« 2004年8月 | Main | 2004年10月 »

2004年9月

TITLE: オニババ化する女たち
AUTHOR: シキ
DATE: 09/30/2004 22:48:30
STATUS: Publish
-----
BODY:
「オニババ化する女たち」(三砂ちづる/光文社新書)

まずタイトルのインパクトに負けまして。
女性の身体性を取り戻す というサブタイです。
えーと、このままでは女性は女性らしさを見失って、みんなオニババに
なっちゃうぞー。
オニババってゆーのは、女性としておだやかに枯れていくことができず、
行き場のない女のエネルギーがオニとなるオンナなのだ、てな感じでした。

えーと。
うーんと。
とてもまっとうな、というか、とても正論というか、えーと、まあ、うーん。
まあ。ねえ。
負け犬とかいっててもいわゆる負け犬ってのはじつは負けてないので、もっと
ヨワイ、流されてる負け犬っていう大勢の女性たちのほうが問題なのでしょう、
てなところはうんうんと思うんけど。
やっぱり女性は女性のカラダを大事にして、子どもを産んで育てていきましょう、
というところにはそうカンタンにうんうんとは言えねーでしょ。
うーん。
女性は女性らしくっていうのは全然かまわないというか、それでいいと思うんだけど
子ども産んで育てたいっていう人にはもっとそうしやすい世界になればいいと思う。
そして、子ども産んで育てたりしたくないってゆー人にもそれでいいという
世界であってほしいわ。
ま、私はオニババになってもいいやー。
自分は自分で大事にするしかないですね。
-----
--------
TITLE: <美少女>の現代史
AUTHOR: シキ
DATE: 09/29/2004 20:23:19
STATUS: Publish
-----
BODY:
またしても台風接近。
この前の金曜じゃなくてよかった。。。
今夜は映画「陰陽師」2があるなー。見よう。

「<美少女>の現代史」(ササキバラ・ゴウ/講談社現代新書)

まんが、アニメにおける美少女。それに萌える男子たち。
美少女はいつからうまれ、どのように変化してきたのか、その歴史を辿り分析する。

とゆー、モエモエ~なんだけれども、分析ってのはとてもまじめにしてあって
面白かったしなるほどーと思ったりでした。
カリオストロの城 は、やはりこんなにも重要作品なんだなあ。深い。
ルパンがクラリスを抱き締めなかった、抱き締められなかったことから、美少女は
絶対的存在になったのです。
なるほど。

これってすごい構造分析で、あー物語の構造分析ってこうやるのか、と、そういうのも
すごくわかりやすかった。
歴史を辿る、というのには凄く有効なんだなあ。いろんな作品見比べてゆくのに
これはわかりやすい。うーん。やっぱいろいろ勉強しなおしたい。。。

視線としての私 に、なりたい。
安部公房かー。これも読んでないな。読みたい。

しかしですます調で書いてあるのがどーも最初違和感があったわ。
うーん。

そしてやはり村上春樹もか。うううーーーん。
まあ。
そっか。そうだろうなあ。。。
ものすごおおく不謹慎だしファンの人には怒られそうだけどごめん、悪意
があるわけじゃないんだけど、村上春樹が死んだあとのことがすごく楽しみだよ。
-----
--------
TITLE: 浮かんでます
AUTHOR: シキ
DATE: 09/28/2004 20:28:00
STATUS: Publish
-----
BODY:
まだ宙に浮いた気分のままなので、まともに読書日記が書けません。。。て、別にいつもまともでもないただの勝手な感想なんだけど。

岡村ちゃんー。
あいしてるー。

えーと、明日にはフツウに戻るフリもできるかと思うので。。。
たまった読書日記は明日からかな。
と自分に言い聞かせる。
-----
--------
TITLE: OK デート6000円でどう!?
AUTHOR: シキ
DATE: 09/26/2004 22:59:13
STATUS: Publish
-----
BODY:
途中1曲わかんないのがあったなあ。うむー。まだまだ甘いな自分。
弾き語りにはやはりうっとりし、何度もうるうるもし、歌って叫んで踊って汗かいて
ヘロヘロ。それでも去年の、マジで死ぬと思ったオールスタンディングよりはずっとラク
だった。ああーほんと幸せ。
岡村ちゃんはやっぱ天才だから。
岡村ちゃんはもう天才としか言い様がないと思うんだよね。
うん。
天才です。もう信じられないよね。どうして?どうしてそんなに凄いことができちゃうんだろう。

