« 2004年5月 | Main | 2004年7月 »

2004年6月

TITLE: 六月が終わる
AUTHOR: シキ
DATE: 06/30/2004 23:08:02
STATUS: Publish
-----
BODY:
なんか長く感じる一ヶ月だった。
ずーっと、気の休まることがないつーか。
シゴトで棚卸しが月末にあったんで。
そのことでやっぱずっと落ち着かなかったんだなー。
歌葉にもがんばって応募してみた。これも落ち着かないところだった。
そしてかなり遊びも充実だったし。
ゆーべはたっぷり飲みまして楽しかった。
さて一段落、かな。
また来月もがんばろー。

なにより。
岡村ちゃんのコンサートに行くのだ!わーい!
これからは秋にむかってがんばるぞー!
-----
--------
TITLE: グダグダ
AUTHOR: シキ
DATE: 06/25/2004 21:33:25
STATUS: Publish
-----
BODY:
読み終わってる本はいくつか積んでるんだけど、読書感想書く気に
なりませんー。
んー。

ハリーポッター 見てます。
んむむ。なんでみんな一語一語しっかりていねいに区切った話し方するの~。
ちびっこだからか?
えーと劇団って感じだ。
ハーマイオニー生意気~~。可愛い~(^^)
でも吹き替えで見るのはやっぱちょっとヤダなー。でも英語のままでわかる
わけない~。
まだ一回したみたことないし忘れてるしで、やっぱ吹き替えで見ようか。
しかし毎回思うけど、ホグワーツ、警備甘いんじゃないの。いいのかいそれで。
まあ、それでハリーの成長に貢献するわけだからいいのか。。
ま、おはなしだからね(^^;
-----
--------
TITLE: しろくま~
AUTHOR: シキ
DATE: 06/24/2004 20:00:43
STATUS: Publish
-----
BODY:
スパスパを見つつ。
今日は上半身痩せかあ。
少しは私も見習おう。。。サル肩かー。私もまさにサル肩だよ。固い。
肩の筋肉を柔らかくしようって、肩凝りにも効くらしい。そうか。肩凝り治ると
いいなー。
まあ、私は上半身痩せどころか、全身痩せなきゃダメなんだが(^^;

とかいいつつ、しろくま とゆーアイス、を、お手軽につくっちゃうレシピを
ごーふる・たうんで知ったので、さっそく作ってみました。

紙コップなどちいさい器に、好きな果物を切って入れる。
牛乳260ccに、練乳(加糖)を大さじ6入れてよくまぜる。
器にそそいで、あとは冷凍庫で凍らせるだけ。

なんて簡単なんでしょう~(^^)
練乳は大さじ3で私もやってみましたが、それでもちゃんと甘くて美味しい~。
少しヘルシー気分として、練乳控えめでいくといいよね~。
私はまずはバナナでやってみました。バナナとミルクだよ。美味しい~よね。
これ、牛乳を半分ヨーグルトにしてもいいかも、とか(まだやってないので、
美味しいかどうかは不明です)牛乳にココア溶かしてやればチョコアイスじゃん、
とか、コーヒー牛乳でやってみてもいいかもとか(あくまでまだやってません。
想像です~)果物も缶詰めでもいいわけで、いろーんなふうに試してみたくなる。
この夏のおやつにハマること決定~だな。

携帯写真でのアップもしました。
って、全然たいした写真じゃないんだけど(^^;ヨンダくん自慢だったりして。
http://to-jin.cocolog-nifty.com/
こちら、気が向いたらどうぞ~。
-----
--------
TITLE: なめ猫
AUTHOR: シキ
DATE: 06/21/2004 22:16:15
STATUS: Publish
-----
BODY:
ゆうべはたいへんに蒸し暑く。
かなり汗ばみつつねていたところ、猫がー。
ぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろ。。。。
めちゃめちゃなめられた~。
うう。
なんだろう。汗で塩味だったのかな。美味しいのかなあ。
て。
そんなこんなで本日寝不足。
今夜はそれほどは暑くないからなめられずに眠れるだろう。。。
-----
--------
TITLE: 避けては通れぬ
AUTHOR: シキ
DATE: 06/20/2004 23:18:13
STATUS: Publish
-----
BODY:
今日の新選組!
避けては通れぬ道って。
土方さんがばりばりやってる。
山南さん、ああもう、ツライ。。。
沖田くんはついにお梅さんとそんなことに~。うむむ。
お梅さんがすごくいいわあ。ああもう~。すごいな。

