« 2003年5月 | Main | 2003年7月 »

2003年6月

TITLE: カタカナ
AUTHOR: シキ
DATE: 06/30/2003 21:43:13
STATUS: Publish
-----
BODY:
今日はたくさん買い物をした。
猫のための。
まあ猫砂とカリカリくらいなんだけどね。
とにかくかさばるので、いっぱい重い買い物したなあという感じ。
買い物楽しい~(^^)めったに買わない、買えない、から。。。
ところで猫がひざにのってきたときに耳をにぎったら、結構あったかかった。
元気だし熱があるとかいうわけじゃないと思う。
やっぱ夏は暑いなあ~、と、猫も思ってるのかしら。
いやまあ耳だし、単に猫の体温ってのがあったかく感じられただけかなあ。
たんに私が相変わらずの冷え性で、手もつめたくてあったかく感じだだけかなあ。

今日、お客様で、外国人の方がいらして。
英語で話しかけられたのでした。
まあ、難しい話じゃなくて、インテリアとかエクステリアの本が欲しいということ
だったんだけど。
会話をする能力は私にはないので(^^;売り場に御一緒して本を見せました。
エクステリアハンドブック とかいうタイトルがついた本があったんだけど、
おー、エクステリアハンドブック と言って、これこれ、みたいな感じで手にとって
御覧になったんだけど。
おい。
カタカナ読めるんじゃん。
てことは日本語それなりにわかってんじゃないのーーー???
なんで英語オンリーで話しかけてくるんだよおお~。
と心の中でつっこみをいれたのでした。。。
-----
--------
TITLE: パタリロ西遊記 6巻
AUTHOR: シキ
DATE: 06/29/2003 22:47:59
STATUS: Publish
-----
BODY:
「パタリロ西遊記」6巻(魔夜峰夫/白泉社 花とゆめコミックス)

西遊記、といいつつ、これはやっぱミステリものとなりつつあるんじゃない
のでしょうか~。
ゆく先々で、いろんな事件に遭遇し、密室トリックを暴いたり、犯人は
お前だ!をやったりしてます。
面白い(^^)
相変わらず雑学の宝庫。そしてかけあいだとかボケと突っ込みだとかを
学べます。いや学んでもしょーがないんだけど(^^;
そんで国家を覆す陰謀の暴きかたとか。
いやそれも学んでもしょうがないんだけど。
牛魔王との対決が楽しみだね~。

また髪を切りたくなってしょうがない。
今も長いわけじゃなくてショートなんだけども。
ベリーベリーベリベリショートにしたいなーと思う。つるつる丸坊主にしたい
くらいなんだけどもそれは諸事情により断念なんだけども~。
来週は切りに行くかなー。
-----
--------
TITLE: ベッカムさま!
AUTHOR: シキ
DATE: 06/28/2003 22:32:42
STATUS: Publish
-----
BODY:
今日の体育王国見た!
ベッカムさまが~(^^)
子ども好きなんだねえ、ベッカム。うむー。あの小学生の女の子、うらやましい~。
私もベッカムにキスしてほしいよう~。

キックターゲットは、以外ととれなくて3枚。
怪我でしばらくろくに練習もしてきてなかったよーですが。
勢いとかすごいなーと思うけど、なかなかコースはままならないんでしょうか。
まあ、ゴールの枠にははいってるんで、やっぱゲームと試合とは違うし。ということ
かしら。
また子どもの声援ってのがいまいち集中できないんじゃないのだろーかと
思ったり。
ビンゴでは、さすがかっこよかったけど。
憧れのベッカムになぐさめてもらった子とか、ビンゴ、ボード抜いた数では
ベッカムに勝った子とか、すっっっっっごいいい思い出になっただろうなあ。
ベッカム、子どもが相手でも容赦なし(^^;かっこよかった~。
その方がいいんだよね。手抜きで勝たせてもらったって、子どもも嬉しくない
だろうしためになんないよね。やっぱすっげえ!ベッカム!と思わせてこそだわ。