コンサートのあと友達と乾杯して美味しい御飯食べて、天才だよね。凄いよねと、
いくら語っても語りつくせない岡村ちゃんの圧倒的才能。今夜最高だったよね。幸せだよね、と
燃え尽きて真っ白になったワタシタチ。
土曜日の朝にはうちにもどって、そのあとシゴト。
今日もシゴト。
でもやっぱりまだ幸せの余韻で宙に浮いてます。
だいすきだよ。ありがとう。またデートしよう。ね。
-----
--------
TITLE: OK デート6000円でどう!?(2)
AUTHOR: シキ
DATE: 09/26/2004 22:57:47
STATUS: Publish
-----
BODY:
あまり大きなホールというわけではなく。
うー。白い幕。紫の照明。ううううわーーーん。そ、その最前列に行くのね。いくのね。
うううわーん。
ステージの高さも自分の胸に届かないくらい、かな。んもううほんとにすぐそこに!
こんな近さでステージに向かうの初めて。しかも岡村ちゃんだよ。うー。どうしようー。
ハイテンション始まる前からもうおかしくなっちゃう。
開演時間から遅れること20分くらい、かな。
いやもう、その待ってる間って、やっぱもうやめる、とかになったらどうしよううううう、と
これまた死ぬ程緊張。どーしたらいいの。
そして、照明。音楽っっ!
ああああー岡村ちゃんが歌ってる!歌ってる!歌ってる!歌ってるのに、まだ幕は開かないっ。
きゃ~~~~と叫びながらも、じらされるじらされるっ。
そして、やっと幕があくー!
きゃ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っっ。
ああー岡村ちゃんだ、岡村ちゃんだああ。
いるよー。ほんとにほんとに本物の岡村ちゃんだ。そこにいるよー。
歌ってる。踊ってる。近い。ほんとーに近い!等身大の岡村ちゃんがそこにいるーーーっ。
それからはひたすら叫ぶ叫ぶ歌う歌う踊る踊る。
めいっぱいです。
岡村ちゃんから一瞬も目を離したくない。離せない。全部全部大好き。すきすきすきすき。
やっぱり最高。
最高ーーーーーーーーっ。
なにもかもがもう圧倒的にスゴイ。凄い。すごすぎる。
歌っても最高ー。踊っても最高ー。ギターも最高ー。ピアノも最高ー。全部めちゃくちゃ
かっこよくってたまらなくってもう靖幸ーって叫ぶしかないじゃない。
何度も岡村ちゃんがありがとうって言ってくれた。
そのたびにぐぐーっときてめいっぱいありがとうって叫びました。
ほんとにこんなの奇跡のプレゼントだ。
ずっと好きで、大好きで、だーいすきな岡村ちゃんが、いっときは姿を隠していてんもう
放置プレイだわってでもそれでも大好きで、そして何度も流れた復活の噂が、ついに
去年から噂じゃなくなって。ほんとーにほんとーに復活で、しかも期待よりずっとずっと
凄くてすごい復活で、ねえ、一列目にいると、目の前にはもうステージで、他の観客って
目に入らなくてああもうこのステージは私だけのもの!って思えてしまうのだよ。
こんな最高の幸せをくれた岡村ちゃんありがとう。神様ありがとう。
-----
--------
TITLE: OK デート6000円でどう!?(1)
AUTHOR: シキ
DATE: 09/26/2004 22:56:41
STATUS: Publish
-----
BODY:
一列目でのコンサートっ。
ああー。一列目だってーっっっっと知ってから、この日がくることが信じられなくて
もうどうしようかどうしようどうしようーーーっっとずっとそわそわわくわくしてました。

だいすきなあいする岡村靖幸のMe-imeツアー?かな。えっとまあ。
去年はぜっぷおーさかで、死ぬ思いをしたので(^^;今年は絶対ホールであるとこに
行こうーと思っていました。
そしたらなんと広島だぜー。近いよ大阪より~。んきゃ~。うれしい~!!!
旅行の手配、船はお買い物パックがお徳だ、洋服はどーする、お化粧品もやっぱ新しく
買うか。ダイエットにも励むか。うわーん台風来ないでーお願い台風だけはヤメテー。と、
ひたすら祈る日々でした。

9/24日。曇り。時折雨。
久しぶりに海の匂いを嗅いだ。船に乗るのもとても久しぶり。本を読んだりうたたね
したりして無事広島上陸。電車で市街へ。友達との待ち合わせも無事めぐりあい、
ホテルに荷物を預けて、お買い物と御飯~。お好み共和国へいってみました。
それからスタバでひと休み。おしゃべりしつつもそわそわ落ち着きません。だってねえ。
夜にはコンサート。コンサート。コンサート。岡村ちゃんも今広島にいるよねえとか。
ホテルにチェックインして、ひと休み。
せっかく広島まで出て行ってるんだからお買い物とかもっとすればいいんだけどー
でもそんな余裕はまったくない。ナイナイナイ。
それから会場へてくてく歩いてゆく。少し雨がぱらつくこともあったけれども、傘は
なくても大丈夫だった。
コンサートでは岡村ちゃんグッズの販売準備中、というところ。
早く着きすぎですワタシタチ(^^;でもあれもこれもいいー可愛いーうむーやっぱ
ツアーパンフは買うし、Tシャツも買っちゃおうか。うー貧乏な自分がニクイ。あと
ピンバッヂにしました。ピンバッヂ好きなんだー。ストラップはやっぱいまいちぐっと
こないのだよー。もうちょっといいのを作って欲しいとかわがままを思う。
じょじょに集まってくる人も増えてきて、あーコンサートだ。ホントニコンサートダ。
じわじわと緊張がたかまってきてしまーう。
並んで。
そして開場!
-----
--------
TITLE: 抜け殻
AUTHOR: シキ
DATE: 09/25/2004 22:53:16
STATUS: Publish
-----
BODY:
今朝は5時起きで帰ってきた。
そしてひと休みしてシゴト。
もくもくと働いた。

