまり理解でき
ないものだった(^^;
-----
--------
TITLE: 村上春樹の本
AUTHOR: シキ
DATE: 11/13/2000 19:19:12
STATUS: Publish
-----
BODY:
今日は眼科に行ってきた。
目の調子はもうべつに何の問題もないと思うけど、念のための
視力検査。
案の定、乱視がひどい、とかいう状態だったのも消えていて、
視力も結構上がったみたいだった。
実際昔(三年以上前か)に作った眼鏡で基本的に生活してるわけで、
その眼鏡を見えにくい~と思ってたのももう直って。この眼鏡のまま
でも問題ないでしょう、と眼科でも判断された。
まあ、自分もそーだなあと思ったんだけども。
やっぱ今時の新しい眼鏡が欲しい。。。という気分だったので、眼鏡屋
さんにも行ってきた。
いくつかかけてみて結局グリーンのセルのに決定。赤いのにしようか~
とかいろいろ思っていたけど、ま、こんなもんでしょ。出来上がりは
18日。楽しみだ。

それからのんびり帰ってきて。
買い物をしてコーヒー飲んで。
うーん、パラパラと。村上春樹の本を読んだりした。
村上朝日堂の逆襲。 短い気楽なエッセイだからちょこっと読むのに
いいし。
しかしー。
なんだかんだで、村上春樹の本をよく読んでいる。
しかも何回も再読してみたりもすることもある。
なんてこった。私ってそんなニンゲンになっちゃったんだよなあ。
同居人は村上春樹大好きだから、なにかとヒマをもてあましては
あれこれ昔のも新しいのもともかく何度も本を取り出しては読んでいる。
んで、それをぽいぽいと放り出しているから。
なんとなく私もちょこっと空いた時間とかに読んだりしている。
別に嫌いではないし。好き、というわけではないんだが。
なんだか絶対自分では買い集めたりしない作家の本をこうしばしば読む
のって、ちょっとヘンな感じ。
他人と一緒に暮らしてるんだな、という感じがするのかもしれない。
こういう影響って、お互いあるものなのかなあ。ん~。
-----
--------
TITLE: タカラヅカ花組
AUTHOR: シキ
DATE: 11/12/2000 21:59:38
STATUS: Publish
-----
BODY:
今日はタカラヅカを見に行った。
花組公演「ルードヴィッヒ・世」
レビューは「アジアンサンライズ」かな。

すごく楽しかった~!(^^)
ルードヴィッヒはヴィスコンティの映画で見たことある程度の
ことしか知らないけども、もー耽美でしょ。好き好きっ。
舞台はなかなか哀しい展開だった。
夢物語を愛するルードヴィッヒは狂気の王だ、ってことで内閣
にハメられて王座を追われることになる。
その鑑定をするっつー精神科医がアヤシゲでよかった~(^^)
12年も前からルードヴィッヒを狙っていたのか~!一目会った
その日から!モエモエだ。
オットーという弟くんもなかなか素敵(^^)
リヒャルトという従者も素敵(^^)ワーグナーはちょっとおっさん
だったのでがっくりだ。
ロココのシーンがとっっても綺麗だった~。白と黄金でゴージャス!
マリーアントワネットごっごつーのか、面白かったなあ。

レビューのほうもすごく面白かった。
綺麗~だしアジアンな感じが面白い~。バリダンス風なのとか、
太極拳風とか。ラインダンスもチャイナ風衣装でなかなか可愛かっ
たし。すごくかっこよかったし~(^^)
ラストに大階段下りてくるのがまたすんごいゴージャス!
愛華みれさんのあのしょってる羽根は、今だかつて見たことない
ほどとっても大きかった!思わず「うおおお」と言ってしまうくらい
だった~。
かっこよかったなあ。うっとりしまくりでした。

昨日今日と、素晴らしい楽しい休日だった~。
来年はベルばらがあるそうなので、それをまた楽しみにしよ~(^^)
-----
--------
TITLE: ガンバ vs レイソル
AUTHOR: シキ
DATE: 11/11/2000 21:32:23
STATUS: Publish
-----
BODY:
ひさしぶりのサッカー観戦だった。

