« 2004年10月 | Main | 2004年12月 »

2004年11月

TITLE: 現代思想のパフォーマンス
AUTHOR: シキ
DATE: 11/29/2004 21:13:17
STATUS: Publish
-----
BODY:
「現代思想ノパフォーマンス」(難波江和英 内田樹/光文社新書)

現代思想最良のガイドマップ。
とゆーわけで、ソシュール、バルト、フーコー、レヴィ=ストロース、ラカン、
サイード、の6人の、案内、解説、実践編がありました。
ををー。
こーゆーの自分が大学生んときに読みたかった。最初に出たのが2000年だそーで
うーん残念。
これでわかったよーな気になっていいのか!?
と思うけど、こーゆーわかったよーな気になってから使ってみたりホンモノのほうも
読んでみたり、するきっかけになればいいんだよねー。
ラカンなんて、そんなにみんなそろってわかんないんだったらワタシだってわかんなくって
当然じゃーん、と、いう安心感が(^^)

案内、解説、そして実践、というつくりがとても読みやすいしわかりやすい。
いや、たぶんわかってはないんだろうけど(^^;わかったよーな気にさせてくれて
実践が面白いなーと思う。
何を隠そう私『異邦人』まともに読んだことないんだよね。。。あー教養不足ー。今度
いい塩梅に忘れたころに読んでみないとなー。
『カッコーの巣の上で』も知らないなあ。映画、ビデオ屋さんとかにあるのかな。
うーん。気にかけておこう。
ソシュールといえば丸山圭三郎なんだな。あー大学んときに特別講議に招いていたよーな。
今頃になって悔やまれますね。全然覚えてないや。もうお亡くなりになって、本だけ
買ってるけどちゃんと読んでないんじゃないかなあ。。。うー。読もう。うん。そのうち。。

やっぱかっこいいのはバルトだなー。
本のタイトルがいちいちかっこよすぎだ。うっとり。
ちゃんと読み直したりしてみるべきかなあ。。。かっこいい~っていってるだけじゃ
ダメダメだ。
んんんんー。
ダメだ。もう、読んでる最中は読みながらついていくのに懸命。。。でもついていけないー。
ついていきたいのにー。まあ、がんばっても無理なのかー。うーん。まあ。
わかんなくてもいいのか、という気もする。
-----
--------
TITLE: 物語消滅論
AUTHOR: シキ
DATE: 11/27/2004 19:39:13
STATUS: Publish
-----
BODY:
「物語消滅論」(大塚英志/角川oneテーマ21)

キャラクター化する「私」、イデオロギー化する「物語」
というサブタイトル。
大塚氏の本なんてもう買わないと思っていたんだけども、やっぱ興味あるテーマ
だなーと思ってつい。。。
語りおろし、というカタチでして、ええとこれは バカの壁 狙いなのかー。
キモチワルイ。。。
やっぱもうダメなのかも。私はこの人のものを読んじゃいけないのかも(^^;

舞城王太郎がたしかにそんなに新しい文学だとは思わないけど、この反発の
しかたもなんか的外れな感じがするなあ。。。うまく反論展開できない自分のバカ
さがクヤシイところですが。
まあ、自分自身がそんなに舞城に肩入れしてるわけじゃないからなあ。
イデオロギーがなくなって物語がとってかわっているとか、私がキャラクター化
しているとかいうのは、なるほどとか思うけど。それもでも今までにも大塚氏が
いってきてることじゃない?わざわざこの本を出した意味っていうのはなんだろう?
時代に敏感に反応してるってことなのかなあ。そうでもないような気がするが。
近代文学の限界を訴えつつ、それでも文学に帰れ!みたいな主張で、その敢えて、
という感じが。。。
おたくだって、そんなに大塚氏に踊らされてはいないだろーと思うんだよね。
きわめて狭い世界に生きているよーな気がする。
まあ、誰だって自分の周りの世界のことしか言うことはできないか。
うーん。
なんかやっぱ、まあまあ面白いとかいいとこついてきてるとか思うけどそれだけ
どまりとかいう気が。。。ってエラソウにワタシが言うことじゃないけどー。
やっぱ初期のものとかのほうがいいのかなあ。
-----
--------
TITLE: バレエ「ジゼル」
AUTHOR: シキ
DATE: 11/25/2004 23:22:10
STATUS: Publish
-----
BODY:
バレエ、見に行ってきました!
ああ私の王子様~!!!

