« 2002年9月 | Main | 2002年11月 »

2002年10月

TITLE: コミック二冊とコンサート
AUTHOR: シキ
DATE: 10/31/2002 22:52:57
STATUS: Publish
-----
BODY:
「アーシアン」2(高河ゆん/集英社)

完結版の2。なんか展開が早い~~~。とか思っちゃうけど。うーん。そっか。
たぶん一巻に前のコミックの1.5巻ぶんくらい?はいってるのかな。
まあこんなもんか~。
前は一巻一巻、まちあぐねて必死で読んだものだもんな~。
ちはやと影艶と、もう離れない、っていってるとこまできてます。
うう~。
影艶お姫さまだ(^^)きれい~。

今度、ほんとーに最後まで、が、出るんだよね。来月が楽しみ~。
番外編?とかの 秘密の花園 も、すごーく楽しみ~(^^)

「蒼天航路」26(王欣太/講談社モーニングKC)

儒教と、そんなに対立することはマズイことなのか。
うーん。わたくしが馬鹿だから、なんかピンとこないです。まあでも。
キリスト教文化圏でキリスト教を愚弄するようなことなのか?ん~。どうだろ。。
儒教って一体~。
曹操さまは相変わらずかっこいいわ~。パワフルだ~(^^)

シュウユが死んでしまったなあ。。。あー。
このコミックでは孔明さまとはちゃんと会わなかったよーな。赤壁がなんか全然
違ったもんな。
一応。孔明さまもちゃんと生きて仕事してるらしくなってたのでよかった。
今後また出番はあるんだろうか~。楽しみにしておこう。

今日は。コンサートにいってきた(^^)
ウラディーミル・アシュケナージ指揮 フィルハーモニア管弦楽団
プログラムはチャイコフスキー。でも曲名とか忘れたな(^^;
指揮のおじーさまはとてもキュートだった。
音楽ってやはり光りだなあ。きらきらしてる。華麗だ。うっとりだ。素晴らしかった~。
-----
--------
TITLE: シンジケート
AUTHOR: シキ
DATE: 10/29/2002 22:33:45
STATUS: Publish
-----
BODY:
「シンジケート」(穂村弘/沖積舎)

穂村氏の第一歌集。
わーい。やっと手に入れた。
やっぱり綺麗な本です。大好きだ。
短歌って、こういうのでもいいのね。と。うっとり。

いくつか、好きなうた。

「あなたがたの心はとても邪悪です」と牧師の瞳も素敵な五月

「酔ってるの?あたしが誰かわかってる?」「ブーフーウーのウーじゃないかな」

フェンシングの面(マスク)抱きて風殺すより美しく「嘘だけど好き」

花びらに洗われながら泣いている人にはトローチの口移し

声がでないおまえのためにミニチュアの救急車が運ぶ浅田あめ

抱きたいといえば笑うかはつなつの光に洗われるラムネ玉

などなどなど。
素敵だ~と思う。
牧師とか神父とか、天使とかシスターとか、なんかそういうモチーフ?がけっこう
あるなあと思う。そういうものなの?
恋も楽し気にしてるんじゃないの~と思う。そういうものなの?
五月の歌はいいな。私五月生まれだし。
桃から生まれた男 とかの謎がとけたわ。ここに出てくるのね。ふむふむ。
短歌ってきれいだな。
かっこいいわ。
大好きです。
-----
--------
TITLE: ビデオ「ハリーポッターと賢者の石」
AUTHOR: シキ
DATE: 10/28/2002 23:51:32
STATUS: Publish
-----
BODY:
寒い~。一気に寒くなってきました。
手袋を買ったよ。
ついでに、フリースで大きめな靴下も買ったよ。お部屋ではくの。ピンクで花柄なの。
へへ。
冬支度。
マフラーはもう買ってるんだ。明日からはまいていこう~かな。

ビデオレンタルしてきました。
「ハリーポッターと賢者の石」
まだ見てなかったんだよ。

やはりテレビで見るんじゃあちゃちぃよな~。映画館で見たかったよ。
そんでやっぱなんかいいシーンは、予告でたいていみちゃってるわ、という感じ(^^;
ダメじゃん。
んまあでも面白かった~。
んま~なんというか、シンデレラストーリーかなあ、男の子版。のび太くんだ、と
ゆー評判もきいたような気がするけど、でものび太よりは出来がいいじゃん。
ハリーは実際優秀な血をひいてて能力あるんじゃーん。
ハーマイオニーはとっても可愛いわ(^^)すき好き。
いじわる役らしいドラゴくん(?)はでもいまいち魅力なし。原作のほうがもっと
意地悪らしい。そうかなのか。ん~。金髪でいいとこのボンボンらしくって、私の
好きそうな感じなんだけどな~。いまんとこまったく魅力なし。。。ん~。楽しくない。