やっぱねー。
サッカーしてる姿がかっこいいわ。
シュート決める動きとかきれい~。さすが~。いいねえ。
いまいちバカっぽいけど。いいのよ。やっぱり素敵だベッカムさま。でも私、髪は
短いときのほうが好きだよー。
-----
--------
TITLE: 元気よ
AUTHOR: シキ
DATE: 06/27/2003 22:40:06
STATUS: Publish
-----
BODY:
メダカは元気~。
葉っぱの影に隠れてて、なかなか姿を見せてくれないんですが。
お。いた。
と思っても、すっと隠れちゃうの。さすが、動きが素早い。
コップの中でぽーっとしてた時とは大違いだわ。
かわいいっす。
-----
--------
TITLE: デウスの棄て児
AUTHOR: シキ
DATE: 06/26/2003 23:39:40
STATUS: Publish
-----
BODY:
「デウスの棄て児」(嶽本野ばら/小学館)

天草四郎。
貧しきキリシタンを率いて幕府への叛乱の陣頭に立った若きうつくしき少年。
オランダへ売られた母と買った商人との間に生まれた子ども。
うつくしい姿ゆえに、神父も弄び、キリスト教の知識を得、グノーシズの
異端の教義をも身につけ。
心の思いを現実にうつす力を持った。
念じれば岩をも砕くことはできる。
それでも、それは、四郎の孤独を癒す助けになるものでは、なかった。

野ばらさまの時代小説です~。
やっぱキリスト教よねー。天草四郎よねー。うっとりものです。
ニヒルであったのに、最後にはみなを愛し、愛しあって、信じあって、ゆくのね。
やっぱこれは、野ばらさまが四郎さまで、野ばらさまを救いに思う乙女たちが
四郎さまに付き従う女達、という感じかしら。
愛しあってゆくのねわたしたち。

野ばらさまの感激感動はわかるけれども、私はでも野ばらさまほどには愛を
まだまだ信じられない。
野ばらさまと出会えた幸福は思うけれども。
野ばらさまが乙女たちのために泣いてくれる幸福を思うけれども。
うーん。
野ばらさま。もっと意地悪でもいいのよ。
お慕い申し上げますわ。
-----
--------
TITLE: メダカ
AUTHOR: シキ
DATE: 06/25/2003 23:37:34
STATUS: Publish
-----
BODY:
メダカを買いました。
庭に睡蓮があるんです。といっても池があるとかではなく。
手水鉢にちょんまりと咲き始めてきました。
まあ、その、鉢つーか巨大洗面器、てなやつに、金魚とか泳がせるといいんじゃないの~
という趣向です。
ホントは夜店の金魚すくいとかにチャレンジしてみたいところですが。
今日ホームセンターに寄ったら、入り口あたりにメダカを売っていたのでした。
季節もの、いかにもちょこっと、という感じでした。
だってプラスティックの透明の、ファーストフードでジュース売ってるよーなコップ
に、水草ひとつ(?)とメダカ三匹、はいってるのよ。
こ、これでいいのかい。メダカたちよ。お店のヒトよ。
と思いつつ、まあ、買いました。
うちになんとか無事帰りつき、コップからとぽとぽとメダカを入れ替えました。
元気に泳いで、気持ちよさそう、に、見えた。
すいすいーと、すぐに睡蓮の影に隠れちゃったけど。見てるとちらちらと、あ、
泳いでる泳いでるって出てきたりもして。
無事に元気に長生きさせてあげられるかなあというのが心配。
干上がらせないように、気をつけよう~。
-----
--------
TITLE: ワークデイズ
AUTHOR: シキ
DATE: 06/24/2003 22:02:43
STATUS: Publish
-----
BODY:
「ワークデイズ」(榎田尤利/大洋図書 シャイノベルズ)

