« 2002年8月 | Main | 2002年10月 »

2002年9月

TITLE: テレビがつまんないよ
AUTHOR: シキ
DATE: 09/30/2002 22:42:28
STATUS: Publish
-----
BODY:
あ。カウンタが9000みたいだ。嬉しい(^^)みなさまありがとう。

秋だねえというところで。
テレビ番組が特番ばかりでつまんねえ。
まともにテレビをのんびり見る時間がないんだよなあ。
まあ、暇でも、たいていなにかしながら、テレビをつけっぱなしという暮らし
なので、じっくりテレビ見たりはいつもしてないんだけど。

映画見に行きたいなあ。
イノセント・ボーイズ とか。
あとなんだけっけ。いろいろみたーい、と思っているのがある。
今週はいけるかな。がんばろっと。
-----
--------
TITLE: 黄昏時鼎談
AUTHOR: シキ
DATE: 09/29/2002 21:13:18
STATUS: Publish
-----
BODY:
指先が痛いです。
さっくりと、紙をですね。爪にさしてしまった?んです。
痛いね。
紙程度でこのシクシクと痛むのが続くわけで。爪剥ぎだとかの拷問っってほんっっっっと
痛いだろうね。
ダメだ。私は絶対拷問とか耐えられないね。あっというまに白状するね。
私に秘密はもらさないのがよろしかろう。

で。
「黄昏時鼎談」(わかつきめぐみ/白泉社文庫)

ひさーしぶりに漫画を買ってみたりして。
わかつきめぐみさん、好きなんだよね。でもあんまりコミック買ってないなあ。
これはそーとー昔の短編だとかももろもろ収録されてる短編集ですね。
結構読んでる。すき好き、というのがいっぱい入っててうれしかった(^^)

甘いラブラブ、ほんのりくちどけ淡い砂糖菓子みたいな恋物語もあり。
なんだか奇妙な、もののけくんだったり、綺麗な魚だったりな、不思議なお話あり。
私がとくに好きなのーといえば、鶉山の主様と、梔子山の茜姫さまのお話(^^)
可愛い。微笑ましい。和風なのも素敵。いいわ~。
いとこの都世さまがまた好きだったのよ。口説きまくりの浮かれ男。でもイイヤツという。
いいわ~。女口説くのが好きで硬派なヤツ~。

夏の青空を染める染め物師だとか。心をもってるコンピュータとか。
どれもこれもどれもこれも素敵です。
絵の感じもすき。たしかに、むかーしの絵って、今見ると拙い感じとかあるよね。それでも
それも好きだったのよ。
白くて細い線で可愛らしくて儚くて。
この人の漫画で、きれいな言葉とかたくさん知ったね。使えてないけど。
広辞苑だとかを最初から、ずーっと、お気に入りの言葉だけ抜き書きしてマイ辞書を
作った、とかいう話をどっかで読んだことあるよーな気がする。私も真似したいと思った
のだよねえ。実行してないけど。いつかまねしよう。。。私のお気に入りマイ辞書を
つくろう。きれいな言葉を、素敵な言葉を、集めて使ってゆきたいものです。
-----
--------
TITLE: 夜長
AUTHOR: シキ
DATE: 09/28/2002 23:48:49
STATUS: Publish
-----
BODY:
窓をあけるとひんやりとした空気が流れ込んでくる。
長袖のパジャマに変えた。
ふんわり羽毛布団に早くもくるまって眠るシアワセになってきてる。
夜が気持ち良くて好きだ。
どこにもいかなくていい。
ヒトリでいるのがいい。
静かな夜を気侭に過ごせることで、本当にほっとしている。
ではおやすみなさい。
-----
--------
TITLE: 真珠夫人 完結編
AUTHOR: シキ
DATE: 09/27/2002 23:02:41
STATUS: Publish
-----
BODY:
二年待って。
わたくし、この純白の真珠にかけて誓いますわ。きっと。きれいな身体のままで、
あなたのもとへ帰ってきます。