どうやらお話がすすんでいくにつれて、ただ子供たちの夢と冒険、って楽しいだけの
話じゃなくなっていくらしいので、今後に期待、かなあ。
でも原作読む気になるのはいつだろう。。。

これで安心して「秘密の部屋」を見に行ける(^^)映画は見るの楽しみなのです。
-----
--------
TITLE: 手紙魔まみ、夏の引っ越し(ウサギ連れ)
AUTHOR: シキ
DATE: 10/27/2002 22:51:34
STATUS: Publish
-----
BODY:
「手紙魔まみ、夏の引っ越し(ウサギ連れ)」(穂村弘/小学館)

ほむらさんとこにお手紙が届いたらしい。
最初はフツウのファンレター?だったらしい。
でもどんどんどんどん届いたらしい。
ほむほむへ、って届いたらしい。
571通のまみからの手紙。すごく面白かったらしい。ただ事じゃない手紙らしい。

いいなあ。

穂村氏の短歌なのか、まみちゃんのお手紙なのか。よくわかんないんだよね。
まみちゃんってのもほんとーのハナシなのかどうかもわかんないんだよね。
でもまみちゃんっているみたい。ごーふるたうんにいるみたいだなあ。
まみちゃんって一体?
なんかこう、こんな女の子に惚れられてみたいわ~と、とても思いました。
自分がこんな女の子にはもーなれませんからね。
友達にもたぶんなれない。というか、なってもらえなさそう。ほむらさんと仲良しで
よかったね。らぶらぶ?なんかもう全然なにがどうなんだかわかんないけど、いいな~
と思う。イラストもとてもキュートです。素敵な本だなあ。
島田雅彦のことも好きなのかもしれないと思ったりした。

いくつか、好きなうた。

目覚めたら息まっしろで、これはもう、ほんかくてきよ、ほんかくてき

「凍る、燃える、凍る、燃える」と花びら毟る宇宙飛行士

こんなにもふたりで空を見上げてる 生きてることがおいのりになる

ろまんちっくですねえ。ん~。
-----
--------
TITLE: 映画「大暴れ風来坊」
AUTHOR: シキ
DATE: 10/26/2002 21:54:06
STATUS: Publish
-----
BODY:
寒くなってきた~。もうすぐ冬?手袋が必要だなあ。

映画「大暴れ風来坊」

映画祭で上映されてました。1960年。日本。日活よ~。主演、小林旭。
ヒロインのお嬢さんは浅丘ルリ子。共演、宍戸錠。
松山へ向かう船の中。裕福そうな男が、財布をすられる。そして、それを取りかえす、
男。ギターを持った風来坊。素敵よ~(^^)
宍戸くんはもと神父?らしい。クロスのネックレスをかかえ、十字を切って粋がる
のよ~。旭は、流れ者の風来坊。正義を愛する男、らしい。
ルリ子は、石油会社のお嬢さん。しかし、経営難かなんかで、パパは苦労してる
らしい。そして、共同出資をしましょう、とかいう、オオタグロというのが、善人
ぶってて、実はすべての黒幕、ってな感じ。
ストーリーとしては、水戸黄門みたいなもの。旭が実は刑事だったりするのよ。
そんで、悪人をつかまえて、お嬢さんたちは助かって、別れてゆくの。
お嬢さんと風来坊はほのかに淡くお互いを想いあうんだけれども、結ばれはしない。
風来坊だからね(^^)なんかもう、とにかく、いろんなものが今見るとオカシイ。
そして面白い!なんで歌って登場するんだよ~。なにもかも都合よく運ぶんだよう~。
旭~!錠~!きゃ~。かっこいい~(^^)
ルリ子がまたほんとに華奢で可憐で目がぱっちり大きくて、お嬢さんなのよ~。
そりゃあ守ってやらねばと思うわね~。言葉もきれい。昔の日本映画らしい、って思う
よね。キザすすぎる台詞。キメすぎのポーズ。お嬢さんはきれいな言葉。素敵~。
お洋服もなんか可愛いし。クラシカルな感じが今みても新鮮だったりするのねえ。
昔の町並みもいい感じ。昔の自動車もいい感じ。楽しいわ。

さすが昔の映画。というか。お客さんもかつての、お嬢さんがたがたくさんで。
やっぱこういうイベントっていいのかもねと思った。すごーく久しぶりに映画きたな
って人が多かったんじゃないかなあ。
やっぱ名画座みたいなのも、ひとつはあるといいのになあと思った。
-----
--------
TITLE: 世界音痴
AUTHOR: シキ
DATE: 10/25/2002 23:33:24
STATUS: Publish
-----
BODY:
「世界音痴」(穂村弘/小学館)