新見さんが腹を斬ったわけですが。
じりじりと。追い詰められてゆく鴨がすごい。
すごいよなー。
これもう。
つーか、今まで、新選組って、鴨が主役なんだあねと思う。
うむむ。すごいなあ。
来週で一区切りなのか。
なんかしらないけど池田屋の予告とかしてたし。
まあ、半年終わりました、というところで。
は、半年かけて、やっと、新選組!に、なるんですねー。すごい。
ほんと、予想もしてなかったです。
すごいです。
-----
--------
TITLE: 暑い~と、どうにもしかたのないことの愚痴など
AUTHOR: シキ
DATE: 06/19/2004 22:21:59
STATUS: Publish
-----
BODY:
台風接近中、なのかも。
雨とか風とかほとんどまだだけども、ものすごく蒸し暑い。。。
というかすっかり暑い季節なんだっけ。
扇風機出そうかな。
と。
今年もエアコンなしでのりきるよーにがんばらねばだわ。
つーかボーナス出るのかなあ。。。不安になってきた。。。
世の中ちょっと景気上向きらしいし、ボーナス上がったとかいうハナシだけど。。。
うーん。
私はいつまでもこのままぢっと手をみるしかない暮らしなのかなあ。。。
ちょっと貧しさに負けそうなこの頃だなあ~。
-----
--------
TITLE: しあわせの花束
AUTHOR: シキ
DATE: 06/18/2004 22:55:39
STATUS: Publish
-----
BODY:
「しあわせの花束」(中原淳一/平凡社コロナ・ブックス)

中原淳一セッセイ画集
というわけで、イラストと、エッセイを集めているもの。

暮らしを愉しく、美しく
あなたがもっと美しくなるために
しあわせはあなたのまわりから
ジュニアが良い大人となるために

そんなこんなのテーマで集められたイラスト。エッセイ。
びっしりと長く濃い睫にふちどられた物憂気な目をした端正な少女たち。
鮮やかに色とりどりにうつくしく装った姿。
きれい~。可愛い~。
戦後の乙女たちに夢とロマンを与えたのも納得。今の私にも夢とロマンを届けて
くれます。
お花を飾りましょう。
整理整頓しましょう。
てきぱきと家事をいたしましょう。
思いやりをもちましょう。
笑顔を研究しましょう。
美しい歩き方を身につけましょう。
挨拶の言葉を忘れないようにしましょう。
洗面所にはきれいなタオルを用意しましょう。
きれいなエプロンをしましょう。
甘ったれた考えはなくしましょう。
魅力のある言葉を使いましょう。
などなどなどなど。
ええ、時代が今とは違いますから。とはいえ、働く女性であってもという話しでも
あります。職業婦人なんて感じなのかしら。
ええと、私はいいかげんでメンドクサガリなので(^^;ああ美しくなれない~
美しく暮らせない~、と思うんだけど。でもできそうなことは見習いたいものです。
乙女でありたいわ。
-----
--------
TITLE: 輝夜姫 24巻
AUTHOR: シキ
DATE: 06/17/2004 22:41:23
STATUS: Publish
-----
BODY:
「輝夜姫」24巻(清水玲子/白泉社 花とゆめコミックス)

英国の月の石を手にするために、ミラーと、形式的に結婚をしようと
決める晶。
まゆは碧につきそい、碧は。奇跡的に目を覚ました。
月の石を壁画に一部戻した時。
月と地球の距離が………

とまあまたしてもとてつもなく気になるところで終わってました。
うわーん。早く続きを出して~~。

最後のところに、スタジオライフの「月の子」の公演を見に行ったとの
清水さんのレポートがあり。
おー。私、これの最初んとき、まさに大阪を去る時だったのでしたー。見たの。
再演だったのねー。それでなんかやっぱ演出も随分変わってたみたい。
いいなー。