って。瑠璃子~~~~。どーしてそんな復讐するの~~~。どーして二年なの~??
一年じゃダメなの?
とまあ。
なにかと強烈な昼ドラだった、「真珠夫人」の完結版とゆーか。総集編だよね。
あのラストから二年後、というのがあるというのがお楽しみだったんだけど。
あんなに、胃ガンで転移もあちこちあって、余命3ヶ月、とかいってたのに、奇蹟の
回復してたりするのかしら???と思っていたけど。さすがに死んでいたね(^^;
いやあよかったよかった。
そして留璃子のそっくりさん。若かりし留璃子と直也のような、約束を交わしていた
二人に出会う、直也親子。
んまあ。
菊池さん、ってそれは菊池寛のことってことかしら~。まあ。なんだかなあ、な、おまけ
でした。

インパクトあるドラマだったなあ。
原作だと冒頭の、青木くんのお話とか、ちゃんと一応ドラマでもカタチを変えてやって
いたんだね~。連続ドラマのころは、あんまりちゃんと見れてなかったんで。原作とは
かなりかけ離れた話だなあと思っていたんだけど。
でもなんといっても圧巻は登美子だよな~。
伝説のたわしコロッケ!!!(^^)いやあ。登美子は、強烈だった。。。
原作もなにもあったもんじゃございません。登美子なくして真珠夫人の面白さはナイ
だろうなあと思いますわ。。。
第3部んときの、直也さんにつきまとってた女なんか、名前さえ出てこなかったもんね、
今日は(^^;そうだよね~。あいつは影うすかったよな。

やはり大袈裟な演技やセリフが癖になる強烈さ(^^)とてもとても面白可笑しかったわ。
きよらかな身体のままでねえ。
直也さんはやりまくりじゃねーか。ああもうまったく(^^)
まさに名作、ですわね(^^)
-----
--------
TITLE: 猫も近寄る秋の気配
AUTHOR: シキ
DATE: 09/26/2002 22:17:26
STATUS: Publish
-----
BODY:
ぼーーーんやりした一日だった。
ゆーべはひーさびさに、お友達と楽しく飲んだ。
美味しいカクテルというのは高いなあ。でも高いだけあって美味しいなあ。
ジャックローズ。お気に入りだ。

で。本日は寝て~。お風呂にものーんびり入って。
猫にゃんがちょっと近寄ってくるようになって。涼しくなってきたので、
猫もくっついてくるようになった。夏の間は、お互い暑苦しいと思うのか、
近寄ってこなかったんだけどね。甘えてはきてたんだけど。
今日はごろーんとしてる私のお腹の上とかで猫が丸くなっていたのでした。
秋ねえ。

明日からはまるまる一週間休みナシの週だ。がんばれ自分~。ふう。
-----
--------
TITLE: 猫にゃんのダイエット
AUTHOR: シキ
DATE: 09/24/2002 21:39:40
STATUS: Publish
-----
BODY:
猫にゃんは、ダイエットに成功しつつあるみたい。
そーだよね~。食事控えめにしてやって、行動範囲も少しだけ広がってる
わけで、運動量も少しは増えただろうし。
というわけで、現在4キロになったのでした。あと1キロくらい減ったほうが
いいのかなあ。
まあ。あまりストレスためたりしない程度に気をつけてやろう。
で。
私のほうは一向に変化無し。
ダメダメやん。
猫にゃんを見習って(つーか私がそーしてやってるわけなんだけど)
食事を控えめに。運動を多めに。
そー、心掛けてるハズなんだけど~。おかしいなあ。
って。でもたぶんそれでもやっぱり食べ過ぎなんだろーかなあ。
ま。
これから食欲の秋にならないように気をつけよ~。ふ。
-----
--------
TITLE: 文庫 絡新婦の理
AUTHOR: シキ
DATE: 09/23/2002 23:13:41
STATUS: Publish
-----
BODY:
「絡新婦の理」(京極夏彦/講談社文庫)

しかけられた蜘蛛の網。
見方によって絡みは変わる。仕掛けた犯人は、ただ、見ているだけ。
からみとられ、登場人物たちは、事件の作者を、糾弾するしか、ないのだ。

分厚い分厚い文庫。
じっくり読むぜ~と思っていたけれども、やっぱり読み終わってしまうのね。
読んでる最中の耽溺の至福。
重いよ~と思いながらもそれは幸せな重みです。
もっともっともっっともっっっっっと、読み続けていたいよなあ。
でも読み終わっちゃったよ。
フェミニズムの話しもしごくまっとうですね。いい入門編になるかもしんない。
といっても、まくしたてるそばからさくさくと崩されてる、かな。いやえっと。
多数の方向から見る、ということをきちんと主張されてるわけで、視野が狭く
なるのを防ぐ感じで私はとても好きだ。
碧が可哀想だったなあ。
愛しい子よ。