王子沢くんのお話~。
片思いに破れてから二年後、というところらしい。
王子沢くんもかーなーり一人前になり。タイへ出張の時に、榊孝美と出会う。
やる気のない不始末上司のフォローにピリピリと気を張り詰めて仕事に一生懸命
なクールビューティ。
不器用なひねくれものを、放っておけなくなってしまう王子沢であった。

というわけで、がんばってお仕事してるなー。えらいなー。
と明るくポジティブにサラリーマンしている王子沢に元気づけられますね。
しかしそうそううまく仕事なってやってらんないよーとやさぐれたくもなるさ。
榊さんをしっっかりつかまえて、ラブラブしてちょーだい。
と。
素直に幸せを願ってやれるいいお話でした。
伊万里がかっちょよかったなあ。やっぱ。

私は眼鏡のほうが好きだぞー。
コンタクトも眼鏡も両方つかってくれ。
眼鏡美形くんていいなー。
-----
--------
TITLE: 丘の上の愚者
AUTHOR: シキ
DATE: 06/23/2003 22:58:15
STATUS: Publish
-----
BODY:
ああ。コンフェデ。は。日本負けましたね。。。はあ。

「丘の上の愚者」(榎田尤利/角川ビーンズ文庫)

ヴァムピールアリトス。
廃屋だと思っていた、丘の上の洋館に住む、吸血鬼。

見木優人は高校生。女装コンテストに無理矢理参加するハメになって、
気もすすまないのに、似合い過ぎるフワフワドレスにばっちりメイク、つけ毛
で見た目、女の子になりきっていた。
その、控え室の音楽室に、いきなり現れたのは、漆黒の髪とびらびらお洋服の
凛々しいハンサム。さあ姫、と、いきなりさらわれて、空を飛んでいた。

というわけで。
榎田さんの、まーその、ジュネ系ではない、小説、ですね。
でも美形だしー(^^)吸血鬼だし~(^^)きゃ~。みたいなとこもありで
楽しい。まあ。それは味付けのひとつ、ですねー。
吸血鬼ものかと思えば、日本の神話っぽいのも出てきたり。わりと盛り沢山~。
いじめの話しとか学園ものだしー。友情だしー。やっぱ家族愛だし。
ほのぼの、感動、モエモエ~、と、ほんと盛り沢山です。んむー。文庫一冊じゃあ
駆け足過ぎる、と思うね。
やっぱこれは人気でてシリーズ化!ということにならないとーというわけでしょうか。
続きがあるといいなー。
んむーでも、誰かキャラクタ大好きになったほどじゃないなあまだまだ。
アリトスもたんにおちゃめさんだしなー。しいて言えば、久保井くんかなー。
優人くんはいかにもな主役くんで好きじゃねーよー。
女性キャラも、榎田さんにしてはいまいち平凡じゃないでしょーか。これから
続きがくれば、もっとなんか際立ってくるんだろーか。

そして。いまいち絵が好きじゃねえのだ。。。
きれいではありますが。好みのモンダイ。。。。
うむー。
-----
--------
TITLE: 日本×フランス
AUTHOR: シキ
DATE: 06/21/2003 22:04:22
STATUS: Publish
-----
BODY:
今朝、ですね。
コンフェデの日本×フランス戦を見ました。
ね、眠かった。つらいなー。朝3時50分からというのはー。
で。
結果負けたわけなんだけど。
うむー。さすがフランス、というべきなのでしょうかー。しかし日本がヨワイの
か?んー。どの選手もあまりいいとこなかったよーな。
俊輔はすばらしいキック決めたけど。あれはすごい。きれいだった。
しかし結局引き分けにももちこめなかったってゆーのはあまりにもクヤシイじゃ
ないか。どーしてなんだー。
いくらフランス相手とはいえ、あれはなんとかがんばって引き分けくらいには
もちこめるかも!というところだったと思うんだけどなあ。うー。
稲本はイエローカードもらうし。。。うう。うまくやってくれよ稲本ー!
そんなこんなでやはりこのままでいいのかニッポン!と思ってます。次はまた
日曜の早朝になるんだっけ?うぐぐ。がんばって見ねば!
-----
--------
TITLE: 突入!炎の叛乱地帯
AUTHOR: シキ
DATE: 06/20/2003 21:16:39
STATUS: Publish
-----
BODY:
「突入!炎の叛乱地帯」上下(デイヴィッド・ファインタック/ハヤカワ文庫)