エッセイ集。
赤いシャツを着て、回る回転寿司の前でぼつんと座る穂村氏の写真が表紙。
奇妙だ。

ごく短いエッセイで。面白かった~。
そんで、最後に歌のってたり、誰かの歌をひいていたり。
自意識過剰で身動きとれない感じとか、えーと、カンタンに分かる分かるとか
いっちゃいけないと思うけどでも、ん~そうそう。と。思ったりする。
でも私ここまでヘンになれない、、、と、深い挫折を味わったりして。短歌も
つくれないし。もっと駄目駄目気分。。。
エッセイ?なのか、虚構?なのか、よくわかんなかったり。
まあそうだよね。穂村弘氏のほんとうのことなんてひとつも知らないんだもの。
何を書いてあっても、そうなんだ~へ~面白い~。と、思うしかないね。

ぶ、ぶたのことだよね?
とか、なんかすごく可愛い~と思わされてしまう。私やっぱりこの人の文章、言葉
が凄く好きなんだなと思う。
彼女もたくさんいたみたいじゃないか。友達もたくさんいるみたいじゃないか。
素敵な人ですよ、十分。素晴らしい!

人生の経験値、は、私12コ○ついたよ。しゃぶしゃぶも食べたぞ。13コだ。あ、不吉
な数だ。なんとなく。。。それでもそれは平均的人間ってことなのかしら?つまらない
かしら?うーん。うーん。悩むところだ。。。

肩凝りがホントに直る?青汁で?世界音痴でぐるぐる回り
-----
--------
TITLE: 寄生獣のラスト
AUTHOR: シキ
DATE: 10/25/2002 00:03:46
STATUS: Publish
-----
BODY:
かーなり久しぶりにビリヤードをした。
もともと上手いわけじゃないんだけれども。まあまあちゃんと当たったぞ~。
でも大事なところでミスが。。。力みすぎてしまうのだろう。。。嗚呼。。。

寄生獣 (岩明均/講談社アフタヌーンKC)
やっとやっと、最後を読んだ。
数年前に初めて読んだんだけども、その時、とちゅうまでしかなくて、ラストは
どーーーーなるのーーーー。というのが長年の疑問だったのでした。
なんか凄い。
面白かった。
よくうまくまとまってるなあ。
かなり感動。。。
ホントは好きな絵でもないし~。でもその絵のインパクトがすっっごい、ってところで
ひきこまれ。読み進むうちに凄い深いテーマだ、と感動し。
人間ってなんだ。
と。
思いますね。
それでも生きよう。生きよう。生きよう。と。思い強くなるのだね。
やっと最後まで読めてまんぞく。よかったよかった。
-----
--------
TITLE: 短歌という爆弾
AUTHOR: シキ
DATE: 10/23/2002 23:08:07
STATUS: Publish
-----
BODY:
「短歌という爆弾」(穂村弘/小学館)

今すぐ歌人になりたいあなたのために
というサブタイのついた本。前に読んだ「短歌はプロに訊け!」(本の雑誌社)
と同時期発売だったらしい。
こっちにも 猫又 のうたが載ってる。
吉野さんの歌もある。いいねえ。やっぱり、吉野さんの絵が浮かぶ。まあ勝手ながら。。。

世界を覆す呪文と爆弾としての短歌をつくろう、という本ですね。
短歌の仲間を見つけようとか。同人誌とはとか、朗読会とは、みたいなのが、
穂村氏の経験をもとに紹介されてて、面白い。そういうことをしてるのですかみんな?
不思議だ。。。
仲間はほしいが、お世話はできない。と思うよーなワタクシには、短歌結社とかに
入るのは無理なんだろうか。。。短歌の仲間なんて出来ないんだろう。。。と。
読むにつれへこむ。。。

短歌の読み、を、詳しく解説、してくれている。
短歌とは、共感と驚異だ。だとか。非常時に歌は生まれるだとか。えーと。
私というものとか、入力型と出力型とか。
わかりやすい。というか、ほう、そう読むのですね、と、とても勉強になる~という
気分になります。面白いし。

しかし~。
自分みたいな小市民で平凡で、際立つ個性もとりえも深みもなにもないヤツは
短歌なんてつくれないような。。。作ろうと思えば定型にあてはめるだけはできる
だろうけれども、やっぱそれは才能なさそうというかやはり平凡でつまらないことに
しかならないわけで。。。全然無理っぽい。。。と。いきなり挫折しそうです。
穂村さん。
まあ。いい歌をつくろう、なんて、つくれるわけないか。
まだ始まってもいねーですし。
なんか始めろ、自分~。

滅茶苦茶にダメでヘコんでボロボロでそれでも言おう負けないわ、と。
-----
--------
TITLE: エキセントリクス 1・2
AUTHOR: シキ
DATE: 10/22/2002 20:38:56
STATUS: Publish
-----
BODY:
「エキセントリクス」1、2(吉野朔実/小学館文庫コミック)