東京バレエ団創立40周年記念公演
吉岡美佳 ウラジーミル・マラーホフ主演「ジゼル」全2幕

ををー!マラーホフがっ!世界の王子様マラーホフが見られるなんて~!!!
と、ヨロコビがんばって手にしたチケットは、S席中央やや前あたり。
それがなんと8000円でした。うそおおー。なんでーとか思いつつ。
地方ならではよね、とありがたく思ったり。
吉岡美佳さんが地元の人だそーで、カーテンコールもサービスいっぱいかなあ
という感じでした。っって、でも私あんまりバレエ通とかじゃないからこれが
サービスいっぱいなのかあんまり比較対象がないんだけど(^^;

きれいでした。
もう、あほみたいですが、もう、もう、それしか言い様がない。
綺麗だー。きれいだー。キレイだー。うつくしい~~~~。
バレリーナたち、リフトされてほんとに宙を舞っていました。うっとり。
吉岡美佳ーさすがきれいだ。可憐だ。可愛い。もちろんソロで踊ってもしっかり
ばっちり、すいこまれるようなうつくしさでした。

ああそしてマラーホフ!
なんか信じられなくて、オペラグラスもっていってたっぷりしっかり顔見たけど
写真のとおりだった。ほ、ほんとに本物だ。本物のマラーホフだ~。
いちいちジャンプが高い!
着地はもちろんふわり。
マラーホフだけ重力がチガウんじゃないの。。。素敵~~~。
なんか、たぶん役的にはバカダメ王子っぽいよーな気はしますが(^^;まあ
恋する王子様はたいていバカだめ王子だよね。
かっこいいわ~~。なんてすてきなお尻。なんてうつくしい姿。
苦悩する王子さま。うう。うっとり。。。

やはり二幕目の、幽玄な世界がほんとうに幻想的で、白い衣装、うつくしくて
ほんとにほんとに素晴らしかった。
ああ私の王子さま。うつくしさをありがとう~~。
-----
--------
TITLE: 僕の叔父さん網野喜彦
AUTHOR: シキ
DATE: 11/24/2004 22:20:55
STATUS: Publish
-----
BODY:
「僕の叔父さん網野喜彦」(中沢新一/集英社新書)

網野喜彦は私の叔父にあたる人であった。正確に言うと、私の父親であった
中沢厚の妹にあたる真知子叔母の結婚した相手が、当時まだ駆け出しの歴史
学者だった網野さんだったのである。

という書き出し。
えーっ。知らなかったー。びっくりー。そうだったのかー。
というわけで、中沢さんが思い起こす、叔父さんとの対話であり、中沢さんが
たどる、叔父さんの思想であるこの本。
網野喜彦、名前だけは知ってるものの、じつは全然読んだことないです。。。
ごめんなさい。。。
亡くなったという知らせにはそうかーと思ったものですが、中沢さんと叔父甥の
関係だったのは知らなかった。
つーかなんといふ家庭だったのでせう。中沢家。。。。
うーむ。
さすが中沢さん。素晴らしい。素敵すぎです。
網野喜彦の仕事に、中沢家での対話が大いにかかわっていたとか、高校生からの
問いかけに誠実に答えようとする努力が仕事ととして続けられていったとか。
なんかもう、めちゃめちゃかっこいい。
うーん。
網野喜彦もいつか読めるかなあ。。。うーん。そこまで手は回らないかなー。うーん。

そして相変わらず、中沢さんてばなんて色っぽい文章を書くの。。。
読みながらメロメロになりました。素敵ー。
叔父甥関係っていいなー。うう。
なんでこんなに色気があるんだ。もうー。
たまりません。うっとり。
感激のあまり、まだ買ってなかった『精霊の王』も頼んでみました。
読めるかなあ。うー。
楽しみ。
-----
--------
TITLE: ん
AUTHOR: シキ
DATE: 11/24/2004 20:01:07
STATUS: Publish
-----
BODY:
さみしいのを我慢するのがもうイヤだとおもったりする。
これは季節のせい。
日照時間が短くなると鬱になるの。
春になればまた平気だと思う。
とまた平気なふりをする毎日。
まあいいか。
-----
--------
TITLE: いたいけな瞳 5巻
AUTHOR: シキ
DATE: 11/23/2004 21:18:04
STATUS: Publish
-----
BODY:
「いたいけな瞳」5巻(吉野朔実/小学館文庫コミック)