エノキヅさんの出番は少なめだよな~。
ああ益田くんってここから参加なわけだ。
京極堂、やっぱやけにかっこいいよなあ。
エノキヅさんと、京極堂が礼拝堂(?)で顔をよせてひそひそやってるシーンが
一番もえたね。ああもう。ふふふ~。好き~~~。

ああ~。早く新刊でないかなあ。う~。
単発じゃなくてさ~。エノキヅさんにあいたいのよ。。。京極堂シリーズはどう
なってんだよう。はあ。

あでやかで静かでうつくしい桜の情景に始まり終わる。素晴らしい作品でした。
-----
--------
TITLE: かむべいべ岡村ちゃん~
AUTHOR: シキ
DATE: 09/22/2002 21:10:45
STATUS: Publish
-----
BODY:
うわーん~もう~~~~~~~~~~~~~~~~っっっっ。
メロメロ。
うっとり。
とろける。
ころして。
スッバラシイ。
岡村ちゃん、愛してる~~~~~~~~~~~っっっ。

ひーさびさに岡村ちゃんの新曲、ですね。
おくればせながらゲット。
聞いてます。
嗚呼。素敵。
やられてます。
やっぱ好きだわ。
せくしーだわ。
どおしたらいいのかしら。
いい声だわ。
淫らでたまんないわ。
冷たく見下してあげましょう。
意地悪く笑ってあげましょう。
たっぷり愛をもって。極上に酷いことしてあげたくなっちゃうよ。

石野卓球とゆー人のことを私は良く知らないのです。電気グルーヴなのですって?
ん~。そういうサウンドかなあこの作品は。
でもいいの。岡村ちゃんの声を聞いて。素晴らしい歌にうっとりできるから。
嬉しい。うれしい。うれしいよ。
毎晩このうた聞いて眠ろう。
夢で出会えますように。
芸術のようなキスをしてね。
-----
--------
TITLE: 厚いよ
AUTHOR: シキ
DATE: 09/20/2002 00:18:23
STATUS: Publish
-----
BODY:
京極堂の文庫。
ジョロウグモノコトワリ。
凄い分厚さで思わず笑っちゃうよね。
嗚呼しかし至福の時。眠らずにいつまでも読み続けたい。。。
いやいやでももう寝ないと。明日はまだ仕事よっ。でも読み続けたいよね~。
-----
--------
TITLE: 映画 インソムニア
AUTHOR: シキ
DATE: 09/18/2002 23:58:05
STATUS: Publish
-----
BODY:
映画「インソムニア」

アラスカ。
白夜。
眠れない、刑事。

レイトショーで、仕事帰りに見たもので。刑事と同じく、ぼんやりとした
眠気にくらくら朦朧とする感じが共感~。なので、よかった。
お話は、えーと。
うしろめたいところのある刑事が、犯人にゆさぶられて、真犯人をみのがして
でっちあげて濡れ衣をきせて。
事件解決、として町を出ていこうとするんだけれども。
きわどいところで、踏み止まった、ってところか。
アラスカの大自然。白夜の朦朧感がいっぱいの映画だった。
見るのなら夜。この酩酊感に共感してくのが一番いいかと思う。。。
なんか凄い驚きとか、インパクトとかあるわけじゃないなあと思う。
アル・パチーノがヨレヨレになっていく感じがいいと思った。
ロビン・ウィリアムズ?鼻がインパクトあるなあ、って、そんなことが印象に
残ってしまったよ(^^;

アラスカ~といえば、 たどりつけばアラスカ だなあ。と。これは一人勝手に
楽しく思い出した。アラスカが舞台のアメリカの(?たぶん?)テレビドラマを
かつて深夜にすごく楽しみに見ていたのさ。
町の警官のなかに、やはり現地人みたいな(先住民、というべき?)人がいて
おーやはり~と思ったりしたさ。
たどりつけばアラスカ また見たいなあ。ビデオとかなんかあるのかなあ。。。
-----
--------
TITLE: どうしたらいいんだろう
AUTHOR: シキ
DATE: 09/17/2002 22:11:04
STATUS: Publish
-----
BODY:
今日はよく働いた気がする。
目に見えて成果があることだったのでちょっと嬉しかったかも。