 E の絵。
なにかが欲しかった女の子。見つけたのは E。スペシャルな、E。

混乱を愛して。という。自我をわけあわない双子。
記憶をなくした千寿。
エキセントリックな、人々。

コミック買ってたな~と思いつつ、やはり文庫でも買ってしまいました。
きれいな絵。きれいな言葉。きれいな世界。くるってるけど。
やっぱりどうにもラストがよくわかりません(^^;どーなってるんでしょう。。。
わかんないくせに。それでもいいけどね、とか思ったりして。
きれいな女の子。きれいな女の子。きれいなきれいな人たち。
吉野さんの世界はいつもたまらなく哀しくなる。あんまりきれいで。はりつめた
薄い硝子のあやうさ。
溺れずに、覚めた目で見つめているのにね。
夢なのかな?
強く信じてる夢なのかな。
わからない。。。

きれいなきれいな女の子には絶対になれない。きれいなきれいな女の子とは
あまりにもかけ離れてる。だからたまらなく吉野さんの世界に憧れる。絶対に
手の届かない世界。絶対に。絶対に、かなわい夢の世界だ。
きれいで透明で冷たい世界。
私の理想の世界です。
-----
--------
TITLE: 覘き小平次
AUTHOR: シキ
DATE: 10/21/2002 23:48:42
STATUS: Publish
-----
BODY:
「覘き小平次」(京極夏彦/中央公論新社)

本当の、幽霊のようだ。
役者小平次は、何一つ演じられぬ役者で、落ちぶれものだったが、幽霊の役だけ
は、見るものの背筋を冷たくした。
舞台のないときであっても。幽霊のような男。
うちのなかでもひっそりと。押し入れに隠って、わずかな隙間から世間を覘いている。
なにもできない。なにもしない。何も、見ない。なにも語らず。うすっぺらなもので
ありたいと、願うのか。

京極怪談、なんて帯びに書いてある。
こわい。
こわいけれども、まさに舞台を見ているよう。鮮やかであった。凄い。
言葉に、語りに、酩酊してしまう。嗚呼。私、ほんとーーーーに、京極さんの
言葉が文章が世界が呼吸が情景が大好きなんだわ。肌からしみ込んでくるような
気がするよ。ああでも。しみ込んでくるのが小平次じゃあ嫌だなあ。

又市とか。お~。それは知った名前であるなあとか。そーゆーのがちょっと嬉しい
かもしれない。でも登場してくるわけじゃないので、まあ、別の話だよな。
京極世界は、あちこちに広がりつつあるのですね。素晴らしい。

歌仙が、いいねえ。情けないけれども。最後は色っぽくてよかった。
血みどろシーンなのに。なんて静かで色っぽい。凄まじくもうつくしい。
まさに舞台だ。
かっこいい。

もとねたというか、こはだ小平次という怪談は私はまたしても知らないわけで。
ん~。もとねたとかも気になるところ。。。もの知らずでいかんなあ。
んむ~。しかし到底妖怪馬鹿になれるわけもなく。京極さんに楽しませてもらいたい
と、思う。
-----
--------
TITLE: ガーリッシュ
AUTHOR: シキ
DATE: 10/20/2002 23:45:16
STATUS: Publish
-----
BODY:
「ガーリッシュ」(林あまり/集英社)

遠野一実イラスト。
きれいなきれいな、可愛いイラストとともに、いかにも「少女」である、
甘い恋の歌が季節ごとに描かれている。
うーん。
甘い。
べたつく甘さでないのがいいところ、かな。
やはり女の子は、恋してこそなのでしょうか。ううう~~~ん。

好きな歌、は、えーと。この中からは見つけられず。
どーにも女の子らしさに欠けるワタシなんだろーかと思ってみたり。
まあ、いーんだけども。
ああ。
そうか。
なんか、正しい女の子像、な感じがしてしまうのがひかれないところかもしれない。
そう思ってしまうのも私の勝手な思い込みだけど。
深く読み込めてないのか。
あるいはヒガミ根性(^^;そんな可愛い恋してないし、という。。。
ああ。卑屈になるのはイヤだわ。
この本と私は会わないのよ、と。開き直っておきましょう。
乙女な魂磨きたい私だけれども。「ガーリッシュ」にはならなくていい。
-----
--------
TITLE: ドライ ドライ アイス
AUTHOR: シキ
DATE: 10/19/2002 22:34:18
STATUS: Publish
-----
BODY:
「ドライ ドライ アイス」(穂村弘/沖積舎)