自分的にはかなり早起きして、友達と待ち合わせた駅へ。
曇りがちなそらと風のつめたさに、やっぱり使い捨てカイロも買って
行こうか~と思って少し買い物。サンドイッチとお茶も買って準備
完了。

開場が12時なのに、結構たくさんの人に囲まれつつ競技場へ。
少し並んでいるうちに、「キックターゲットに参加しませんか~」と
いうおねーさんの誘い。友達は果敢に抽選に参加していた(^^)
開場してからなかなかいい席に陣取って、ぱくぱく食べたり、軽めの
イベントを眺めたり。
キックオフは2時。丸まる二時間も。。。と思うけどしゃべったり
いろいろしてるうちに時間が過ぎる。
選手のアップも始まる。うーん。なんか、あんまりよくわからない(^^;
吉原こーたがとにかくかっこいい~。

試合が始まるとわーっと気分も盛り上がる(^^)
やっぱ生観戦の高揚感がすごくいい。
しかし試合展開は。。。ガンバ、レッドカードで一人欠けたりしてからは
なんだかミスばかり目立つ、ダメダメな感じ。とても首位のチームとは
思えない冴えないプレイぶり。。。
特に後半なんかは。。。先取点のあと追い付いたのはよかったけれども、
追加点を入れられて。。。結果1-3で負け。負け!負けた~。。。
足止まってたよなあ。中盤のチェックまるでできてなかったよなあ。
なんかパスもつながらなくて、相手にボール持たれてばっかりだったよなあ。
うう~。
がっくりだった。。。

くやし~とか喋りつつ御飯を食べにいった。
いろいろあれこれあれこれわやわや、いーっぱい、久しぶりによく喋った。
イタリアンな御飯も、ドイツワインも満足な美味しさ。スターバックで
コーヒー飲みつつ、またおしゃべり。サッカーは負けたけども、とっても
楽しい一日だった。うーん。勝てばもっと大満足だったんだけどなあ。。。
-----
--------
TITLE: 草の上の朝食
AUTHOR: シキ
DATE: 11/10/2000 22:14:26
STATUS: Publish
-----
BODY:
「草の上の朝食」(保坂和志/講談社)

図書館にあったので。
全然知らない人だったなあ。まったく。面白いのかなあどうかなあ
と思いながら読んでみた。

最初いくつかある作品からこれを手にとったのはまあ軽そうかなあ
と思ったから。白くて緑が少しでシンプルな表紙の感じがよかった。
一ページを見たら、アキラという子が「ねえねえねえ」と「ぼく」
を起こそうとしているシーンだった。
これはちょっといいかも、と期待したけと別にそういう期待をする
ような話しじゃなかった(^^;
あと、猫に餌をくばってまわるよう子ちゃんとかいた。
猫好きな作家さんらしい。
猫ねこネコだーいいなー可愛いなー。
と、そんなこんなとりとめのないことを思いながら読んだ。

特別凄いことが起こるわけでもなく。
ぼくの所に何故だか居候しているらしい変わった友達(?)たちとの
変わってるけど淡々とした日々のお話。
このもの静かさは何だろう。
うーん。
面白かった!という感想はちょっと違うと思う。でもつまらなかった、
と切り捨てるほどでもないしなあ。
また他にもいくつか作品読んでみようかなあという気になった。

しかしこの人のセンテンスの長さって一体何だ~。
。で区切られるまでがやたら長い。そのくせ会話は短く改行されてる。
あーもー。
こういう特徴的文章って影響受ける、私(^^;なんかながーくするする
と続ける文章書いちゃいそうになるかも。。。
といってもこういう味わいっつーか感触の文章がすぐ書けるわけじゃない
けどなあ。。。へんなの。。。
-----
--------
TITLE: 鴉
AUTHOR: シキ
DATE: 11/09/2000 22:35:03
STATUS: Publish
-----
BODY:
「鴉」(摩耶雄嵩/幻冬社文庫)

単行本で出た時にちゃんと読んだんだけど。
面白かったけどなんかよくわかんないよう~と思っていたんだよね。

隔絶された山奥の村。
大鏡様という絶対的な信仰のもとに、外の世界とは交流を持たない
その村に、珂允はやってきた。
夕暮れ、狂ったような鴉の大軍に襲われて倒れたところを、千本家に
助けられる。
珂允の弟への思い。
大鏡の教えの謎。
人が次々に殺されて行く。容疑をはらそうとして、大鏡の教えの真相を
知るが、そこにすくいはなかった。。。