これで完結。
吉野朔実の無垢なる世界。イノセントワールド。

氷った死んだ妻になりたい。
見知らぬ同士でひとつうちに住みたい。
薄紅のスカーフを、欲しいと願う情熱を持ちたい。
せかいでただ、ふたりきり。半分血のつながったおとうとと、あいしあいたい。

完璧な世界。

どうして私は吉野朔実の世界の住人じゃないんだろう。
今すぐ死にたくなる作品たちだ。。。素晴らしい。

完璧な世界。
いたいけな瞳が見ている。
-----
--------
TITLE: ドラマ「弟」2夜
AUTHOR: シキ
DATE: 11/18/2004 22:33:25
STATUS: Publish
-----
BODY:
ドラマ「弟」見ました。
ををー。
予想以上にモエです。きゃ~。
兄の結婚に反対する弟!やさぐれる弟!おにーちゃんについていっちゃう弟!
うーん。
なんて兄弟なんでしょう~。
素敵。。。うっとり。

都知事が長瀬ってどーよ。いい風にやりすぎなのではっ。
でも、なんか、いいよねえ。。。夢みちゃうような兄弟なんだよねえ。
くー。
このおにーちゃんめ!
文才があるって所が曲者ですね。。。ヤラレル。ダメだ。
私は慎太郎さんの本は読んだことないけど。
老後の楽しみにとっとこうかなあ。

映画は見た。
裕次郎はたしかにオーラありまくりだと思う。
ばしびしに「かっこいい!!!!!」のオーラが出てるよねえ。
まさに銀幕のスターだ。
素敵です。
-----
--------
TITLE: 自由を考える
AUTHOR: シキ
DATE: 11/17/2004 22:44:21
STATUS: Publish
-----
BODY:
ピンポン をやってますね。しかし 弟 にややモエな感じ。
途中からしか見れなかったのが残念。

「自由を考える」(東浩紀/大澤真幸/NHKブックス)

9・11移行の現代思想
という副題がついてます。
2003年の本ですね。
自由 ということについての二人の対談、という本です。
が。
こんなもん観客として聞いていてわかんのかー???
んまあ、対談、もともと興味があるから聞きにいくんだろうし、ナマの現場に
いれば、集中して聞くから、わかる、のかなあ。。。うー。
今、この本が出てから一年以上くらい?すぎて。
イラクの大量殺害兵器はなかったということになり。
ブッシュ政権は二期目に入り。
アメリカの暴走は誰にもとめられない。。。

スター・トレックのやおいって、スラッシュ小説ってゆーんだー。へー。
日本だとスポック×カークとかで、×だよねー。向こうじゃ/なんだー。

って、そんなとこにひっかかってどーする(^^;

懸命に、思想というフィールドで現実に向き合おうという姿勢は凄い。
そんで、なんとかしてついていきたいーと思う。
うぐぐー。
ネット社会とか。
自由を失いつつあるのか、そうでないのか。
セキュリティが高くなるのは歓迎だけれども、それで失われることもあるとか。
うぐぐ。
全然知らない思想家(?)とかの名前も出てきて、ああーもうもう、バカな自分がヤに
なるなあ。
日々の単純労働におわれながら、これから、ああワタシは動物、レイバー。。。とかって
へこむやん。
答えの出ていないところです、という本らしいが。
答え、出せるもんなら出してみせろよ、と思う。
大澤さんてひとの本は全然読んだことなかったので、これから気が向いたら読んでみても
いいかなあ。。。とちょっと思ったりでした。
-----
--------
TITLE: 溺れる市民
AUTHOR: シキ
DATE: 11/16/2004 23:25:15
STATUS: Publish
-----
BODY:
「溺れる市民」(島田雅彦/河出書房新社)

東京郊外、眠りが丘。
この町でくりひろげられるさまざまな物語り。

初級編、中級編、上級編、となってまして。
短編集だけども舞台は眠りが丘。それぞれの人。それぞれの関わりとかはない
んだけども、奇妙なトーンは通じ合っているような気がする。

なんかすごくよかった。
面白かった。
ゴミをひろっていたおじいさんの話しとか、きれいな足の小学生の女の子の同級生
の自分だけの想い出とか。女優を見張っていたとか、オナニストの詩とか。
なんなんだ。
やっぱ凄い。。。