ところで北朝鮮だ。
日本人の拉致された人のうち、8人は死亡を確認したという。
それでも、ある程度のことを認めたというのはびっくりもした。。。
遺族の方の、小泉首相の会見を見たあとの会見、ってのは。見ているのが辛い。
うーーん。。。

どうしたらいいんだろう。
-----
--------
TITLE: つやつや
AUTHOR: シキ
DATE: 09/15/2002 22:04:34
STATUS: Publish
-----
BODY:
猫にゃんはかなり嫌がるのだけれども。
いい子いい子、となだめながら、少しだけ、ブラッシングなぞしてみる。
うわお。
とびっくりな抜け毛です。(^^;
ラバーブラシというのか、ゴムみたいなので、痛くはないと思うんだけども、
慣れない感触なので、イヤなんだろう。
あんまりじっくりとブラッシングできない。
だから毛も思う存分とってやれないなあ。
でもまあ。
ほんの少しなのに、ちゃんと毛がツヤツヤしてきて手触り良くなってる感じ
だからすごいわ。
やっぱ手入れって何ごとにつけても大事ね。
-----
--------
TITLE: 月とチョコレート
AUTHOR: シキ
DATE: 09/14/2002 20:27:18
STATUS: Publish
-----
BODY:
月が今夜は半月くらい、かな。
月がきれいだなあ、なんて眺めるようになって。
秋を少し、感じます。

秋になってきたなといえば、チョコレート~(^^)
新しく出てきたお菓子たちをちょこちょこと買いはじめてしまいました。。。
秋冬の楽しみはやっぱチョコレートよ~。熱いコーヒーよ~。
ふ。
いつまでもダイエットは無理ね。まあいっか。(かなり挫折な日々^^;)
-----
--------
TITLE: よくわからないねじ
AUTHOR: シキ
DATE: 09/11/2002 22:11:50
STATUS: Publish
-----
BODY:
ハモネプを見ていたら結構感動しちゃった。
やっぱ全国大会、みーんな上手いわ~。凄いわ~。アレンジがそれぞれ
かっこいいよなあ。面白い。
大都会 とか、川の流れのように とか。かっこいい~。感動~。
つくづく思うのは、もともとの歌が素晴らしいのだ~ってことかなあ。
大都会 の、あの、クリスタルキングだっけ。やっぱオリジナルの人の声の
よさにはかなわねーよなあと思ったり。ま当然か。プロと、アマチュア、かなあ。
それにしても人の声だけで、あーんなにいろんな音が出て、ハモってかっこよくって
凄い。歌はいいねえ。

で。
関係はないんだけれども、本の感想。

「よくわからないねじ」(宮沢章夫/新潮文庫)

「百年目の青空」という本の文庫化、だそうです。ん~。フフフ。やっぱすごーく
可笑しくて面白くてヘンで最高だなあ(^^)
あ、ムフフ と笑うべきなのですね。うむ。
ひとりで夜中に、じゃなくて、オフロで楽しく読みました。帯びの注意を守らなくて
ごめんなさい。
いやあ。読み終わるのがもったいなくて、ゆっくりゆっくり読んだよ~。

言葉づかいというか。文章の感覚が独特。なんか可笑しい。なんでだろうね。
目のつけどころがなんかヘン。なんでそういうことに気付くんだろう。凄い。
「飽きました」とかいい。「だめにむかって」なんて最高~!(^^)ああ。私も
だめの聖性にむかって精進したい。そして飽きてしまうのだ。
嗚呼。
たしかに、大人が手をあげるのはばかに見える。そんなことだから日本の政治は
ダメになっちゃったんだろうか。聖なるダメには程遠いダメですね。ダメだだめだ。
いいなあ。宮沢章夫のエッセイは。
ぜひぜひぜひとも、みなさまにもおすすめしたいところです。
-----
--------
TITLE: 赤緑黒白
AUTHOR: シキ
DATE: 09/10/2002 22:04:43
STATUS: Publish
-----
BODY:
「赤緑黒白」(森博嗣/講談社ノベルズ)