でっ。
今回、ミラーが~~~~。きゃ~~~~~~~~~。
すーっごいうっとりものでした。。。はあ。なんてきれい。なんて素敵。
うう。
いやまあ前々から超美形キャラでしたが。
つーか清水さんのキャラクタはたいてい超美形なんだけど。ミラーはなんせ
ほんものの王子様だし。
晶がくらくらしても当然よー。
でもそれでも切ないのね。
いや、サットンとの関係が。
そんな、サットンがマジになってるよーになってるとはびっくりだった(^^;
そんなこんなでメロメロにかっこいいミラーさんに、うっとりなノブオの登場で
またもうどーなるんだーと。
気になる気になる。
長いよなあ。クライマックスになりつつあるのかもしれないけど、まだ長くかかりそう。
どう決着つけにいくのか、楽しみです。
-----
--------
TITLE: 映画 キューティーハニー
AUTHOR: シキ
DATE: 06/17/2004 00:18:23
STATUS: Publish
-----
BODY:
映画「キューティーハニー」
見にいった~(^^)
きゃ~佐藤江梨子可愛い~っ。めちゃめちゃやっぱスタイルいい~っ。
すげえ。

とまあ、それでおしまい。な感じか。
いやえっと、めちゃめちゃ可笑しいつーかバカっつーかで、楽しかったです。
うん。
オープニングのあたりが一番楽しかったナ~。
ハニメーションとかって大袈裟にいってるんでちょっと期待だったんだけども
それはあんましたいしたことなかったんじゃ。。。たぶんすごい手間ひまかけて
やったんだろうってのはわかるんだけど、そんなにそーゆーシーンが目立ってすごくイイ!
とかでもないよーな(^^;
フツウにアニメでいいじゃん。
まあ、現場、楽しくやりました!ってのはわかりました。
やっぱ、ミッチーがヨカッタ。
クールだぜ。歌って登場、戦うぜ!
ヘンだ。。。さすがだミッチー。すごいぞ。
んで、篠井さんだっけ。シスタージル。やっぱあの人もすごくイイ!さすが~。
彼だけが激しくシリアスでやっぱすごーい、と思います。あんなにヘンにされてるのに。
負けてないぜ。
シスタージルと、あのお仕えしてるヘンなおっさんの、モエモエヤオイ映画だったのかも!
と、思ったりで、面白かった。
じつはうるうるもきたりして、やっぱそれはなんというか、ワタシのほうの過剰な
思い入れなんだろう。
映画作品としてどーこーというより、庵野カントク、みんなで、キューティーハニー
ごっこしようぜ!わ~~~いっ!ってノリのものなんだろうなあ。
今って、こーゆー世界になってるんだなーと、思う。
よくもわるくもオタクのりだなあ。アマチュアっぽいのがイイ!みたいな。
んまあ可愛かったし可笑しかったし面白かったし楽しんだのでいいんだけど。
松田龍平出てた。友情出演って、誰の友達なんだー。特別出演の京本政樹もステキよ。
そして見終わってからおにぎり食べたいなあと、激しく思うのでした。
-----
--------
TITLE: 映画 クリムゾン・リバー2
AUTHOR: シキ
DATE: 06/15/2004 23:09:47
STATUS: Publish
-----
BODY:
映画「クリムゾン・リバー2」

見てきました~。
2って?2ってなんだ。続編出ていたっけ?と原作のことを考えたんですが、
どうやら原作とは別みたい、だよね、たぶん。リュック・ベッソンが脚本書いて
ジャン・レノが主演でーというコンビのエンタテイメイントでした。
黙示禄の十二天使が蘇り、次々と起こる殺人。
事件を追いかけるベテラン警視ニーマンス。そして、思いがけずその事件の被害者を
助けることになった若手刑事レダ。
宗教の専門科、マリーも呼ばれ、事件の真相をさぐる。
謎めいた修道院。隠された秘密の扉。