美女をゆずっていく話しってなんだろう。これどっかで読んだことあるような感じ。
獏さんだか筒井さんだかに似たような話があるんじゃないかなあ。。。うーんでも
わかんないけど。

私が島田雅彦大好きだからかもだけど、すごく奇妙でうつくしくて、たまりませぬ
という味わいだ。
ああもう。。。溺れる。。。
-----
--------
TITLE: 世界は密室でできている。
AUTHOR: シキ
DATE: 11/15/2004 22:19:52
STATUS: Publish
-----
BODY:
「世界は密室でできている。」(舞城王太郎/講談社ノベルズ)

僕は煙。
僕とルンババは家が隣同士で小さい頃から親友で、福井のしがない中学生でしたよ。
ルンババのお姉さんの涼ちゃんが死んでしまった時にもいっしょに見ていた。
屋根から落ちた涼ちゃんの、死の真相を解決しちゃったルンババは、名探偵として
大活躍することになる。
東京への修学旅行で出会ったヘンな姉妹、椿と榎。
密室事件はどんどん起こる。
ルンババと僕も大きくなる。
そして、涼ちゃんが死んだ時と同じ、19歳になる。

これは参りましたねー。
すごくよかった。
めちゃくちゃ改行少ないやん。会話なのに改行してないやん。
なんもわからんコドモって感じがすごくしてリアル。
インターネットにけっこう馴染んでる自分としてはものすごくフツウな文体に感じる。
でもネットでのほうがもっといっぱいちゃんと改行するよね。
ネット始めてからの方が私は改行とか行開けとか、見やすくするように考えてるけどなー。
まあ。
なんだろう。
バーチャルな感じのほうがリアル。
そんでこのバランスの軽さ、良さ、は、すごいいいなーと思う。
うん。
これいいですね。
私勝手に舞城王太郎はワタシにはダメかもと思っていたけど、読んでみてよかった。
ありがとう。
-----
--------
TITLE: 短歌まみれ
AUTHOR: シキ
DATE: 11/14/2004 20:36:34
STATUS: Publish
-----
BODY:
昨日は名古屋へ行ってきた。
日帰りですよ日帰り。
片道5時間ほど、一日10時間ほど列車に乗ってきたわけです。
うう。。。さすがに帰りは途中から寝てしまいましたー。
出発も早朝5時とかだったし。
それもこれもほむらさんに会いたいからー。
いやえっと、朝日カルチャーであった「プロムナード現代短歌」というので、
鼎談とか朗読とか聞いてきたのです。
しかししかしほむらさんにサインもらうというのがワタシの最大の目的でしたー。
わーん。
最初お見かけしたときはやはり緊張しすぎてやっぱムリ。やっぱ行けないっ、
とかくじけたんだけど。
でも二回目の休憩のときにがんばってサインくださいと言いにいきました。
サインもらったし、私の事を認識してくださってお話をするひととき。。。
うわーーん。
もうー。
舞い上がりました。いっぱいいっぱいでした。必死でした(^^;
すいませんーー。
緊張のあまり固まってしまいました。
ああー幸せ。。。
今日も思い出してはまた宙に浮いてました。。。
無理してがんばって行ってよかった。。。ありがとうございます。

五十嵐さんはじめ、たくさんのかたに御会いできてほんとーによかった。
うれしいやら緊張するやらでほんと充実の一日でした。
ひつまぶしも食べたしー。やっぱ美味しいなあ。最高~。
はすみさんと御一緒したので、行き帰りもずーっと短歌のお話して楽しかった。
短歌まみれの贅沢な一日でした~。
えっとイベントの感想はまた薔薇十字蕩尽短歌のほうに。。。
http://to-jin.cocolog-nifty.com/
-----
--------
TITLE: ただいまー
AUTHOR: シキ
DATE: 11/11/2004 23:29:47
STATUS: Publish
-----
BODY:
って雨じゃん!
天気予報では夜のほうが降水確率低かったのに~~~。
とゆーわけで、ひーさびさに、雨の中、コンビニの透明ビニル傘をさし、
自転車に乗って帰るという夜でした。
送別会だった。
さよなら。
さよならすてきなあなた。
-----
--------
TITLE: 輝夜姫 25巻
AUTHOR: シキ
DATE: 11/10/2004 23:48:16
STATUS: Publish
-----
BODY:
「輝夜姫」25巻(清水玲子/白泉社花とゆめコミックス)