Vシリーズクライマックス!だそうで。これでひとまず、終わり、ですね?
いやあ。へっくんってやっぱり。そうか~。またしてもきれいさっぱり騙されて
ました~。かの天才もちょこっと登場~だったりして。ああ。サービスいっぱい
なんですね。天才がいっぱいじゃないか。紅子さんにあの人にへっくんに。
秋野くんってだれだ~。前に出てきたことあったっけ。覚えがない(^^;
なんかもう。どこまで続くのでしょう。森ワールド~。次の作品ももう当然決まって
書かれてるよーだし。今度はどーなるのかなあ。

えっと。
この作品は。
死体を、赤く、スプレーペンキで念入りに塗装し放置するという事件があった。
その死体となった男の名前は、赤井、だった。
次に殺されたのは、ミドリという名をもつ女性。緑に、塗装されていた。
次は黒。次は白。
この連続殺人に、一体どんな意味があるのか?

ということ。
んまあそーゆーことはべつにどうでもいいかと思ってしまうあたり。。。まあ私
ミステリファンじゃないから(^^;ただのミステリ好きだからさ。
ホロクサさんえらくかっこいいじゃないですか。
れんちゃんはしこさんとどーこーなるのでしょうか。
まあ、それはどうでもいいか。
まあ。ヘンに哲学的なのも、詩的なのも、相変わらずでしょうか。
好きになれねーなあ。
ん~。
さてさて。今後も読み続けることにしようかやめようか、悩むなあ。。。
こーしてつながっていくんだとすると、なんか気になるので読みたいかも。。。
あーあ。ビジネス上手な森センセイには参るなあ。。。
-----
--------
TITLE: 猫ふんじゃった
AUTHOR: シキ
DATE: 09/08/2002 21:45:46
STATUS: Publish
-----
BODY:
踏んじゃったよ。足下にくっついてきてるから。
ごめん~。わざとじゃないんだよ~(^^;

ンギャッ!!! と、すごい声してぴゅっと逃げました~。
ごめんごめん~っと、おいかけて。一応ふつうに歩いてたし動いてたし
骨が折れたとかいうことはないようだ。
ごめんね。わざとじゃないよ。大丈夫?大丈夫?ときいてみても、んもう~
痛いよっ酷いわっバカバカ!という感じで、するりと逃げる。
そっと近寄ってごめんねといって、ちょこっとなでる。ごめんごめん。仲直り、
といって。

それからお風呂に入ってると、いつものように にゃ~お とやってきた。
御機嫌は直ったのかしら。よかったよかった~。
というわけで、にゃんこは今日もお風呂のお湯をペロペロ飲んで。ピピピッと
ぬれた足先をふって、お風呂タイム満喫でした。
猫舌じゃないのかねえ。お風呂のお湯が好きだよなあ。。。

まだ微妙に怒られてる感じはするけどな。ごめんにゃ。
-----
--------
TITLE: アイスクリィム
AUTHOR: シキ
DATE: 09/07/2002 22:51:28
STATUS: Publish
-----
BODY:
アイスクリィム。
ああシアワセのアイスクリーム~。

美味しいケーキ屋さんというか、お菓子屋さんで、アイスクリームも初めて買って
みた。
4種類くらいあったかなあ。
なんか、こだわりの手作り~だそうで。その日の朝につくったものなんだってさ~。
なくなるとおしまい、ですね。
んまあこれがまたとっっっっっても美味しかった~(^^)
私が本日買ったのは、ラズベリーと、牛乳~だったのですが。
コクのあるしっかり美味しいアイスクリィムというのでは、私はハーゲンダッツが
かーなりお気に入りなんですが。
そーゆーのとはまた全然違っていて。
さっぱり系ですね。
甘過ぎることなく。
そんで口溶けがすごーーーくまろやか~というか。ふんわりしてるの~。
美味です~。
その日の朝につくるから、日替わりらしい。でもたぶん牛乳なんかは毎日ありそう
な気がするけどねえ。
そして季節も限定なので~もう9月いっぱいしかないらしい。
うわーん。
これは今月せっせと通うか?!自分!?と思っちゃいましたね。
どーしよっかなあ。
嗚呼。シアワセのアイスクリィムの悩みです。
-----
--------
TITLE: 映画「リターナー」
AUTHOR: シキ
DATE: 09/07/2002 00:13:40
STATUS: Publish
-----
BODY:
映画「リターナー」