とまあ、すごーーーく面白そうなんだよ。わくわく。
しかしまあ、えーと、話しはなんかたいしたことなかった(^^;
リュック・ベッソンって、よくも悪くもマンガみたいなんだよね。
うすっぺらでつっこみどころ満載。なんでやねん。そんなわけないやん。
などなどなど。。。まあ細かいことは気にするな、ってことなのかー。
前ん時にくらべると、すごくシンプルでわかりやすくなってて、えーとまあ、
ニーマンス警視っていうキャラクタだけをつかった、つまりジャン・レノを使った
刑事物、アクションもの、って感じかなあ。ちょっとインディ・ジョーンズ入ってるー
と思ったり。いや、アクションのメインは、レダってゆー若手刑事くんのほうで、
彼がめちゃめちゃ走る走る走る走るで大変そうだった。
で。
たいしたことないみたいなこと書いてしまってるけど、すごく面白かったのー。
楽しめた、っていうべきか。しかも私の勝手な妄想ふくらみモエモエで~。きゃ~。
いや、まあ、謎めいた修道院とかさー。みんながバサバサしたマントのフードの
着て黙々と歩いてたりするわけよ。犯人たちのほうも、あんなバサバサワサワサの
マント姿でめちゃ走るわ跳ぶわで。あーゆー衣装好きだ。いいねえ。
で。レダが。かっこいい~。きゃ~(^^)ちょっと軟派なんだけど殴り合いも
がしがし強いし。でもボコボコにやられたりしてお茶目で可愛いとかだし。
ニーマンスにちょっとなついたりしてるのが、尊敬はしてるんだけどちょっと
おちょくってみたりしてるのが生意気で可愛いしー。いいねー。
マリー役の女優さんはきれいだった。
みんなフランス語でー。(当たり前だけけど)それがまたぐっときますね~。素敵~。
もちろん何いってんだかさっぱりわかんないんだけど。それでもいいの。素敵~。
よかったです。面白かったです。楽しかったです。うーん。素敵だわフランス~。
-----
--------
TITLE: アートな一日
AUTHOR: シキ
DATE: 06/13/2004 22:32:41
STATUS: Publish
-----
BODY:
今日は美術館へ行きました。
シャガールとかピカソとかミロとかルオーとかダリ、だっけ。
版画の連作。
やはり色がついてるほうがいいなあ。。。
ダフニスとクロエーだっけか、なんか話しも面白そうだった。
ダリのは、えーと挿し絵でえーと、なんだっけ。。えーっと有名な(^^;
ってロートレアモン伯爵、かな。の。小説の、挿し絵、だっけ。。。えーと。
ダメじゃんちゃんと覚えてないし。
いやでもやっぱダリのが一番好きだった。
細い繊細な線で。シュールで。何考えてるんだろうほんと。わかんないなあ。
で、連想したのは、島田雅彦さんが 忘れられた帝国 の新聞連載んときに
御自身で挿し絵もつけてたんだけど。ちょっとあれってこのダリの感じなのかなあ
とか思ったりしたなー。
でも島田さんの絵のほうもはっきりきっぱり覚えてるわけじゃないんだけど。
まあ、どこまでも曖昧ですが。。。まあ、絵を見て楽しむのなんて自分の勝手だから。。。
面白かった。

そういえば今朝、新日曜美術館に、島田雅彦さん登場~だった。
山下りん、という、ロシア正教会のイコンを描き残した女性の話しだったんですが。
ロシアといえば島田なのか。
島田さん一風変わった特技があってよかったね、なんて大きなお世話な感想を抱いたり
するワタシ。。。
しかしやっぱりすごくすごくかっこよかったなあ。
いい男だ。。。
一時、中年太りなのではっ?とやや心配してたんだけど、今日拝見したお姿はまた
とてもシャープで惚れ惚れ。かっこいいなあ。すごいなー。素敵だなあ。うっとり。
さすがなんかいいこと言うなああとか感心したりして。うっとり。
しかし相変わらずというか、テレビでは目が泳ぐというか落ち着かない感じなんですが~。
カメラの前で喋るとかいうことにやはり不馴れでいらっしゃのでしょうか。まあ、あまりにも
余裕たっぷり慣れきってます、とかでも感じ悪いしなー。
そこまで計算されてるんだったら凄いかも。
いやもうとにもかくにも。
うっとりかっこよく。島田さん大好きです~。
-----
--------
TITLE: 三番町萩原屋の美人選集 1、2
AUTHOR: シキ
DATE: 06/11/2004 21:31:34
STATUS: Publish
-----
BODY:
日記しばらくぶり。
明日がイヤなんだけど明日を乗り切ればいろいろ楽しいことも待っている。
ね。