ゆーべの幸せがほわほわとまだ私のカラダを宙に浮かせているよーだ。
あまりのコーフンで喜びで最高でもう燃え尽きた私の今後の人生は余生かも。
それでいい。って感じ~。

コンサートのあと友達と御飯たべて飲んで奇跡だよね。幸せすぎるよねっと
語り合った。
神様ありがとう。
岡村ちゃんありがとう。
その御飯もビールもワインも美味しかったし。今回の旅はかなり順調だったー。
去年のときは帰りの飛行機が欠航!とかもうなんかタイヘンだったんだっけ。
あれが神様の試練だったの?
その試練に耐えて合格したの私達!?

また明日にでもじっくりたっぷり書くぞー。
今日はさすがに一日が長過ぎるのでもうねむねむ。。。おやすみなさい。
-----
--------
TITLE: 夢の旅
AUTHOR: シキ
DATE: 09/23/2004 21:26:28
STATUS: Publish
-----
BODY:
エースをねらえ! は見ています。
強くなりたい。
お蝶夫人にもっとうっとりしたい~。

で。
まったくハナシは変わるがしばらく夢の旅に出るのでさがさないでください。
なんてね。
ドッヂボールぶつけあってくるぜ!
-----
--------
TITLE: ヴァン・ヘルシング
AUTHOR: シキ
DATE: 09/22/2004 23:30:52
STATUS: Publish
-----
BODY:
ディアゴスティーニでガンダムのが出るんだー。
CM流れるたびにおおーっと、見いってしまーう。
シャアさまがしゃべってる~。うっとり。ま、買いはしないと思うけどね。
メカとかに興味あるわけじゃないし。

映画「ヴァン・ヘルシング」

聖騎士団にの命を受け、ひそかに怪物退治をしているヴァン・ヘルシング。
怪物は、死ぬ時にはもとの姿にもどる。人殺しとして、表の世界ではお尋ね者。
そんな彼に新たな使命が与えられた。行き先はルーマニア。倒すべき相手は、
そう、ドラキュラ伯爵。

と。
一年前にはフランケンシュタインがうみだされてたり、ドラキュラ、狼男、
いやあもうオーススターモンスターですね~。もう、ずうっっっと。最初っから
最後までクライマックス!!!
面白かった~(^^)
ヘルシングのいでたちはまるでDだ、と感慨にふける。黒いつばの広い帽子。黒い
翻るコート。黒ずくめ。モンスターハンターだし。
教会の地下の基地(?)は、007みたいーだと思ったし。
アナ王女を、たぶん狼男目線で、暗い中高いところから見下ろしてる画面は
羊たちの沈黙 の、クラリスを暗視鏡で見つめてたシーンを彷佛とします。
そしてなにより休む間のないアクションアクション!
飛んでくるドラキュラの花嫁たちがすごいのよね~。
ガツンガツンビシバシぎゅわんぎゅわんでぐわごわおわおです。
ドラキュラとヘルシングとなにやら因縁深そうで。
うーんと、大天使ガブリエルと、悪魔ルシフェルだったのだろーか。狼男と吸血鬼。
なんかまあなにもかもともかく勢いでつっぱしる超娯楽大作~。
ハロウィンの舞踏会のシーンは豪華絢爛でうっとりものでした~。
満足(^^)
-----
--------
TITLE: 映画ニ本
AUTHOR: シキ
DATE: 09/19/2004 21:34:39
STATUS: Publish
-----
BODY:
一昨日の夜にはもうダメだと思いました。
ええパソコンが。。。うーん。一応、OSの再インストールというのをやってみて
たぶん今のところ大丈夫、そう。たぶん。うーん。直ったの、かなあ。。。うーんー
わかんない。パソコン使い始めてもう長いけど、あんましトラブルの経験ないから。
しかも知識は初心者レベルからまったく成長ナシさ。がんばってねマイパソちゃん。。。