2084年の未来。人類は、戦争の最中にあった。宇宙からの敵。ダグラ。
最後の希望をかけて、戦争をとめるために、少女、ミリは、2002年へやってきた。
宇宙からの敵の、最初の一匹を、殺すために。

たった一人で闘いを挑むミリは、ミヤモトを無理矢理まきこんでゆく。
最初はまるで信じないで、振り回されるだけだった、殺し屋、ミヤモト。
それでも、ミリの懸命な目をみて。また、中国がらみのヤクザ、ミゾグチが
共通の敵となり、宇宙人や宇宙船を目の当たりにして、ともに、闘うことになる。
人類の未来を救えるのはたった二人。時間は翌日の夜明けまで、か。

いや~も~金城くんがあああーー~~(^^)かっこいいよう~~~っっ。
きゃ~。私もアルデンテ食べたいよ~きゃ~。キッチンにたつ金城くんをみただけでも
大満足ぞく!
いえもちろん、作品そのものを大いに楽しみました。面白かったです。
いろーんなかっこいいとこどりだよなあ。E.T だし、ミッションインポッシブル2
だし、マトリックス だし。しかし相棒にもってくるのが鈴木杏である、少女である、
あたり。日本映画だよなあ。。。ちょうど予告編のとき、マトリックスの2とかを見た
のだけども。ああもうキアヌもトリニティもかっこいいとも!この上なくかっこいいとも!
たまりませんわ!!!
金城くんはとってもとってもかっこいい!まあ、相棒にすんのが大人の女だと、なんか
色恋がらみになるっぽくって、感動爽やかにいけなくってダメなのかしら。ん~。
まあ、いいけど。
キキキリンがやはりまたイイ味です。岸谷五郎もクレイジーでいいっすね。
日本人たちが英語やら北京語やらしゃべってたなあ。金城くんは日本語オンリーだった、かな。
逆だなあ。そんなこんなで、金城くんの台詞が棒読みっぽいとか思う(^^)素敵だ~(^^)

変型する飛行機とか、映像もかっこよかったなあ。
しかし、怪我したちびっこの大事な宇宙人をかかえて、そんなにブンブンふりまわして
いいのかよ!いいのか!?心配しちゃったぜ。
なにかとたっぷり楽しみました~。金城くんかっこいいわあ。うっとり。よかったよかった。
-----
--------
TITLE: 熱氷
AUTHOR: シキ
DATE: 09/05/2002 22:00:57
STATUS: Publish
-----
BODY:
「熱氷」(五條瑛/講談社)

テロリストの系譜 
石澤家と菅原家とを追って書かれたルポらしき文章。
それにはさまれて、展開してゆく、その、たくらみ。脅迫。誘拐。
テロリストの、ほんとうのねらいは、愛する女をめぐる、深い絶望と哀しみだった。

氷山を撃つハンターとしてカナダで暮らしていた石澤のもとに、突然の知らせ。
姉の朱音の、死の知らせであった。
ひとり残された忘れ形見、光晴。小学生の彼は、色覚異常があった。
そのことが、朱音を愛した男に疑いをもたせるきっかけとなった。
子供のころひきとられた、実の姉弟ではないという事実が、いつしか仲のよい姉弟の
絆をゆがめる視線となった。
どうしようもないこと。
疑いをもちだせばきりがなく。そしてそれぞれの意志でもどうしようもない心の惑い。
愛情というものは、どうしてこんなにままならないものなのか。
人の心というものは、どうして単純なままでいられないのか。
あまりにも哀しいと思う。せつないと思う。きっかけは、誰も悪くないのに。
強すぎる情というものは、憎しみに、変わるものなのだろうか。

五條さんの作品は、家族というのがいつもこのうえなく深く、大切に、描かれている
と思う。
この強い絆。私はしかし、家族とさほど強い絆を感じているわけではないんだけれども。
うーん。家族。家族って、自分じゃどうしようもないものだからなあというのは切実に
感じるけれどもなあ。ほんと。どうしようもないことなんだよなあ。だからどうにも
しようがないんだなあ。。。うーん。