現代短歌セレクション
穂村氏の第ニ歌集。
黒を青。薄い、大事なノートを借りてきたような感じがする、クールな歌集ですね。

穂村氏の歌って、クール。で。セクシー。
かっこいい~。
大好きだなあ。惚れてしまうよなあ。うーん。素敵だ。

「叫びながら目覚める夜の心臓は鳩時計から飛び出した鳩」
は、短歌ではない。子供の頃の思い出話?でも本当かどうかなんてわからないし
それはどうでもいい。短い文章。でもとても好きだ。パッポー。

この中で好きな歌。いくつか。

水銀灯ひとつひとつに一羽づつ鳥が眠っている夜明け前

眼を閉じて耳をふさいで金星がどれだかわかったら舌で指せ

鳩を追いかけ回したり声あげて泣いてもいいのは五才までだぞ

ん~。いいねえ。
そしてしかし。
そういう女が好きなわけ???と、問い詰めてみたいよーな気もします。
いやまあ問いつめなくてもいいんだけどね。
-----
--------
TITLE: 短歌パラダイス
AUTHOR: シキ
DATE: 10/18/2002 23:35:37
STATUS: Publish
-----
BODY:
「短歌パラダイス」(小林恭ニ/岩波新書)

歌合二十四番勝負 
短歌と短歌が一対一で勝負を競う遊びを現代に蘇らせよう、という試み、らしいです。
泊まりがけで歌人たちが集まって。
真剣勝負の真剣遊び。
なんだかとってもとっても楽しそうだった~。

歌を詠む人が、歌人「うたよみ」あるいは、方人「かたうど」という、らしい。
念人「おもいびと」。自分のチームの方人の歌を応援し、相手のうたをこきおろす
役割。
方人頭「かたうどのとう」は、方人のリーダーで方人の歌にアドバイスをしたり
する。
講師「こうじ」は歌を読みあげる人。読師「とくし」は講師のアシスタント。
「かずさし」は(漢字出すのがメンドウ~)勝負の数を読みあげる少年。
そして判者。
こういった役割で勝負してゆく、ようです。

歌は、作者の解説などなくてもわかるほうがよい、のだよな。
そして、どれほどその歌を、読み込めるか。どう解釈し、どう認めるか。
批評の目を競う遊びのように思った。
歌って、歌って。
やはりカンタンにできるようでいて、カンタンではないなあと思う。
どう読むか。
読み手である自分が試されているよーだ。
どこまで解釈できるか。読み手の知性、想像力、審美眼を試されてしまうものなの~。
面白い。
すごく面白いです。

あ。穂村弘さんの方のチームをやっぱ応援しちゃうね。1997年の本だし、そもそも
本になってる時点でとーっくに勝負は終わってるってわかってても。読みながらわくわく
楽しんだのでした。
-----
--------
TITLE: 短歌はプロに訊け!
AUTHOR: シキ
DATE: 10/17/2002 21:28:56
STATUS: Publish
-----
BODY:
ふふふ。ついに、アンドレフィギュアに当たりました!わーい(^^)
これで、最初の目的は達したかなあ。全種類そろったわけじゃないけども、
一応は満足~。ん~。しかしあと2種類か。。。やはりまた買ってしまいそう
だよ。。。ああ。せいぜい8種類のフィギュアでよかった。。。もっと多かったら
どれほど無駄なお金を使うのだろうワタシ。。。おそろしい~。

「短歌はプロに訊け!」(穂村弘 東直子 沢田康彦/本の雑誌社)

猫又 という、短歌結社があるそうです。
とある日思い立った沢田氏がファックスにて知人に送りはじめたのがきっかけ
らしい。
素人で漫画家も主婦もOLも女優もプロレスラーも大工も小学生もメンバらしいです。
面白そうだ。分かりやすそうだ。短歌初心者にぴったりなのではないか。
と、そう思ってパラパラめくってると。吉野朔実さんの名が。
そっか~。
吉野さんも短歌を詠む、と、なんだっけ。なんかの文庫の解説にあったような気がする。
そーだ。東直子さんて、その解説書いてた人なような気がする。(違うかも。ん~)
そーだ。私が短歌に興味もったのも、やっぱ、この吉野さんのことも心に残ってた
からだよなあ。と。あれこれ思ってみたり。
吉野さんの歌が読みたい。どー解説されてるのかも読みたい。というわけでお買い上げ
しました。まさに勢いです。。。出会いです。出会いって突然よね。なんちゃって。

ほんとーになんか楽しいし、なんか私にもできそうとか思わせてくれるし、
すごーく為になることもいっぱいかも。短歌に限らず。言葉を遊ぶとか、選ぶとか
いうことについて。
いや~。いいなあ。
私も短歌で遊びたい。
そして、穂村弘とゆー人に惚れました。かっちょいい。
いや、顔とかは良く知らないけど。なんか天才らしい。おー。かっちょいい。好き~。
吉野さんと、食事なさった時に、芽きゃべつを知らなくて教わって、歌を送ったと
ゆー話がとっっっっっても好きだった。可愛い。じゃあこれもこれも知らないでしょ、
とか言われてるのがすごい可愛い。いいな~。吉野さんと食事したってことがいいなあ
なのかな。なんにせよ、すっごく心をつかまれてしまった。
その大好きになってしまった歌