ってな感じ。
時間の感じがどーなってんやとか、弟が殺された、って、ホントは
どーなの、とか。
再読にして大体わかったと思う。
うーん。
ややこしい。。。
つーかやっかいだ。。。
所詮単純頭な私にはついていけないのかもしれないよなあ。
なんかマニアっく受けは凄いんだろうか。まあ。。。いいか。
-----
--------
TITLE: サイバラ式
AUTHOR: シキ
DATE: 11/08/2000 22:54:51
STATUS: Publish
-----
BODY:
「サイバラ式」(西原理恵子/角川文庫)

なんだかファンの人が多いらしい。
いろいろいい、とか、凄い!とかいう評判だけは前々から知ってた
西原理恵子。
で、この本が私が出会った初めての作品なわけです。
漫画家、ということらしいので、マンガから出会わなくちゃなあと
思うものの、家にあったのでパラパラと読んでしまった。

西原さんだけではなくて、パチンコだかなんだか、賭け事の師匠~
との対談風というか、紹介しあいつつ、というか、そんなこんなの
雑談風な中身。
あとマンガと。

なんかほんと凄いなあああああ。。。。と思った。
強烈な個性の仲間とかいるみたいだ。
本人も、貧乏だったの、って話がまた半端じゃないよーな(^^;
面白い。
麻雀だとかにハマる快感、ってのがわたしにはわからないんで、
ちょっとついていけない。。。哀しい。ついていけると楽しいだろう
に。。。と思うわ。

売り込むための努力とか凄い。
やっぱ半端な自己満足な世界にいたんじゃあダメダメかなあと思った。
なんつーか、覚悟というか、気合いが違うよね。
でもホントに本気だったら甘えの余地なんか残して逃げをうつよーじゃ
ダメだよなあ。それは真理だ。
なんてゆーか。。。凄いパワーだ。
壊れちゃうのもハマるのも、気合い入れるのも、ぶっとんでるよーに
見える。なんか、いいよ~という人の気持ちが少しわかるかなあと思う。
師匠とあがめて少しでも見習わなくてはならない。。。
-----
--------
TITLE: へにゃへにゃ
AUTHOR: シキ
DATE: 11/07/2000 22:31:53
STATUS: Publish
-----
BODY:
忙しかった。
バイトに行ったら朝からの仕事が全然終わってなかった。。。
まあ突然な大口の仕事が入ったんで、当然それを優先したんだろう
けども、それにしても何にも出来てなかった。。。
そんな時に限ってお客さまも多かった。有り難いことなのだろーが
き~~ってなってしまう~。みんな忙しく、私はずーーーーーーっと
レジだった。
しかもなんだかんだ用事も頼まれる。。。でもレジにお客さんも
並ぶ。。。自分の担当の棚がめちゃめちゃになってるんじゃないかと
気にかかりもする。発注もなにも全然できねー。日課の作業も全然
進まない~。うぐぐ。レジから出してくれと叫びたかったね。。。

風邪のほうはまあ平気。
もっと辛そうな店長なんかにくらべれば元気。しかしこの状態では
いつまた悪化するかわかったもんじゃないね(^^;風邪菌がたっぷり
な環境。。。。(^^;

午前中から晩御飯の買い物~とか、あっ、洗剤がなくなりそうだったんだ
安いわ~買っておこう~とか、主婦なこともしてしまった。
まったく。
とても慌ただしくへにゃへにゃになってしまった一日だった。。。
はあ。
-----
--------
TITLE: わりと元気になった
AUTHOR: シキ
DATE: 11/06/2000 22:04:59
STATUS: Publish
-----
BODY:
きのうは風邪でへにゃへにゃだったけども、今日はかなり大丈夫。
うーむ。
やはり私って元気者なんだろうか。。。
ともかくバイトあるしと思ってゆーべは御飯もさっさと食べて
薬を飲んで寝た。
今日起きたら昨日のへにゃへにゃ状態からは脱出している感じ
がした。
元気になった、とまではさすがにいかないけども、まあまあ。
ちょっと贅沢するぞーと思って、少し早めに家を出る。
クイックマッサージでコリコリをほぐしてもらおうと思ったので。