銀河の荒鷲シーフォート。
5作目。
宇宙軍士官学校の校長として、教え子たちを率いて悲痛な闘いをした後に、
修道院へひきこもったシーフォート、というところで前作は終わっていたので、
その続編って一体どーなるんだろう???と不思議に思っていたんだけど。
いきなり数十年とかたってます。
おい。そんなのありー。と。びっくり。
アーリーンと結婚してるー。息子が生まれて育ってるー。あああ。ますます
ナイーブに、ますます気難しい変人としてかたくなになってるシーフォート。でも
しっかり愛されて大事にされてるじゃないかあー。
おとーさんがシーフォートに夢中だからってひねくれるジャリッドよ。無理もない。
でも、でもでもでもでも、ジャリッド。あまりにも無茶だよ。ゆがみすぎている。

そしてシーフォートの息子、フィリップ・タイア。PT とか言われてるけど。
シーフォートにとって、フィリップのことがそんなにも忘れ難く残っているんだね。
むちゃめちゃ天才児なんだ。おい。それもまた凄い。
それでも、やっぱりどこか狂ってるよ。いくら子供だからって、そんなに無茶をして
いいのか?いいのかーっ。

子供たちの暴走に、大人が振り回されて。そして政治家まで便乗して。事態はとてつも
なく最悪の状況に。
トランニーの叛乱と制圧の戦争にまきこまれるなんてっ。
ああもうどこまでも巻き込まれ型不幸から逃れられないシーフォートが可哀想だー。
そしてめちゃめちゃにかっこいいー。

このシリーズの凄いのは、とてつもなく容赦ない、ということかしら。
おそろしく悲惨な目に、主人公達は向き合わなくてはいけない。
そしてシーフォート。いつも最悪の事態をなんとか、なんとかしようと、孤軍奮闘
することになる。いっそ、死んでしまえれば、楽になれるかも、と、思うね。
ああ。それでも。神はきっとあなたを愛してる。愛されてるよ。
-----
--------
TITLE: 映画「マトリックス リローデット」
AUTHOR: シキ
DATE: 06/18/2003 22:12:11
STATUS: Publish
-----
BODY:
映画「マトリックス リローデット」

わーーーーーーっっっ。
早く続きを見せてくれっっっっ!!!

というのが見終わっての感想。んもー。さすが。ひっぱりますねっ。わーん。
ちなみに、次の予告があるので、エンドロールの途中で帰っった人々はもったいない
ことをしたのでは~と思いました。長いけど最後まで見ようよー。

お話は。
なんていうかもう私の力では要約できねえなあ。
いろいろ謎のまま残されてるよーなこともおおい、と、思うし、単純に私が
わかんないやと思ってるところもあるだろうし。
でもすっっっっごく、面白い!
すっごいオタクだよね(^^;監督兄弟日本アニメとかもかなり好きなオタクらしい
ようですが、その趣味バリバリだと思う。まあいちいち指摘できるほど私はオタク
じゃないんだけども、なんかこう、もっといっぱい楽しめる遊びがちりばめられてる
んじゃないのかしらと思ってわかりきれない自分がクヤシイ。
ミフネ船長、とかいたりして。それにキーメイカーがあんなおっさんだったりするのも。
スローモーションとかストップモーションとかのテンポも。アニメだよねー。
かっこいいよねーっ!
ネオのコート姿のかっこいいこといいこと!なんてかっこいいっっっっ。
んもー。どんなキスしてくれちゃってんだろう~~~。あ~~~。うっとり。。。
アクションシーンほんと凄かった。
でも今回はやっぱアクションよりも、物語重視!だろう。
面白いよねー。わくわく。続きがめちゃめちゃ楽しみっっっ。
ほんっとかっっこいい。マトリックスの世界全部っ。
早く続きをー。続きをー。待ち遠しいよー。
-----
--------
TITLE: 性と愛の日本語講座
AUTHOR: シキ
DATE: 06/16/2003 22:44:25
STATUS: Publish
-----
BODY:
「性と愛の日本語講座」(小谷野敦/ちくま新書)