芽きゃべつを覚えましたと嘘をつく四月 芽きゃべつなんか知らない  穂村弘

大好きです。
-----
--------
TITLE: 君の鳥は歌を歌える
AUTHOR: シキ
DATE: 10/16/2002 22:03:53
STATUS: Publish
-----
BODY:
「君の鳥は歌を歌える」(枡野浩一/角川文庫)

鳩よ! で、連載していたコラムをまとめたもの、だそうです。
同じタイトルでCDも出してるそーで。ミュージシャンとのコラボレートっつーの
でしょうか。
多岐に渡って御活躍なのですね。ますのさん。

映画とか、本とか、なんかいろいろいろについて、コラムで語り、そして
それを題材に歌を詠む、というスタイル。コラムもするどい~、ような。そして
歌もいいねえと思う。
しかし自画自賛がおおいです(^^;ますのさん。ちょっとひいてしまいます。
ん~。
売り出し中!ということで懸命なのだな~と。そういうがんばりも凄いなあと
思うんだけれども。

猫にゃんのハナシもあって、それは結構ツライもんもあって。ああ私も猫をいっぱい
可愛がろう~と思う。

この中で好きなの。
本の一番最初。北野武の映画「キッズ・リターン」について。

まだ何も始めちゃいないおれたちにあしたがあるというおそろしさ

世界の北野、ですね~。しかし私は映画、この キッズ・リターン しか見たこと
ないの。大好きだった。そう。そのラストシーンのセリフも、大好きだった。
この本のここ読んで、そーだリリー・フランキーの「日本のみなさんさようなら」
も買ってみたんだった。

ほかにもかなり、好きな歌いっぱい。うーん。素敵だ。
書き写していったらきりがない。短歌って短いから、延々引用カンタンにできちゃう
なあ。でもあんまり書き写していっちゃいけないのかな。著作権?うーん。わかんない
けど。
でも好きなうたいっぱい。覚えてゆこう、と思う。
-----
--------
TITLE: ハッピーロンリーウォーリーソング
AUTHOR: シキ
DATE: 10/15/2002 22:38:13
STATUS: Publish
-----
BODY:
「ハッピーロンリーウォーリーソング」(枡野浩一/角川文庫)

短歌です。
この本がまず気になったのがきっかけかなあ。ダ・ヴィンチで、たぶん南Q太さんが
紹介してたよーな気がする。
別に南Q太さんが好きでもなんでもないんだけど。(読んだことないし)でもなんか
その記事読んだ時、気になったんだよね。
それから結構時間がたって。
先日突然思い立った。
短歌をつくってみたい~。
で。
気になっていたこの本を探して。
枡野さんは、南さんと結婚してたのかあ。と。気付く。いや~。なんか。そう
だったのですか。詳しい事情はわかんないけど、なんかいいな~とか思ったね。

短歌の本とざくざくといくつか買ったり借りて読んでます。
短歌、いいなあ。知れば知る程難しい~ようにも思う。けど。とても楽しい。

この本の中で、いくつか好きな歌。

真夜中の電話に出ると「もうぼくをさがさないで」とウォーリーの声

詩人にはならないという約束を交わす二十歳の聖なる儀式

無駄だろう?意味ないだろう?馬鹿だろう?今さらだろう?でもやるんだよ!

冗談はさておきという一言で気づきましたよ 冗談ですか

バイバイと鳴く動物がアフリカの砂漠で昨夜発見された

読むとなれば、文庫一冊ぶんくらいの短歌。あっというま。まさに短歌。文字は
とても少ないわけで。
自分にしっくりおちてくる歌を見つけて。好きになって。覚えて。力になって
ゆくんだなあと思う。深い意味なんてわかんなくても。好きになればいいんだなと思う。
-----
--------
TITLE: 「ジャスト・ラヴァーズ」「甘えんじゃねえよ!」
AUTHOR: シキ
DATE: 10/14/2002 21:37:57
STATUS: Publish
-----
BODY:
「ジャスト・ラヴァーズ」(桜沢エリカ/マガジンハウス)