碧が意識を取り戻した。
月が、地球へ衝突するまでの時間が、大幅に早まってくるという予測。
世界に起こる異変。洪水。
月の石を、月へ返すと、シャトルで月へゆく、メンバーが晶に選ばれる。

かなり終盤、という感じがしてきたー。
長いよね。もう25巻か。月の子の二倍にすぎてきた。
ますますうっとりと絵が美しく繊細になり、もう惚れ惚れするばかり。
きれいだなあ。
きれいなきれいなミラー。
きれいなきれいな晶。
きれいなきれいな由。
まゆもなんかイイ子になってきたぞ。

おまけ、で、秘密シリーズの薪さんと青木くんがっっっ。
きゃー!
メロメロです。。。
-----
--------
TITLE: 純愛カウンセリング
AUTHOR: シキ
DATE: 11/09/2004 23:24:14
STATUS: Publish
-----
BODY:
「純愛カウンセリング」(岡村靖幸/ぴあ)

なんと岡村ちゃんの初の単行本!
音楽のハナシじゃなくて、純愛!対談集!
対談相手は、岸田秀(唯幻論者・評論家)、スワッピング嗜好を持つご夫婦、
『ときめきメモリアル』プロデューサー、「恋愛科学研究所」主宰、
新宿二丁目ゲイバーのママ、田原総一朗(ジャーナリスト)、折原みと(少女
漫画家・小説家)、名越康文(精神科医・カウンセラー)。
なんかすごいメンバーで対談なんだなあ。。。

岡村ちゃんが何に興味があるのか。
岡村ちゃんがどんなこと考えてるのか。
岡村ちゃんがどんなふうにしてほしいの~か、とても面白かった。
岡村ちゃんて真面目だなあ。えらいなあ。
わかんないこと、ちゃんと考えてちゃんとわかろうとするんだなあ。
凄い。
大学ってのになんかコンプレックスあるんだなあとかいうの、そうなんだーとか
思ったり。
そこでちゃんと教科書読み直したり、いっぱい本読んだりするんだもんなあ。
偉い。
せつない青春で純愛で純情でそういうジタバタしちゃうところの気持ち、ずーっと
持ってるんだなあ。
素敵。。。
やっぱり大好きだー。
でも大好きだーっていうだけのオンナじゃダメなのねー。
あーやっぱり私ももっとずっといっぱいいろいろ、勉強しちゃったりしないとなあ。
岡村ちゃんにおいてかれないよーにありたい。

今ならいろいろアイテム出せますけどね。
って、岡村ちゃん!きゃ~~~どんなアイテム出せるのおーっきゃ~~。
メロメロです。
-----
--------
TITLE: 電車男
AUTHOR: シキ
DATE: 11/08/2004 23:03:32
STATUS: Publish
-----
BODY:
「電車男」(中野独人/新潮社)

キターーーーーー!
というわけでAAは使いこなせないワタシ。
これが出るって聞いた時には、んーそうなんだーしかし所詮2ちゃんだろ。。。と
ややひいていたんですが。
つられてしまいました。

電車でヨッパライなのか、わけのわからないジジイの絡みから女の子(と、おばさん
たち。どっちかってゆーとおばさんたちのほうが最初のヒガイシャ)をヘタレながら
も助けた22才電車男。
彼女居ない歴がすなわち年令とゆーアキバ系の純情男。
2ちゃんでうじうじしていたものの、その2ちゃんからの励ましで、女の子との
はじめてのおつきあい、へと見事な成長っぷりをとげる。

いやー読み出すと面白くてワクワクドキドキハラハラでもう一気ですね。
すごいなー。
こんなにデキすぎてていいの?リアルラブストーリーとかいってるけどじつは
全部ジサクジエーンだったりしないの?ううわーん。
と、うらやましくてそんな風に思ったりもですわ。
いいですねえ。幸せなカップルになってね。
ほのぼの。