性と愛にまつわる日本語の意味や由来の変遷をたどる、一冊。
恋人、という言葉より 愛人 という言葉のほうが、一般的?だったのに、
最近定着しているのは、愛人 といえば、男性と不倫関係にあるような女性
をさすことになっている、とか。
人妻 という単語は源氏物語にも出てくるけど、一ケ所だけ、とか。
へー、という感じですらすら読めて、面白かった。
しかしまあ、それだけ、かー。
ごめん。ワタシがあんまり日本語の変遷とかに深く興味関心抱いてるわけじゃない
ので。じゃあ買うなよ読むなよ、だな。

しかし、かなり無理がある研究しようとしてるんじゃないでしょうか。
性にまつわる言葉って、ある程度定着しちゃうと、それをごまかそうと
曖昧に婉曲にしていこうとするもんだと思うのです。いくら小説や文献にのって
るってのを調べていっても。個人的に使ってるだけ、ってな言葉かもしんないし。
造語とかだってどんどんあるだろうし。
なんか。まあ。
童貞が大事にされてたころもあった、とか。童貞をタイトルに使ったような
新書とかちょっと立続けに出たりしてるみたいで。
最近こういうのが流行りなのでしょうか。
新書出す人々よ。
でも流行りってすぐ飽きるよ。
-----
--------
TITLE: お姫様とジェンダー
AUTHOR: シキ
DATE: 06/14/2003 22:05:22
STATUS: Publish
-----
BODY:
「お姫様とジェンダー」(若桑みどり/ちくま新書)

アニメで学ぶ男と女のジャンダー学入門
ということで。
女子大でジェンダー学を教えてらっしゃる先生の、講議のレポート、という
感じでした。学生と、ディズニーアニメの「白雪姫」「シンデレラ」「眠り姫」
を見て、感想を書かせた、その感想がたくさん紹介されてます。
その感想がなかなか面白かった。
そうかー。
今でもやっぱり、初めてジェンダーだとかを学びはじめる女の子ってゆーのは
こうして目覚めてゆくんだなあ。

刷り込みとして、プリンセスストーリーは、女の子ってやさしくあかるくおしとやか
にすなおにつつましく可愛く王子様をまっていなさい。素敵な王子様との結婚が
すばらしいハッピーエンドなのです、ということを語りかけている。
きれいなドレス。楽しい歌。ハンサムで力強い王子様。
それは憧れだしうっとり夢見させてくれるものだと私も思っている。
いいよね。
眠り続けて待ち続けていれば、王子様が救いにきてくれて、守り続けてくれるなら
いいよね。
でも、それは夢物語だということを、女の子は気づかざるを得ない。
あこがれも持ってはいても。
自分はお姫さまじゃないわ。王子様なんて来ないわ。
そのことに、たぶん小学生くらいのうちから気づきはじめるだろう。
夢物語とはなんだか違う。女の子らしくしなさい、という様々なプレッシャーは、
女の子らしくしてれば、王子様がきてくれるはず、という期待をもたせながら。
お姫さまのように私はかわいらしくうつくしく歌や踊りが上手でもない、という
ことに気がつかざるをえない。テレビで憧れるようなかっこいい男の子、王子様
なんて、身の回りにいやしない。
女の子らしくしてなさい、というのは自分らしくあることを奪われること。
自分の居場所は幸せな結婚の中にしかないの?自分は、という価値観よりも、
「女の子」というひとくくりの中に埋もれさせられてゆくしかないの?
そんなのはおかしいわ。
という、きっかけに、ジェンダー学とかフェミニズムとかは力をくれると思う。
女の子らしくするのもいいわ。でも女の子らしくしなくてもいいよ。
お姫さまは、自分で目覚めることができる。自立したいなあと思うよ。
-----
--------
TITLE: 日本対パラグアイ
AUTHOR: シキ
DATE: 06/11/2003 23:30:21
STATUS: Publish
-----
BODY:
サッカーを見ました。
日本対パラグアイ。
キリンカップ、だったのかな。アミノサプリをコートサイドに置いてたみたいだった。
さすがー。