で。昨日は映画祭での上映ニ本梯子しました。
「グッバイ レーニン!」
これは、1989年、ベルリン。東西ドイツの壁が壊された時。
昏睡状態で8ヶ月をすごした母が目覚めた時、東ドイツは資本主義の波に飲み込まれ
昔の面影は消え去ろうとしていた。
またいつ心臓発作が起こるかもしれない、何も知らない母にショックを与えては
いけない。というわけで、アレックスは世界は何も変わっていない、と、お母さんに
本当の事を知らせないように必死でとりつくろって、うちで養生してもらおうとします。
んもー。
このマザコンボーイめ(^^)
すごくすごくすごくいい映画だった。
なかなかテンポよく。そして可笑しいところいっぱい。そしてホロリとさせられる
ところもいっぱい。ドイツの味わいなんでしょうか。とてもとても素敵だった。
映画マニアな西ドイツからの友達がすごくかっこいいのにヘンでいいヤツだー。
面白い。みんな、みんないいヤツだ。
ねえ。
理想の国は、嘘でつくったニュースビデオの中にしかないけど。
その理想はとても素敵だ。大切なものは、確かにあるんだね。

「真珠の耳飾りの少女」
青いターバン巻き。きれいな目を見開き。唇を少し開いて。耳には大きなひと粒の真珠。
そのフェルメールの絵の少女の物語り。
使用人としてフェルメールのうちにやってきた少女、グリート。
アトリエの掃除を命じられたグリート。彼女の清純なうつくしさ、絵を見るセンスに、
フェルメールはひかれてゆく。
少女もまた。。。
とてもとても美しい映画だった。ああ。絵の中の少女だ。うっとり。素晴らしい。
奥さんは可哀想だよなー。おばーさんは強烈だよなー。うーん。あんな環境では娘も
グレるよなー。うむむー。
しかしともかく。グリートの透き通るようなうつくしさにひたすらうっとりでした。。。
-----
--------
TITLE: いたいけな瞳 1、2
AUTHOR: シキ
DATE: 09/17/2004 22:23:14
STATUS: Publish
-----
BODY:
「いたいけな瞳」1。2(吉野朔実/小学館コミック文庫)

吉野朔実の無垢なる世界(イノセントワールド)
とゆーことで、短編集。平成二年とかぶーけ掲載って、うーん。
そっか。このへんのって、私は大学生で。一年のころで寮にいたころで、誰かが
買ってきたぶーけがあったりして読んだりして、そして吉野さんに出会ったの
でした。
少年は荒野をめざす を借りたりしたのでした。
たまりません。

こういうふうになりたかった。
完全な世界(パーフェクトワールド)
静かで品があって本があって音楽があって。
長い髪をさらさらとなびかせたり、くるくる柔らかな髪をみつあみにしたり
恋をしたり愛されたり。
うっとり。
どうして私は吉野さんの世界の住人じゃないのか、絶望の果てに死にたくなったり
していたものです。
うーん。
その気持ちは今もあんまりなくなっていなくておいおいワタシ成長がないのか、と
思ったり。
そもそもそんなキャラじゃないし自分。。。がっくり。

「少女漫画家の瞳には三等星の星が光る」って、吉野さん本人のコトもはいってる
のかなあ。
うーん。
素敵です。
こんな男とつきあいたい。。。
-----
--------
TITLE: しゃばけ
AUTHOR: シキ
DATE: 09/16/2004 22:09:57
STATUS: Publish
-----
BODY:
「しゃばけ」(畠中恵/新潮文庫)

廻船問屋長崎屋の跡取り一太郎は17にもなるのにたっぷりと親に甘やかされ
風にもあてぬように大切に大切にされていました。
幼い頃からひどく体が弱く。今もちょっとしたことですぐに寝込んでしまう。
そして幼いころから側に使えている手代の佐助と仁吉もまた、若旦那のお世話
を、お守りすることを、何よりも何よりも大事に思っているのだった。
その二人は、妖怪であるということがちょっと風変わりではあるのだが。

妖怪たちがわらわらとよってくる若旦那。
うむー。ぼんぼんやのう。
ヨワイし。
でも、ほんとうは芯のしっかりしたいいところのある、ただヨワイだけじゃない
若旦那なんですね。
たいへんに読みやすいし、血なまぐさい事件のわりにはほわほわののほほんの
おだやかムードで。
いいですねえ、江戸。という感じです。
妖怪にも親にも幼馴染みの人間の友達にも、たっぷり愛され甘やかされてる
若旦那さんがまあ可愛いですねえ。
まあ。
いいですねえ。
すごーく面白かったとまではいかないんですが。ええ私が素直じゃないんで。
ヨコシマモードにしてもちょっとほんわかしすぎで乗り切れないな~という感じ。
んむー。この人を読み続けるかどうかは微妙かなあ。
-----
--------
TITLE: NIN NIN 忍者ハットリくん
AUTHOR: シキ
DATE: 09/15/2004 21:12:38
STATUS: Publish
-----
BODY:
映画「NIN NIN 忍者ハットリくん」

ハットリカンゾウ只今参上!

とゆーわけでハットリくん見てきた。
もー!すごいよかった(^^)面白かった~。
慎吾ちゃん最高だなあ。ほんっっと、凄い。すごいわ。かっこいいー!!!