桜沢エリカの漫画って読むの初めて。絵はよーく知ってる気がするんだけどね。
なんか、ワタシが読むものではないな~と思っていた。
さらりとした線。イマドキなきれい可愛い女の子たち。恋の話。
そーゆーイメージ。
まあ、実際これ読んでも、イメージどおりだ。。。と思ったのだけれども。
女の子たちは気侭で可愛くてヒドイ女だったりもする。さらりときれい可愛いお話。
でも深読みしよーと思えばいくらでもできそう、というのが凄いのかなあ。
恋って世界一大事だよな~と、思ってみたり。
好きじゃあないと思うけど、いいね~とも思う。ちょっとこういうの、読んでみたり
して、大人になったじゃないか自分、と思ったり。アホか。いい年して(^^;
ハズカシイっすね。

「甘えんじゃねえよ!」(吉田戦車/スコラ)

吉田戦車っていえば 伝染るんです だ。と。イメージ固定しちゃってて、
他の漫画って読んでないのでした。
相変わらず不条理で可笑しかった。あはは。

って。
まあ。こういう4コマに感想なんて書けねーよー。私ブンゲイヒョウロンカじゃ
ねえしな。
みっちゃんの母みたいになるってのも、野望としていいかも。。。
うーん。しかし素質がないか。。。ワタシじゃ平凡人間すぎるね。
-----
--------
TITLE: 映画「八つ墓村」
AUTHOR: シキ
DATE: 10/14/2002 01:12:09
STATUS: Publish
-----
BODY:
映画「八つ墓村」

渥美清が金田一なやつ。結構昔の、かな。
山崎努も若かった。ショーケン?萩原健一?が、いい味だった。若くてひょろっと
してて。セリフはすごく少なくて。黙っていても存在感あり、なのね。
しかし渥美清。。。
金田一のイメージはわきません(^^;あ~寅さんがなんか言ってる。と。
思ってしまいましたね。

映画、すごい長いの。。。
2時間半以上、だったよな~。おそろしい。何よりその長さがおそろしいわあ。
たたりじゃ~と叫ぶオババとか、なんか、誇大に強調されてるテレビドラマなんか
とは違って、結構地味だった。いや、まあ強烈ではあるんだけどね。
32人殺しのおとーさんも、怖かった。おかしくはない。
全体にとても暗いので。淡々と話はすすむ。演技も押さえ目、だよね。
市原悦子ともう一人の大おばさまたち、小梅さんと小竹さん。やっぱこのばーさん
たちがインパクトあるかな~。
そして延々延々延々とつづく、洞くつの中。鍾乳洞?
日本中のあらゆる洞くつでロケしたんじゃないのか~という勢い。暗くて濡れてて
閉息感いっぱい。これは参る。。。
監督って洞くつフェチなんだろーかと思ったね。。。

因縁の、落ち武者殺しのシーンは、おそろしく残虐。怖い。なんでそんな殺し方
すんだよおお、というくらい残虐。今のスプラッタものよりよほど痛そうで怖い
よーな気がする。なんだろ。画面の暗さかなあ。激しいのに静けさのあるつくり
かなあ。メイクなんかもじつはちゃちいと思うのに。迫力ある。役者が上手かったのか?

ともあれ。
長い映画だった。。。映画館じゃなきゃ、私は見れない映画だったなあ。うちで
ぼけっとみてたら絶対寝るね。。。だれるね。しかしまあ、見に行っておいてよかった。
-----
--------
TITLE: 映画「GO」
AUTHOR: シキ
DATE: 10/12/2002 22:19:19
STATUS: Publish
-----
BODY:
映画「GO」

せ、青春だっ。
親父、渋い~。
かっこいい。
かっこいい映画だ。
よくできてる。すげえ。賞総なめなのも納得。これは強いよな。。。

なによりもなによりも。窪塚くんがすげえと思う。
この場合杉原、か。
でも、窪塚くんが、この映画を機に、どかっと大きくなっていったことを思うと。
(今見てこその感想だな)
広い世界を見てゆくんだね。
かっこいいよ。

殴り倒してくれる。ぜってー負けねえ親父がいるって、男の子にとって大変な
ことであり、このうえない幸福でもあるのだろう。
情けなかったり、ださくってうんざりだったり、それでも強い負けない親父。
かっこいいっす。

しかし、あのー。サクライ。ああいう女の子がやっぱいいわけですか~。
不思議ちゃん?つーかまあ。。。まあ。柴咲コウだからいいのかな~。かっこいい
っすね。睫毛長いわ~。可愛いわ~。そりゃ彼女なら不思議ちゃんでもいいわけか。。。
いや~。でも~。うーん。ああいう女の子がいいわけですか(^^;
男なんてなあ。。。

杉原の反応が可愛かったなあ。
オペラ見に行かない?っていわれて。クラシックやレーズンのはいったカレーは嫌い
なんじゃないのか。でもオペラ。
「はー。オペラみるんだオレ~」
か、可愛い。なんていい反応だ~。