今日は豪華メンバだった。
中田に中村に。高原とか。小野は怪我なんだっけ。
宮本久しぶりに代表スタメンだったのかなー。んー。かっこいい~。
大久保?という若者が、期待の星だったようで、アナウンスでもやたら連呼されて
いた。実際活躍もしてたなあ。オフサイドとられたゴールは、決まった!と思った
もん。くー。悔しいなー。
試合は、この前のアルゼンチン戦(4-1で負け)にくらべて断然面白かった。
日本押してたし。パラグアイはアウェイだから負けないよーにという試合にしてた
のかな。メンバもいっぱい変わってたし。練習試合、ってことなんだろうなあ。
しかし日本よ。
豪華メンバをそろえ、交代もなしに今度こそ勝ちを!と望んで試合したんじゃないの
でしょうか。試合展開とかよかったーとシロウト目にも思うし、見てて実際面白い
試合とかやってるわけなのに、なのになのに、やっぱり一点がとれないってなんでなの!?
結局いまだにジーコ監督になってからって、一試合、韓国でやったので買っただけ、
なんだよね?それってー。それってすごくダメなんじゃないの?
ワールドカップから一年、と今日も言ってたけど。
監督交代してから一年たってるわけだよね。いや、まだ一年ってほどはたってないのか。
でもなー。
まあ、まだ次のワールドカップまでには三年ある?
でもでも。だからってアルゼンチン戦みたいな試合してたのが日本代表でいいわけ
ないと思うんだけど。平気なのか?いまのままで?ホントに?
トルシエが監督就任したとき、かなり厳しく最初から批判されまくって、交代させろ
させろって言われてた気がする。それでもなんとかトルシエはトルシエ流ってので
結果を出して、まあ、本番でもそれなりな結果を残した。
ジーコ監督になってから。イラク戦争だのさーず騒ぎだので、思うように実戦を重ねて
これなかったってことがあるんだろうけれども。
それでも、今日みたいな試合しても勝てない、というのは。それは心配するなという
ほうが無理なんじゃないだろうか。。。
神様ジーコさまだから、だれも文句言えないでいるのかしら?うーん。
まあ最近私はスポーツ雑誌もなんも見てないのでよくわかんないんだけどー。
でもでもとにかく。勝つ!日本代表の試合を見たいよーっ。
-----
--------
TITLE: ラインマーカーズ
AUTHOR: シキ
DATE: 06/10/2003 22:29:10
STATUS: Publish
-----
BODY:
「ラインマーカーズ」(穂村弘/小学館)

ざべすとおぶほむらひろし 
ということで。
今までの歌集や未収録だったもの、書き下ろしも含めて400首。
しかも本体950円って。なんて親切な本なんだろう~。感激過激です。
中身は非常にシンプルで。
ならんでいる歌ひとつひとつの力を感じる。