お話はまあ、ちょっと馬鹿馬鹿しいつーかベタつーか、まあ。でも、伊賀モノと
甲賀モノとの対立みたいなのとか、忍者の生きる道とか、いじめ問題とか、
けっこうシリアスだったりするかなあ。
でもその味付けがかなり軽いので、素直に見て素直に感動しちゃったり。
ケンイチくんを助けに行く!というところなんか、マジでうるうるきてホントに
感動したなあ。
ケンイチくんのほうが、ハットリくんに「逃げて!」というところとか。
ほっぺにあのぐるぐる書いたままで、あれだけシリアスに迫力と感動を見せる
慎吾ちゃんはやっぱただ者じゃないでござる。すげえ。
アクションとかも本格的にかっこよかったし。
そんでもちろん、すごーくオカシイ(^^)
東ミッキーもおかしかった。宇梶さんもいたなー。
近藤さんに西郷どんだ、とか。
この映画撮ったのって、大河やってるときだよねえ?慎吾ちゃんすごすぎるぞ。
いやあ単なるお子様映画だなんて思っちゃいけません。
大人のほうが楽しめると思うわ~。
慎吾ちゃんのナイスカラダも披露されてるしっ。きゃ~。
いい映画だった。
-----
--------
TITLE: 人間は考えるFになる
AUTHOR: シキ
DATE: 09/14/2004 23:32:10
STATUS: Publish
-----
BODY:
「人間は考えるFになる」(土屋賢ニX森博嗣/講談社)

絶妙「文理」対談+ここでしか読めない書き下ろし短編小説!
とゆー帯びも魅力的な、先生お二方の対談集。
うむー。まるでワタシ森博嗣や土屋賢ニファンみたいじゃないかっ、とややブゼン
と思いつつも、見逃せなくていそいそと買ってしまいました。
なんてゆーか。
どっちもどっちだ(^^;
楽しそうだ。
面白かったです。
うむむー。
森博嗣め。そんないい加減に小説書いてるのか。いやまあそうだろうとは思うんだけど。
むむー。
しかし、やたらキャラ萌えねらいで、ということらしいんだけども、
私、森博嗣の小説でキャラ萌えってしてないんだよね。。。世の中のみんなはホント
にしてるのかなあ??ねりなりハアハアとかいってるのもノリだけのハナシだろーし
モエに萌え萌えしてるのもネタでしょ?
喜多先生がすきーとか、ホロクサさんはいいなあとか思っても、まあ、森作品のなか
であえて好きなのをえらばなくちゃいけないとしたら、うーん、まあレンちゃんも
いいかなあとか、その程度の非常に消極的なスキかも、レベルなんだよね。
森博嗣の考えるキャラ萌えに、私はのれないらしい。。。
まあいいんだけど。
ホントは私めちゃめちゃミーハーキャラもえもえーにつっぱしる方なんだけどなあ。
うーん。
まいいけど。

土屋先生の処女小説は。。。エッセイとどうチガウの~。
うんまあでもいいんじゃないでしょうか。
哲学の論文て読んでみたいなーとちょっと思った。でも難しくて読めないかなあ。
ともあれ。
面白い本でした。
-----
--------
TITLE: φは壊れたね
AUTHOR: シキ
DATE: 09/13/2004 22:40:48
STATUS: Publish
-----
BODY:
「φは壊れたね」(森博嗣/講談社ノベルズ)

森ミステリィ新シリーズ、だそうで。
Qシリーズっていうの?えーと海月及介から?ちょっとそのへんよくわかんない
んだけど。
加部谷ってSMんときに出てきてたの?どれ?えーと全然覚えてない(^^;
しかし、モエにもましてうっとおしいな(^^;まあいいけど。

山吹くんと、海月くんて、喜多先生と犀川先生こんなだったのかもな~という
感じがしたりして。海月くんが犀川先生と同系列ですか。んー。
モエちゃんがかなり紅子さん的になってきてるつーか。まあ。大人になってる
んでしょーか。犀川先生ともラブラブなよーでなにより。
まあ勝手にやってくれ。

えーと事件のほうは。
まあ、どうでもいい。
って、ミステリなのに事件がどうでもいいハナシってどーよ、と思うけど。
まあ。
このシリーズもキャラものでいきます、というところなのかなあ。。。うーんと。
Vシリーズがキャラ萌えでいくとかだったけども、もー講談社ノベルズのはこの
路線でってことにしたのでしょーか。
うううーん。
新刊買い続けるのか自分???と、んんー。もーずっとそー思ってるけどなんか
やめられないなあ。。。うーん。しょーがない。
海月くんはけっこうすきかも。
まあ、森キャラの中では、てくらいで。別に好きってほどでもないか。。。
まあ、他にいないんで。。。山吹くんがイイやつそうかなあ。地の文の時と
電話とかセリフのときとキャラ違うなあとか。
まあこれも今後シリーズが進むにつれて固まってゆくのでしょう。

しかし何よりもショックだったのは!なんでまた二段組じゃないのーー???っっ!!!
ヒドイよなあ講談社。森博嗣。。。。ボッタクリめ。。。このやろー。バカー。
あーもーヤダヤダ。講談社なんかキライだ。。。
-----
--------
TITLE: 沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ三
AUTHOR: シキ
DATE: 09/12/2004 22:07:04
STATUS: Publish
-----
BODY:
「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」巻ノ三(夢枕獏/徳間書店)