クイックマッサージって久しぶり。
20分コースでお願いします、ってんであの抱き着くような椅子に
がばっと座る。
ひたすら揉んでもらう気持ちよさ~(^^)
はじめは効いてないようと思ったけども、しばらくするとちょっと
ぐっとくるようになったかなあ。
少しは肩も柔らかくなったみたいだ。
ふーっと一息。幸せだあ。

んでフツウにバイトしてきた。
今日はコンピュータのシステムだか部品だかなんだかの入れ替え
だかなんだかで、4時すぎまで仕事がろくにできず。
大変だった。。。もー。こんな日に限ってメンドウなこともある。。。
大変だ。。。
まあ、明日行ったら休みになるし。
あと一日頑張ろう。。。
-----
--------
TITLE: 流行
AUTHOR: シキ
DATE: 11/05/2000 21:55:20
STATUS: Publish
-----
BODY:
やられた。
睡眠不足やら慌ただしい帰省やなんかで疲れがたまった。。。って
思っていたら、今日の午後。
休憩のあとなんか吐き気がする。
それはじきに治まったんだけども、たらたらと冷や汗が(^^;
うーん。これぞ風邪の悪寒。
肩凝りはいっそう酷く体中がこわばる感じ。
頭がぐらーっっとしてくる。
熱、は少しは有るかなあ。でもまあたぶん38度にはいかない程度
だと思う。

そもそもバイト先で風邪ひいてる人が多かった。
お客さんにも風邪ひきさんはたくさんいそうだ。
そのうえダーリンも風邪で熱が高い~って一昨日言ってた。
ついに私にも回ってきたなあって感じ(^^;
この冬初風邪だなあ。
辛い~~。
昨日は早く寝て、たーっぷり睡眠もとっていたんだけど。
今日のバイト先の空気にやられたんだろうか。。。

今日も風邪薬でも飲んで早く寝なくちゃ。。。やれやれ。
-----
--------
TITLE: 炎の眠り
AUTHOR: シキ
DATE: 11/04/2000 19:49:57
STATUS: Publish
-----
BODY:
今日は法事で実家に帰った。朝早起きして眠い。日帰りで小さな
飛行機に乗って、なんか怖かったけど。とりあえず飛行中は眠って
ばかりいた。疲れた。。。(^^;

「炎の眠り」(ジョナサン・キャロル/創元推理文庫)

ダーク・ファンタジィといわれるものがあるらしい。
キャロルはその代表格みたいにいわれてるのかなあ。といっても
他になんか適当なのが思い浮かばない。
ホラーというほどでもなく、単にファンタジーというだけでは
ちょっと違う、感じ。
ごく日常的な世界に、少しずつ異世界が入り込んできていること
がわかっていく得体の知れない微妙な怖さ。
キャロルの作品はどれも幸せなところと奇妙な世界との混ざり具合
が面白いなーと思う。

今回、舞台はウィーン。
やっぱりヨーロッパがよく似合うと思う。
ウォーカーとマリス。突然の出会いと恋。
最高のパートナーを見つけあった二人の物語はとても素敵で幸せだ。
しかし、ウォーカーは不思議なことに出会うようになる。
墓石に残る自分と瓜二つな顔。海の上に浮かぶドラゴン。魔法。
夢の中まで出てくる老人。
前世の夢をみたり、大事な人が死んでしまったり。
老人のなにか深い怒りをかっているようなのだが、一体何故?自分
はほんとうは何者なのか?
少しずつ思い出す魔法と前世。
語り変えられたおとぎ話の結末は、幸せを約束するものになるのでは
なかったのか。

魔法~といってもなんだか不思議で、なんだか日常の中の非日常という
違和感が面白い。結末はふーん、と思うけど、全体の感触がともかく
不思議~~~という感じで、なかなかよかったなあ。
-----
--------
TITLE: やりすぎ。。。
AUTHOR: シキ
DATE: 11/03/2000 22:05:21
STATUS: Publish
-----
BODY:
・~。
自業自得とはいえ今日は辛かった。
ゆーべ夜中に友達きて、デュエルをやった。