今回とくにとくにうわーっとぐぐっときたのは、 蛸足配線 の中で。

こんなめにきみを会わせる人間は、ぼくのほかにはありはしないよ

なんてなんて、なんてすごい。なんでこんな歌よめるんだろう。ため息。
もうわたしをころしてくださいと、思ったね。。。

指さしてごらん、なんでも教えるよ、それは冷ぞう庫つめたい箱

の歌にもやられてます。
どうしてこんな人がいるんだろうね。こんな歌をよんで本になって私に届けて
くれる人よ。
ぜんぶぜんぶ、だいすきです。
言葉のちからとか素晴らしさとかやさしさも冷たさもつまってるのね。
短歌ってすごい、って、素直に思う。
この1行の短歌のことばで、こんなにも心ゆさぶられるものなのか、と、
自分に感激できてしまったりする。
大切な本です。
-----
--------
TITLE: ほんじつは
AUTHOR: シキ
DATE: 06/09/2003 22:11:16
STATUS: Publish
-----
BODY:
しゅうまつのよいんにひたりきって。
夢見心地のまましごとをまめまめしくいたしました。

しあわせって、すてき。
だいすきなひとのちかくにいけたことってすてき。
このしあわせのちからで、これからしばらくいきてゆけそう。
たくさんのすてきをありがとうほむらさん。
-----
--------
TITLE: ニューウェーブ短歌コミュニケーション2003
AUTHOR: シキ
DATE: 06/08/2003 20:51:18
STATUS: Publish
-----
BODY:
ニューウェーブ短歌コミュニケーション2003

というシンポジウムに行ってきた。
対談、穂村弘VS枡野浩一 「ぼくたちのいる場所、その作品」
そのあと、パネルディスカッション、というプログラム。
短歌界の今を考える!という感じでしょうか。今、ネットという場所の広がりとか、
結社以外の場での歌人の登場や活躍、ということで、短歌界が大きく変化しつつある
のだ!というのを感じてきました。
わ、わたしって短歌結社にも入ってないし、そもそもただ短歌が好きだ~というだけ
のまったくのシロウト、ミーハーが、会場にいてもいいのかしら?ドキドキ。と。
なんとなくずっと緊張。
穂村さんを!枡野さんを!生で見ることができるんだ~。大好きな歌人の話し、対談
がきけるんだ~!というヨロコビはしっかり堪能しました。
穂村さんは黒ぶち眼鏡にピンクのシャツが素敵。枡野さんも眼鏡で。いい!ひょうひょうと
した風情はイメージを裏切らない親切さなのでしょうか。手をつないでの登場もステキでした。
すごく面白かったです。

やっぱり短歌結社の世界、というか。歌壇、というやつでしょうか。それは、狭いんだー
と思う。その狭さ、純度を極めてゆきたい、レベルの高さの維持のほうを広げてゆきたい
という志もいいなと思うし。歌壇的表現なんかじゃ読者に届けられないじゃないか、という
枡野さんの親切さや志も、すごくそうだ!と思う。
あ、もちろん↑のような理解は私個人が感じた感想で、実際のお話はもっと深いことだったり
するわけだろうけれども。
えっと、でも、レベルの高さも、わかりやすい親切さも、両方、ってのを目指すのが
いいんじゃないの?と思います。ま、それが難しいくてタイヘンなのだろう~と思いますが。
やっぱ俵万智って凄いのか。ん~。
穂村さんも、両方できちゃってる人だと思う。素晴らしいプロデューサーがついたからだ、
ずるい憎い。という枡野さんの感想はとっても納得。うーん。ずるい。素晴らしい。
パネルディスカッションも、面白かった。
みんなそれぞれにいろいろに、変化や進化、向上を求めてがんばってるんだ。
やっぱ今短歌って面白い。今ですよ今。この変革のダイナミズムをリアルタイムで実感できる
なんて凄い。いいねー。
短歌ヴァーサス も、会場にて購入できました。よかったよかった。