唐の皇帝は何者かの呪によって弱ってきている。
青龍寺の恵果が呼ばれ、皇帝をお守りすることとなった。
空海たちは事件に関わりをもってしまいながらも、留学の徒として学問に
励んでもいる。
そして。
ますます、あやしきことごとを、なんとかしようと、乗り出すこととなった。

と。
まあこれもまたすごーくいいところで終わってる~~~。わーん。
早く続きを読ませて~~~。

そして。
お話はもちろんだけれども、空海の語ってくれる仏法に、密に、うっとりと
なってしまう。
なんて面白いんだろう。
なんて素晴らしいんだろう。
何度もじわじわ涙ぐんでしまうじゃないか。
うーん。
獏さんの語ってくれる仏教こそ私の救いだ。

空海、若いな~というのがなんか面白いし。
めちゃめちゃかっこいいし。
やはり凄いとしか言い様がないわ。
さてさて。
ああこの物語りがどう結実するのか。
とてもとてもとても楽しみです。
-----
--------
TITLE: 谷川俊太郎さんの朗読
AUTHOR: シキ
DATE: 09/11/2004 22:02:05
STATUS: Publish
-----
BODY:
道後寄席第3夜。
谷川俊太郎さんで、「コトバ・声・音楽」でした。
まずは「朝のリレー」の写真音楽付きでの谷川さんの朗読。
天野祐吉さんと、谷川さん登場して、いろいろお話。うーん。いいおじさん、おじいさん?
二人がとてもいい感じでいろいろお話してくれて、素敵でした。
そして、「家族の肖像」という、CDつきでの作品を出されたそうで、その、音楽と
朗読のパフォーマンス、というのが30分あまり。
うれしかった。
はりきって前の席ゲットしたかいあったなあ

うわー生きている詩人だ。
詩人がしゃべってるー。詩人が水飲んでるー。わー。わー。と。一挙一動にときめいて
しまいました。
なんだろうー。
なんかこう、天野さんも谷川さんも、なんてことなーいふつーな感じなのに、全然
ふつーじゃないんだ。谷川さん、かっこいい眼鏡していたな~。
谷川さんは短歌は合わないなあとおっしゃっていた。わーんそうなのー。
俳句はいいそうだ。へー。そうなんだー。
朗読された詩はどれもまろやかで。
声に出して読むことを意識して書いた作品と、そうでないのがある、ということで、
なるほど。。。という感じ。
言葉をひらく、ほうに力を注いでいる感じがするなあ、たしかに最近のイメージって。
詩は野生だ、と。
なるほどー。
アナウンサーの人と詩人本人と、読み比べ、なんてのがあって、そういうのって
すごいと思った。詩人本人が読むのって、上手に読むとかいう技術ではないから、
というのも納得。いやもちろん、谷川さん上手いと思うんだけどね。
活字としての詩は、楽譜のようなもので。朗読って演奏で読む人それぞれにちがって
いい、というのも納得。ああ。楽譜かあ。素晴らしい。

今回も本とか買ったらサイン、というので長蛇の列だった。うーん。。。と迷った
けども、サインはいいか、と、また横目に眺めて帰宅。
ありがとう谷川俊太郎。生きている詩人よ。
-----
--------
TITLE: 鼻行類
AUTHOR: シキ
DATE: 09/10/2004 23:24:58
STATUS: Publish
-----
BODY:
「鼻行類」(ハラルト・シュテュンプケ/平凡社ライブラリー)

ハイアイアイ島で、新たに発見された鼻行類。
その詳細な記録。

と。
これ教えてもらって読んだのはけっこう前で。おー文庫化されているのか、と、
いうわけで買って見ました。
面白いよねー(^^)
図版がほんとーに面白くて不思議。
真面目ーな動物学の本で。
でも名前もまたいちいち面白いよねー。
ハナアルキ。
ナゾベーム。
ハナモドキ。
なんでなの。
うーん。
図版眺めてるだけでわくわく。記述の真面目さもなんかかっこいいな~とか思う。
まだ定かでないことも多くて、これからの研究が楽しみ。
というところで島がなくなってしまうという悲劇。
まぼろしの鼻行類~。
こういうわくわくの本って大事だと思う。
-----
--------
TITLE: 映画「ラヴァーズ」
AUTHOR: シキ
DATE: 09/08/2004 23:57:25
STATUS: Publish
-----
BODY:
映画「ラヴァーズ」

唐の時代。
官吏として、反逆の一門を捕らえようと、盲目の踊子をおとりに、罠を
仕掛けた、ハズだった。
しかし、何が、ほんとうの企みなのか。
次々と明らかになる、真実。