AAの祭りとゆーか。キター!の華やぎっぷりがステキだー。
つい電車男くんに感情移入して見るけど、あー私が見習うべきはエルメス子さんの
方じゃないか。
ステキなおねーさんだ。カマかけてみましたーとか、いろいろ。。。いい感じにリード
してるのね。好意はしっかり伝えあいつつ、ちゃんと告白、というところでは男の子
をたててるし。えらーい。
やっぱり見た目とか整えることもスゴク大事だなー。
そしてなにより勇気なんだなー。
いい話しだった。うん。
-----
--------
TITLE: ついに
AUTHOR: シキ
DATE: 11/07/2004 22:55:53
STATUS: Publish
-----
BODY:
来週の新選組!
予告は「源さん死す!」だってー。(T T)
ああもうほんとラストにむかってる。
予告見ただけで泣けてくるぜ。
今日もかなりきてましたが。
沖田くんがせつない。。。
齋藤さんかっこいい。。。
わーん。
たまりませんねえ。
-----
--------
TITLE: 映画 シークレットウィンドウ
AUTHOR: シキ
DATE: 11/05/2004 22:16:20
STATUS: Publish
-----
BODY:
NHK杯のフィギュアが始まっていた。
いつのまに、といつも思う。毎年、ああもうこんな季節かーと思う。アイスダンスを
今日は見れたのでうれしかった(^^)

映画「シークレットウィンドウ」

作家、モートのもとにある日やってきた謎の男。
お前は俺の話しを盗んだ。
男は決めつけ、つきまといはじめる。モートに盗作の覚えはない。
男をなんとかしてやりたいと思っても、どうにもならない深みにはまるばかり。
愛犬が殺され。
助けを頼んだ相手までも。
どうすれば、いいというのか。

キングの原作は私これはたぶん読んだことない、かな。どうだろ。読んのか。。。う。
なんか結末が原作とチガウらしいけど、原作読みたくなるじゃないか。短編らしいけど。
んー。
まあこれはとにかく、ジョニー・ディップを見る映画(^^)
素敵~~~~。
もしゃもしゃ頭でヨレヨレの服でてんで冴えないんだけどもたまらなくかっこよくて
セクシーだ。素敵だー。
なんか、ちょっとした仕草の一つ一つがぐっとくるなあ。うっとり。
煙草吸うのも、ジョニーなら許す!んもうーかっこいいー。
チコ(愛犬)も可愛かった。
ドリトスが食べたくなった。
って、そんな感想でいいのかワタシ!
面白かったです。うん。
-----
--------
TITLE: 2010カネモリ
AUTHOR: シキ
DATE: 11/04/2004 21:43:02
STATUS: Publish
-----
BODY:
「2010カネモリ」(西炯子/新書館ウィングス文庫)

三番町萩原屋の美人 選集EX.1
とゆーわけで、カネモリくんの子孫がタイムマシーンでやってきた話しとか
お波ちゃんがやってきた話しと。
面白かった。大満足。うん。
この前のは御隠居さんの話しで。
今回はカネモリくんか。
次は島田か?(^^)楽しみー!

西さんのお話はやっぱ軽さと感動とのバランスが最高~。うますぎる。
進藤くんのことすごくいいなーと。
そっか。
それで島田がパリ行きゲットしたんだな(^^;忘れてたよ。

島田としづ乃ちゃんのカップルがかなりステキ。しづ乃さま~、どんなヒト
なのか全然わかんないけどステキですぅ~。きゃ~~。
いいですねえ。
-----
--------
TITLE: 九十九十九
AUTHOR: シキ
DATE: 11/03/2004 21:56:40
STATUS: Publish
-----
BODY:
「九十九十九」(舞城王太郎/講談社ノベルズ)

名探偵九十九十九。
あまりの美しさに産まれおちた瞬間から、医師も看護婦も失神してしまった。
鈴木君だけが彼の顔を隠して、彼を連れ出した。
美しすぎる九十九十九。
そして彼は不可解な事件を解決するでっちあげを並べてゆく運命にむかう。

舞城王太郎に挑戦~と、図書館で借りられたのがこれしかなかったので。。。
ファンだ、という友達にも入門書としてもっともふさわしくないです、と嘆かれ
つつ、いやあ、ちゃんと読みました。
清涼院流水よりこれのほうがずっとよかったよ。
でもこれも素直に面白かったとかハマッタとかは言えねえ(^^;
なんだよなんだよ。
メタミステリなんてもう今さらー。メタ小説なんて今さらーー。
筒井康隆なんかを懐かしく思い出してみたりしました。
あとやっぱ竹本健治のハコですな。
まあいいけど。
マジメなファンは、ちゃんと、えっとこれが四話で第六話が、とか読み返したり
するんでしょうか。。。それは私にはムリ。。。
こんなむちゃでも、やっぱテーマは愛なんだなあ。
つーかすべての物語はやはり愛なのか。