そのあと、実際に会うのは初めてな人と楽しく美味しく食事ができて。充実の週末だった!
-----
--------
TITLE: 57577
AUTHOR: シキ
DATE: 06/06/2003 21:06:21
STATUS: Publish
-----
BODY:
「57577 Go ctiy,go city,city!」(枡野浩一/角川文庫)

満月をつい何べんも確かめる 何べん見てもまんまるである

シンプルな絵でかなり素敵だ。
枡野さんの短歌を、4コマ漫画にしてる本。
といっても全部が全部ではなく。空白のままの白い四角が四つ並んでる
ページもいくつもある。
英文がコマの下に書いてあって。
うむー。
勉強しろってことか?(^^;
白いコマに自分でマンガかけってことかしら。
かけないけどー。
しろいページを見るごとに、ことばに触発される映像をうかべて読むよ。

いちぬけた君を時々思いだすためだけにでもこちらにいよう

とか。ぐっとくる。

枡野さんのうたは、男らしいなあと思う。
マッチョではないと思うけど。男らしいね。
かっこいい。
かっこわるくてもかっこいいいなーという力がある。
クヤシイ。
私も男前な男になりたいなあと思う。うー。

さて。
明日は、そんな男前な枡野さんと、大好きな穂村さんとを、生で!見る事が
できるんだわっ。ああー。早起きするぞっ。
早寝は、できるかなあ。どきどき。
-----
--------
TITLE: お疲れさまと自分を慰めよう
AUTHOR: シキ
DATE: 06/05/2003 21:01:48
STATUS: Publish
-----
BODY:
本日500冊以上の本を運び、棚に並べました。。。一人で。ああ一人で。
●善が終わったーーーーー。
まあでも王ム社んときよりは少ないほう。
今年のあと大物はユー日角。明示もあるか。。。
ともあれ一安心かなー。
ばったり。今夜は早めに寝よう。
-----
--------
TITLE: またしても。。。
AUTHOR: シキ
DATE: 06/04/2003 22:29:58
STATUS: Publish
-----
BODY:
ジーンズを買いに行って。
試着をするもなかなかあうのがない。。。。
そうよ。デブいワタシガワルイのよ。。。。
股上浅め、というハヤリモノがはけない。。。いや、サイズがあうのも
あるんだけどもムリヤリはいてもハラのニクがむにゅっとね、のっかる感じよ~。
ローライズ流行りなんてキライだーっ(T T)
思う存分どれでもすきなよーに試着して選べるよーに痩せたい。。。
今めちゃめちゃ選択肢がせまい中で買わなくちゃいけないんだよね。。。
毎晩腹筋100回くらいやる根性があればジーンズはけるようになるんだろうか。
うーん。
ムリ。
-----
--------
TITLE: 秘密 2
AUTHOR: シキ
DATE: 06/02/2003 22:52:01
STATUS: Publish
-----
BODY:
「秘密 トップシークレット」2 (清水玲子/白泉社 ジェッツコミック)

2巻だ。
薪さんは相変わらずのクールビューティ~。かっこいいいいっっっっ。きれいっっ。
うううっっ。

ひとつ目の話。
青木の悪夢にあらわれるのは、消えた、後輩。
天地が消えて、その脳だけが、送られてきた。体を、さがして、というメッセージ
とともに。
別れ際彼女に冷たくしてしまったと自責の思いにかられて、青木は手がかりを
もとめて、奔走する。

二つ目の話。
父を亡くした青木。死刑囚の脳を見る、という仕事を与えられて。
信じ難い事実を見ることになる。

どちらもとても切ないです。
すごい。
これはもう。すごいハイレベルだと思う。
ハードなミステリ小説レンガ本くらいのを読む勢いです。しかもたまらなく
華麗な絵で読ませてくれるんだもの。最高だ。
大好きです。
-----
--------

|

« 2003年5月 | Main | 2003年7月 »

さるさる日記より」カテゴリの記事