いやあもうー、ほんとーーーーーーに、きれいだった。
なんてなんて、うつくしい。
全編すべて計算しつくされた圧倒的な画面。色、衣装、俳優たちの、女優たちの、
これ以上ないほどのうつくしさでした。
チャン・ツィイー、ですか。彼女、なんてなんてきれいで可愛くて顔ちっちゃくて
踊りもきれいだわ体柔らかいわアクションもびしばし決めるわ、もー、どーして
そんなになんでもできちゃうの!?と、ひたすらうっとりしてしまったよ。
アンディ・ラウは、うーん、嫉妬深い男はいけません~。きりりとしてる姿はかっこ
よかったけど。
ああそしてそして。
金城くんーーーーーーきゃ~~~~~~も~~~~なんてなんてなんてなんてかっこいいのだ!
うわーんもうー抱いてーっ。かっこいい~~。
たまりませんー。かっこよすぎ。剣の使い手だし弓の名手でもあるし、酔っぱらいの
風流人でー。それでもシャオメイのために命かけてくれるのよー。
わーん。
かっこいいかっっっこいいい~。
あの、目隠しされてるとこサイコー。そんで目隠しとって振り返るとこもサイコーー!!
振り返った瞬間私客席で溶けてました。。。くらくら。素敵すぎる。
金城くんのキスは情熱的でいいなあ。うっとり。
にやけ男っぷりもいいなあ。うっとり。
んもー。三日で心奪われるってー。だってかっこいいんだもーん。ドキドキさせてくれる
んだもーん。うわーんかっこいいよう~。

お話はなんだか、んん??てところありありだと思うけど、まあいいよ。
うつくしくかっこよく、素晴らしいスター映画でした!
-----
--------
TITLE: 悪霊
AUTHOR: シキ
DATE: 09/07/2004 23:20:14
STATUS: Publish
-----
BODY:
「悪霊」上下(ドストエフスキー/新潮文庫)

ニコライ・スタヴローキン。
狂気をはらんだ美しい青年。人々は彼を恐れ、あるいは敬い、大いなる期待を
抱いていた。
ピョートルは、スタヴローキンこそを、すべての中心にして、組織をつくりあげ
世界を変えようとしていた。
しかし、計画は思い通りにはいかない。なにより、スタヴローキンの心が、謎であった。

私の下手な感想なんかより↓のほうがずっと面白いよ~と、オススメ。
http://www.ne.jp/asahi/ymgs/hon/aiueo_folder/aiueo_ya01.htm

えーと。
でも一応自分も感想。
なんだろう。実際の事件をもとにして描かれた小説、だそうで。
正直いってよくはわかんなーい。
でもなんかやめられないとまらないでじわじわと読みました。
うーん。ニコライ。素敵。なによりもすばらしく美青年であるのが素敵。きゃ~。
そしてなんてゆーかもう、ニコライって、ものすごーーーーく自制心の強いマゾなのか??
と、思ったり。
ステパン先生と書き手の私、ってのもなんかねー。
あの、漱石先生の「こころ」の、先生と私、みたい。
ステパン先生とワルワーラ夫人、てのも、おそろしいくらいの純愛なのかもとか、えっと、
ワルワーラ夫人はなかなかキョーレツだけど、そんな風にも読めたりして。
なんかわけわかんないけどやっぱハイテンションで~。
鼻つかんでひきずりまわすってどーよ!?
なんか、ここにエノキヅくんを混ぜたい。。。と、つい思ってしまう。
面白い。
苦悩するニコライがいい~。
ピョートルのめちゃめちゃ惚れてるっぷりが素敵だ。そんで相手にされないの。くー。
いいですね。
組織とか、なんかワカモノたちの暴走っぷりとか、ロシアすごいなあ。

ロシアの混沌って、おそろしい悲劇であったり。今でもそうなのか、と、あの学校占拠
事件のニュースを見たりする。

ドストエフスキーの面白さは今も、たぶんこれからも不滅なのだろーと思う。
-----
--------
TITLE: 今日の衝動買い
AUTHOR: シキ
DATE: 09/06/2004 22:47:53
STATUS: Publish
-----
BODY:
今日はスニーカー買ってしまった。
今年は紫ですね紫。
というわけで、ヒモが紫だー。普通に白いのもついてるけどやっぱ紫しとこう。
うーん。
いや欲しかったし新しいの買おうと思って探していたところなんだけど。
衝動買いが続いてしまった。
ま、貧しい暮らしなのに(^^;

あ。慎吾ちゃんがスマスマでもニンニンやってる。
すごい。
可愛い。かっこいいなあ。
映画もはやく見に行きたいなー。
-----
--------
TITLE: 蝮
AUTHOR: シキ
DATE: 09/05/2004 20:52:06
STATUS: Publish
-----
BODY:
「三番町萩原屋の美人 選集 蝮」1、2(西炯子/新書館ウィングスコミック文庫)

ますます好調の萩原屋。
御隠居の後を継いでせいいっぱいやってる若旦那。
トモジさんという、たいへんできのいい番頭さんを新たに迎え。勘ニさんは
新宿に店を出すことでおおわらわ。
トモジさんには、しかし、なにやらいわくがありそうで。。。