二人遊びに来て、狭い部屋に4人いると、暖房なしでもとても
暖かかった。人肌の温もり。。。接触しなくても実感なり~。
で。
大体夜中1時くらいからかなあ。
最初は4人で。2-2のチーム戦。
ハルマゲドンがやっぱ強い~(^^;でも味方もろとも大騒動。
私は赤黒で噴気ってやつ。あんまり強くはないかなあ。うー。
私のプレイングが悪いのだろーか。うーん。

んで、そのあと1-1で何回かやった。
一回勝った~(^^)
で、そんなこんなでもー朝5時すぎだよ。
今日もバイトはあったさ。一応5時間くらいは寝てるんだけど
やっぱなんか身体ボロボロ(^^;肩凝ってるし、頭ぼーっとする。
もー年寄りなんだから無理は出来ないのにねえ(^^;

しかし私が先に寝たあとも、みんなはゲームをし続けたらしい。
タフだね。。。

明日も朝早いんだー。今日はちゃんと寝よう。。。
-----
--------
TITLE: 原始的な欲望
AUTHOR: シキ
DATE: 11/02/2000 22:00:19
STATUS: Publish
-----
BODY:
原始的な欲望というものがある。
食欲だ。
眠気だ。
今日のバイト帰りはその二つにやれれてしまって参った。

帰りの電車の中でも本を読んでいる筈なのに、ふーっと眠気に
おそわれた(^^;立ったまま、本を片手に眠れる、って我ながら
凄い。ダメダメだあ。

9時のバスに乗れなかったので、少し時間が余った。
うーーーむーー。
お腹も空きまくり。
ハーゲンダッツに行こうかなあああああああっと悩んでしまった
けれども。む~。ここは我慢。寒いし、と、めちゃ寒いわけでもなく、
むしろ電車の人込みのあとは全然寒くないにもかかわらず自分を
納得させる。
寒いじゃん。もう11月だよ。アイス食ってる場合じゃないよ。
でも美味しいんだけどね。はあ。

まあ、大人しく10分あまり並んでバスを待つ。アイスを諦めて
並んだおかげもあってバスには座れた。
しばし文庫を広げてみるけど、またしても激しく眠くなる。
バスは乗り過ごすと洒落になんないので頑張って起きておく。
でも眠い~。眠たいんだよう~。

まあ、そんなこんなで本日も無事帰宅。
とりあえずヨーグルトなぞ食べてみました。
さてこれから御飯を作るぞー。
-----
--------
TITLE: 無印で買い物
AUTHOR: シキ
DATE: 11/01/2000 22:24:01
STATUS: Publish
-----
BODY:
雨だ。
雨だー。
湿っぽい。。。

無印にぶらーりとよってみた。
カーディガンが半額近くになっているのを発見!わー、ちょうど
欲しかったんだよね~と、早速買った。なんでだろ。ラッキー(^^)
それからちょっとおやつも買っていこう~と思ってぶらぶら。
おいものクッキーというのが新発売ということらしい。
やっぱ秋だもんね。季節感でしょうか。
買ってしまいましたさ。
それから紅茶を買ってお買い物終了。
無印は飲み物なんかは安くて嬉しい。
でも服はあんまり安い、ってほどではないんだよね。ブランドものって
ほどじゃないけど、そこそこかなあ。まあ定番で品質も有る程度しっかり
ですよ、っていう安心はあるかなあ。
ユニクロが安すぎなんだっけ。。。
でもユニクロでもそこそこ品質はしっかりだよということはあるしなあ。
私が車のない生活をしてるから、ちょっとユニクロには遠い感じがして
買い物はまあ駅回りでしてしまうよ。

どーでもいいがまた口内炎で唇が痛い。。。
肩もめちゃコリコリになってる。あーあ。
これから寒くなっていって、また肩コリコリが酷くなっちゃうんだよなあ。
なんとかしなくては。。。やれやれ(^^;
-----
--------

|

« 2000年10月 | Main | 2000年12月 »

さるさる日記より」カテゴリの記事