三番町萩原屋の美人 選集
1「三番町萩原屋の美人」
2「カモン・レッツゴー・ベースボール」(新書館ウィングス文庫/西炯子)

粋な御隠居さんの趣味はヒトガタづくり。
たいそう美人だった奥さんを亡くして、忘れられなくて。
科学大好き少年の兼森くんは、その奥さん、いくさんをみたくって、萩原屋を訪ねる。
そんな、物語のはじまり。

いやあ。なんてゆーか。
もちろん萩原屋は全部持ってます。大好き。
そんでもって、文庫になってるーっ、ってそんでっ。2ページ書き下ろしがついてるの~。
うわーん。
バカ。
バカなわたしね~。
その2ページのために買うことにしましたとも。
いやあべつに、すごいことかいてある2ページじゃないんだけどね。ってこんなこと
言っては西さんに失礼でしょうか(^^;うーん。でもー。
でもいいの。好きだから。
一回目のときの絵なんかなつかし~ですね~とか思った。
やっぱどんどん絵が変わってきてる。
すごく好き。
御隠居さんかっこいいねえ。
勘二さん、ほんっっっっっっっと、かっこいいい~。ああもううっとり。素敵~。
ほんといい男だわあ。
そんでやっぱ島田がオカシイ。面白い。かっこいい~。すきすき。
やっぱどーしても島田雅彦重ねてしまうんですがね(^^;ごめんなさい島田さん。
で、これ。91年初出、って。えーと、13年前?
はー。
時のたつのは早いものだねえ。なんて。思ってる私はすっかり年寄りかしら(^^;
まあいっか~。
-----
--------
TITLE: 屋根の上の鴨
AUTHOR: シキ
DATE: 06/06/2004 23:03:28
STATUS: Publish
-----
BODY:
昨日田植えの手伝いをして全身筋肉痛なのに今日は朝から閉店までシゴト。
そして今度の土曜日まで休みはないのに、土曜日には会議にでなくちゃいけなくて
休日出勤。
一難去ってまた一難ぶっちゃけありえな~い♪とプリキュアを見てから出勤したさー。
つーかーれーたー。そしてこれからもつーかーれーるー。ううう。

しかしBSで 新選組! を見ました~。
ああー沖田くん!ダメよっ鴨についていってはー。
そんでまた鴨がー近藤の言うことはおかしい、なんつって沖田くんを悪いほうに
ひきずるのよ~。相撲でかせごうなんて武士のやることじゃねえ。
なんてな。
おいおいだからって、ならずもののやり方はおかしいだろっ、と、なんで沖田くん
気づかないわけっ?まあ、気づいてるんだけども、なんか素直になれなくて
鴨についてっちゃうわけね。ああもうまったく。中学生か!?
悩んで強がって粋がってでも揺れて揺れて。沖田くん可愛いなあ。
そしてやっぱ。
お梅さんっ。
いいわあ。素敵。
なんて悪女なんだー。結局鴨は踊らされてるばかり。お梅さんのやわらかい口調で
きっつい嫌味。色っぽいわ。いいなあ。
ああもう。どこまでダメダメなんだ鴨ー。小さい男だのう。鴨め。火をつけて
いい気になってるところを、近藤さん土方さんたちににらまれてちょっとばかしバツが
悪そうにしてるの。
ああー。もー。なんてヘナチョコなんだ鴨。佐藤浩市(こんな字だっけ。。)素晴らしい~。
最高だ!