とゆー。
えっとー。
わ、これで終わってるよーと、焦った。そか。選集ってことだからか。
わーん。島田くん大活躍のヨーロッパ旅行とか、大好きな セクレタリー とかが
ないよーと。。。ええまあもう全部もってるからいいんだけど。

蝮 も、やはりとても重く深く。
大好きです。
うーん。
萩原屋レシーブ が読めてよかったな。
生きるんだよ。

煙りが目にしみたのよ ってね。
くー。
かっちょいい~。

やっぱ粋に生きなくちゃいけません。

文豪島田センセーも大好きだいすきー。いいなー。
大、大、大好きです。
-----
--------
TITLE: 道後寄席第2夜
AUTHOR: シキ
DATE: 09/04/2004 21:05:09
STATUS: Publish
-----
BODY:
行ってきました。道後寄席。
今日はNOKKOがゲスト。
「フルサト」を歌う というサブタイ。あーみんなのうただ。と。なんとなく
知ってました。
タニグチロクロウさんという画家のことははずかしながら私は全然知らなかった。
へー。
と、そんなお話もなかなか面白かった。
そんで、歌もあり。
うーん。こんな会場で歌うなんてスゴイ。エライ。
さすが迫力の美声でした。アンコールも、で、四曲だったけどけっこう感動しちゃったり
して。
フレンズ を、歌ってくれて感動。
全部ギター一本で。ごまかしもなしですごいなーと思った。うーん。ほんと フレンズ
名曲だ。

帰りには、絵本(?)かCDお買い上げの方へサインを、ということで長蛇の列が。
わわわ。と、私はその姿をちらりと見て帰ったけど。エライ。スゴイ。あんなに
サイン、みんなにしおわるのっていつになるのだ?すごいなあ。
でもふぁんだったらめちゃめちゃ嬉しいすごいスペシャルナイトだったんじゃないだろーか。
すばらしー。プロだなー。誠実だなーサービス精神あるなーと、いろいろ面白かったです。

そして今日は一六本舗のおみやげつきだった。
うーん。なんて地域密着イベントなの。すごい。

んむ。さて。テレビでバイオハザード見て寝よう~。
-----
--------
TITLE: 寡黙な華
AUTHOR: シキ
DATE: 09/02/2004 22:17:44
STATUS: Publish
-----
BODY:
「寡黙な華」(榎田尤利/大洋図書 シャイノベルズ)

櫻林院侯爵家の嫡男、千早は、ひっそりと咲く百合であった。
従兄にあたる邦彦は、幼いころひとつ年上の千早を実の兄のように慕っていた。
あれから18年。
24才の逞しい青年に成長した邦彦は、再び、侯爵家の客となって、千早のそばに
帰ってきた。

榎田さんで歴史もの?って、かなり耽美って、はじめてなのかな?
表紙の絵がたいへんうるわしく、素敵でうっとりでした。
耽美なのも素敵ですごーくよかった~。うっとり~。ん~やっぱこういうのいいなあ。
最後にはラブラブのハッピーなのはええとーお約束なのかっ。
んもー。
好きにしてくれ。
愛してると、言わなくちゃダメだよ。
-----
--------
TITLE: 世界中に「はーい」
AUTHOR: シキ
DATE: 09/01/2004 20:01:27
STATUS: Publish
-----
BODY:
ついに岡村ちゃんのアルバムがー!
9年ぶりだって。ああ。そうかあ。そんなになるのか。。。
『Me i mi』
ん。8曲かー。少ない、とか思っちゃったり。今までのシングルが入ってて。
アレンジが変わってたりして。
うー。

かっっっこいいいいーーーーーーーーーーー。

やっぱ岡村靖幸は岡村靖幸だなあ。
やっぱアルバムで聞くのがいいなー。すきすき。
昔とはやっぱ違うけれども、相変わらず一緒に歌えない歌だ(^^;
相変わらずなんでこんな歌詞なのか全然わかんない。
なのにものすごくかっこいいのはどうしてなの。
相変わらず青春しちゃってるけどなんかどうしたらいいのって哀しくなったり
しちゃったりするの。
んんー。岡村ちゃん愛してるー。すごいわ。
どうしようもないです。
天才シンガーソングライターダンサーだから。
何考えてるのかほんと教えて欲しい。すきだー。全然わかんないよ。

そして本日の発見。モアの10月号に、対談でのってるー。こ、こんなところに!?
わーん。メジャーになっちゃイヤよ。と、わがままです。

今回のアルバムはますますピーチマークが進化?つーか変化?してて。
ペロリだったのが、ベロリン、って感じだしナスカの地上絵みたいだし(?)
んもーわからん。
岡村ちゃんについていかねば。がんばるぞー。
-----
--------

|

« 2004年8月 | Main | 2004年10月 »

さるさる日記より」カテゴリの記事