スワローとグースとか、純とマヤとか、素敵な登場人物たちにうっとり。
深く、熱い読みごたえに満足。

政治とか面白いと思ってきたし。なんか小説も現実も混沌としてきてしまう。
どーするんだ小泉首相!どーなるんだ北朝鮮。はあ。世の中大変だよね。
小説のように、結末のつくことばかりならいいのに。生きるって大変だな~。
-----
--------
TITLE: どうしようもない電話
AUTHOR: シキ
DATE: 09/04/2002 22:06:16
STATUS: Publish
-----
BODY:
わけのわからない電話にでてしまうと。
なんだかもうどうしようもない気分になる。

悪戯電話というわけでもないのだろうけれども。
ハアハアエッチ系なわけじゃなくて。
ただ要領を得ないまま、何を言いたいのか、こちらの話しを聞いている
のかどうか、全然わけがわからないまま、ガチャンといきなり電話を
切られる。
怒りの余り、とかいうキレて電話も切った!という感じでもなく、まったく
唐突で。
とりのこされたワタシは、受話器を握りしめたまま、なによなんだよなんなんだ???
と一瞬真っ白になるしかない。
怒るべきか哀しむべきか、気持ち悪いよう~と可愛くおびえてみるべきか。
まあとりあえず笑い話にするしかないんですよね。

まったく。
わけのわからない電話というのは、どうにも相手が唐突に消えてしまうわけで。
ほんとーにもうどうしようもないのです。
-----
--------
TITLE: 本日の感想
AUTHOR: シキ
DATE: 09/02/2002 22:44:05
STATUS: Publish
-----
BODY:
仕事してるぞ~。
はふー。
疲れてるぞ~。でも結構楽しいかもしれない。
-----
--------
TITLE: 映画「ピンポン」
AUTHOR: シキ
DATE: 09/01/2002 22:13:13
STATUS: Publish
-----
BODY:
映画「ピンポン」

星野と月本。卓球のラケットに、星と、月のマーク。Tシャツにも。
幼馴染み。
眼鏡でいじめられっこだった小学生の頃。月本を助けたのは星野だった。
学校をさぼって。毎日忙しいんだ、という星野。卓球するんだ。毎日。そして、
卓球を教えてくれた星野。月本にとって、星野は、ヒーローだった。

高校生になっても無邪気で自信満々な星野。ペコ。笑わないからスマイル
って、不愛想でクールでいじめられっこなまんまらしい、月本。なにもかもイヤ
なんだ。どこかで弱気なまんまのスマイル。それでも、卓球の才能がある、って
周りに見込まれて。
ペコは総体予選で負けてへこんで、月本は先いって。
おりゃあ~と。ペコは立ち直って。誰よりも高くへ、飛んでいった。

なんてゆーかもう、すごーーーーく!面白かったっ(^^)
いいねえ。ペコとスマイル。なんか心の声で会話してんだもんっ。
幼馴染みで、ヒーローで。でもその彼を追いこしてしまっちゃったりしそうで。
なにもかもイヤになって孤独で、不安だったんだろう~。月本くんめちゃめちゃ
かっこいいよ~。そんで、余裕かましてるようでも、月本に置いてかれそうだって
感じてきていて。負けて。へこんで。それでも、月本が待ってる、って、立ち上がり
飛び立つ星野。んも~。かっこいいようっ。
二人の愛がっ。ラブラブがっ。たまりませんでした~~~~。きゃ~~~(^^)
なんか月本くんみんなにラブコールされてて、でも、ヒーローはやっぱ星野じゃないと
ダメなんだよねん。ああ素敵~~~(^^)

相変わらずヘンでおもしろおかしく演技最高な竹中直人コーチ。ふふふ~。いやあ
今日本映画でちょっとクレイジーっつったら、もう彼しかいないのでしょうか~(^^)
そんで、夏木マリが、ばあさんが、とっても渋くてかっこいいわ~。いいな~。
ライバルの風間もこわくて渋くてかっこいいわ~。ふふ~。いいなあ。いいなあ。
キャプテン(?)の太田もなんか情けなさげで、でも月本ラブになっちゃってて
笑ったなあ。佐久間もイイやつ。みんなみんなすごくよかったっ。卓球シーンも最高~!

窪塚くんは細くて、目が大きくて睫毛長くてきれいな子だ~。いい顔するしなあ。
そんでしっかり男!だしなあ。かっこいいー。すごいー。好きだ(^^)いい映画見たわ。大満足!
-----
--------

|

« 2002年8月 | Main | 2002年10月 »

さるさる日記より」カテゴリの記事