山南さんと、土方さんが、今のとこ意見一致させて、近藤さんを押すぞ!と
なってるのがなんかもうハラハラしちゃってたまりません。ああもう。今から胸が痛む。

今日は、捨助が登場しててすごくやっぱ可笑しかった。うーん。楽しんでやってる
んだろうなあ中村獅童。なんなんだあれ。
合津公も、お忍びでやってきて、ああ若旦那ってのがもー。すごくよかった!
品があるよねえ。素敵だ。
来週も楽しみー。しかし戦闘シーンってあるのかな。どうするのか楽しみだ。
-----
--------
TITLE: プハー
AUTHOR: シキ
DATE: 06/03/2004 23:10:27
STATUS: Publish
-----
BODY:
今日はよく働いたーっ。
疲れたーっ。
明日もまだやらねばーっ。
ビール飲んで寝よ。
-----
--------
TITLE: 映画 下妻物語
AUTHOR: シキ
DATE: 06/02/2004 23:05:37
STATUS: Publish
-----
BODY:
映画「下妻物語」

ヤンキーちゃんとロリイタちゃん。
野ばらさまの青春ラブコメディの映画化です。
いやあんまり期待しちゃいけないなーとは思いつつ、でもなんか予告とかチラシとか
すごく面白そうで、けっこう期待して見に行きました。

よかった!
すごくよかった!

深田恭子がロリイタちゃんで桃子なの。似合ってたよ。可愛かった。ロココな
フランスの貴族に生まれたかったの。と願いつつ、今は21世紀。ここは下妻、に
生きてかなきゃいけないモモコ。可愛い。根性ねじれてます。素敵~(^^)
イチゴを助けにのりこんでくシーンでの迫力とかもかっこよかったし。
そんで、土谷アンナ、という子がイチゴで、バリバリヤンキーが似合ってた。
なんつーか。二人とも上手いとかいう感じじゃないんだけど。っていったら失礼
だけど、でもねー、すごく、今生きてる無茶してる女の子!乙女!という感じで
素敵だった~。
エンドロールのときに、二人がいろいろにこにこしたしちゅーしそうな勢いだったり
で2ショットでずっとうつってるんだけども、それがすごくすごくイチゴとモモコ
って感じで可愛かったな~。
話しは、えーと。まあちょっと変わった女の子二人の友情青春物語り、かな。
これは監督の力なんだろーか。
すごく面白可笑しくバカバカしく、それでしっかり盛り上げてくれるし泣かせても
くれる。原作とはまあいろいろ違ってたりはしょってたりして、そのくせヘンな
小ネタがちりばめられてて、よくまとめてるな~って感心です。
もー、理屈はイラナイ。面白かった~(^^)

一人なの。なれ合うだけの友達なんていらない。つるむだけの仲間なんていらない。
ひとりで立ってる。自分の決めた自分のルールに従うだけ。他の人のことはどうでも
いい。だからわたしにもかまわないで。
そう。乙女は凛々しく強くわがままに。根性悪に。
うらやましい。
たっぷり楽しんで、たっぷり感激のいい映画でした。
-----
--------
TITLE: Period i
AUTHOR: シキ
DATE: 06/02/2004 00:00:49
STATUS: Publish
-----
BODY:
「Period」i(吉野朔実/小学館 イッキコミックス)

ピリオド。
ハルカはおにいちゃん。小学生。ヨキは五歳の弟。
ある日、お母さんはいなくなった。お父さんは、壊れている。
物静かで淡々と、容赦ない暴力を、ふるう。
いわれのない暴力。
容赦ない、現実。うちが、なくなる日。

お。またも子どもの話しか、なんて思ってみたり。
とてもとてもとてもとても、きれいでおそろしくて残酷なのに軽やかさが
あってほんとうにほんとうに素晴らしい。
こわい。
すごい。
ヨキが可愛い~し、ハルちゃんがすごくいい子で健気。
二人ともちいさい子どもなんだけど、大人だ。
情けないおじさん醜いおばさんたちなんかより、ずっとずっと。
お父さんがこわくてきれいですごい。
教育を受けることがなにより重要。
バカになってはいけない。
うん。ハルカはきっと大丈夫。でも、こわれてしまうかもしれない。
嘘つき。
こんなにも残酷できれいでやさしく突き放すなんて信じられない。
さすがです。
吉野さんのお話はやっぱかっこいいなあ。

チョコパン、が、たいへん美味しそうでした。
食パンに板チョコのせてオーブントースターで焼くんだって。
いいなー。
ハルカくん私にもつくってー。
なんてな。そのうちやってみよう。
-----
--------

|

« 2004年5月 | Main | 2004年7月 »

さるさる日記より」カテゴリの記事