目玉よくぽろぽろ取り出していたけど、それちょっとうらやましい。
私も今目玉取り出してしっかりピカピカに洗いたいよ。左目の奥になんかつまってる
ような気がするんだよな。あーもう。

またなんか他のも読もう、と思います。
大好きってわけにはいかないけど、これからも読むでしょう。
これを読み切れたって事は他のはもっと面白く読めるのかな~。楽しみ。
-----
--------
TITLE: 陽気なギャングが地球を回す
AUTHOR: シキ
DATE: 11/02/2004 23:40:53
STATUS: Publish
-----
BODY:
「陽気なギャングが地球を回す」(伊坂幸太郎/祥伝社ノンノベルズ)

銀行強盗は四人いる。
車で逃走するには四人がぴったり。
冷静な成瀬。演説好きの饗野。犬みたいな好青年久遠。クールで熱い母である雪子。
銀行強盗をするにはコツがある。
通報させないこと。金を奪ったらさっさと逃げる。
シンプルに徹するのだ。
とまあそんなこんなで、四人の銀行強盗が実行され、しかし不運な事故にぶつかる。
ちょうど仕事帰りの現金輸送車ジャック犯とぶつかりかけて、車とせっかくの金を
奪われてしまったのだ。
銀行強盗と現金輸送車ジャック。
ふた組の犯罪者がぶつかる偶然。
偶然?

和製ブロックかと感心するだろうし とかいう見返しのホメ言葉がありましたが、
ええー。ブロックのほうが上手い。まあ当然。ブロックの本は買いたいが私はまだ
伊坂幸太郎の本は買わないなあ。
このお話はたぶん3作目くらい、なのかな。まだこれからうまくなっていくよーという
途中かも。アヒルと鴨とかのが上手い感じ、かなあ。まあどうだろう。
会話はスマートだし面白いし、登場人物たちも魅力的。久遠かわいいじゃーんと思うし
成瀬さんもかっこいいし饗野も面白いし雪子も潔い。
まあでも大好き!になるほどのアクの強さがないのがものたりないのかも。。。
って、これはまあ贅沢かなあ。
面白いし上手いとおもうので、もっともっと、って求めちゃうところかもしれない。
90分くらいの軽快な映画が好きです というあとがきにあるように、そういう感じ
の作品としてはとても成功してるんじゃないでしょうか。
ロマンはどこだ。
ロマンを求めるステキな世界だと思います。
-----
--------
TITLE: 映画「コラテラル」
AUTHOR: シキ
DATE: 11/01/2004 22:19:39
STATUS: Publish
-----
BODY:
映画「コラテラル」

タクシードライバーのマックス。夢があるんだ。最高のリムジンサービスの会社を
始めたいんだ。
ロスの道路事情には詳しく、客のほうに得になるよう、渋滞をうまく切り抜ける。
不思議と和ませてくれるマックスに、アニーは名刺を渡しておいた。
ありがとう、リラックスできたわ。
そのあとの客は、サングラスをかけた、ビジネスマン風の男。
彼もマックスの運転を気にいったようで、不動産関係のビジネスなんだが、今夜
のうちに5人のところを回らなくちゃいけない。サインをして書類をそろえたいんだ。
一晩、マックスを借りきりたい、という、たっぷりの代金とともにもちかけられた。
悪くない話しに思えた。
そのビジネスが、ホントは不動産関係なんかじゃなく、殺しであるとわかるまでは。

殺し屋がでてきて、ガンガン銃も撃つけど、アクション映画って感じでもなかった。
会話劇だなあ。
基本的にタクシーの中のシーンが多いわけで。
クールな殺し屋、ヴィンセント役がトム。
笑顔も少なく、優しさなんてない。うーん。トム。それでもかっこいい~。素敵~。
し、しかし、シリアスな話しだけども、おいおい、ヴィンセント、殺し屋としては
あんたかなりマヌケなんじゃないの。。。と、いろいろツッコミたいところがたくさん(^^;
まあいいけど。
マックスのほうが面白いかも知れない。
あんまり派手ではないけど、なかなか面白かったなー。
もともとはどっかの映画なんだっけ。もとの映画も機会があれば見てみたいかもと
思った。
-----
--------

|

« 2004年10月 | Main | 2004年12月 »

さるさる日記より」カテゴリの記事