ジョンイルくんの話は辛いな。かっこいいよ。友情も、かっこいいよ。

そう。なにもかも。素晴らしくかっこいい。素晴らしい勢い。すごいよ、うん。参りました。
-----
--------
TITLE: 日本のみなさんさようなら
AUTHOR: シキ
DATE: 10/12/2002 00:15:54
STATUS: Publish
-----
BODY:
「日本のみなさんさようなら」(リリー・フランキー/文春文庫+)

邦画の紹介である。
紹介っつーか。邦画を見て、コラムとイラストを書いている。ということでした。

面白いなあ。
なんか凄い。
B級、な映画とか、にっかつロマンポルノちっくなやつもあり。
読んでると気になって、その映画みたいやんか~と思ってしまう。のせられてる(^^;

邦画って私はあまり見てないよなあとつくづく思う。
まあ、映画そのものも、数はあんまり見てないし。ビデオレンタルを利用しないから
昔のものもよく知らない。なんとなく、知ってるのも多いけど、実際自分で見て、
思い出が残ってるってのは少ない。
この本で紹介されてるので見てるのってほんと数えるほどだったなあ。
まあ。マニアックなものがいっぱい紹介されてるんだ~ということでもあるけどさ。

美輪さまの、「黒蜥蜴」は見たよ~。うんうん。若くてひょろっとした田村正和
みたよ~。そうそう。
「キッズ・リターン」は、そうだよね。あの決め台詞で十分だよ~。十分に、感動も
冷たさも、あったよ~。陳腐とよびたくば呼べ。ふふん。
やっぱ黒澤明をしっかり見直すべきかなあ。
うーん。
女囚さそり ってのも気になるじゃないかあああ。
なんか、しょーもなさそうな感じがすごくするのに、そのしょーもなさを確かめて
みたくなるよ。リリーさん、すごいわさすが。
かっこいいのはかっこいい。面白いのは面白い。素直な感想がやはり一番強いのじゃ
ないでしょうか。いいなあ。映画をいっぱい楽しもう~と思うね。
映画を見てなくても知らなくても、クスリニヤリと大いに笑えて大満足でした。
-----
--------
TITLE: 日米開戦
AUTHOR: シキ
DATE: 10/10/2002 23:33:45
STATUS: Publish
-----
BODY:
「日米開戦」上下(トム・クランシー/新潮文庫)

矢俣は、戦争で家族を亡くしていた。あれから大人になって、ありあまる
金を手にした男は、サイパンに土地を買った。
復讐の、始まりだった。

んも~。
トム・クランシーって、面白そうかもと思って手をだした私が悪うございました。
読めなかった~。
一ヶ月くらいかかったっけかなあ。読みはじめてから。
まあまあ分厚いほうな文庫本2冊とはいえ、京極夏彦なら一冊分か?てなくらいの
厚みですね。京極なら、一晩で読むよ。
読めねえ。
面白くない。。。
世の中の人はみんなこれ面白いんでしょうか。。。わかんね~。
一応がんばって読み切りったけどね。。下巻の後半くらいからはけっこう面白かった
かな。つまり、それまでは延々ツラカッタわけです。
私が馬鹿なのでしょうか。。。やっぱトム・クランシーのものは映画で見たい、と
切に思いました。
映画だと面白いよね~。

ジャック・ライアンくんは、よき家庭人であり、緊急時に役立つ男、として、
国家安全保障ナントカ官として今回もなんとか戦争を拡大させないように懸命の
努力です。うぬ~。
でも日本だからな。アメリカめ~、と、憎くなってしまうので(^^;ますます
つまんないっす~。
今どきの戦争は。まず経済戦争だよな。と、納得。
リアルだ、といえばリアル、なのだろう~。リアルな分、面白くねーという。。。気が
する。
うーんー。
あ、そう。民間飛行機で、アメリカにつっこむ、とゆー。あのテロもどきみたいな
シーンもありましたね。今読むとこわい話。リアルであるってのは。
ともあれ。
もうダメです。もう原作読みたいなんて言わないよ~。ライアンくんには映画で出会いたい。
-----
--------
TITLE: 映画「完全犯罪クラブ」
AUTHOR: シキ
DATE: 10/09/2002 23:58:00
STATUS: Publish
-----
BODY:
映画 「完全犯罪クラブ」

ジャスティンは天才少年。
いつも本を片手に。真の自由は犯罪の中にある、という論文を書いて発表
したりする。
リチャードは、家が金持ち。かっこよくてノリもよくてスーパー高校生として
誰もが知ってる人気者。
学校では仲のいいそぶりのない二人だったが、断崖のそばにある古びたロッジで、
密かに完全犯罪の計画を練っている秘密を共有していた。

とまあ。
頭いい少年たちの、ゲームとしての犯罪と、それを追い詰めてゆく刑事達の、話し。
サンドラ・ブロックが主演?で、殺されかけたトラウマをもつ刑事。少年達を追い詰め
ながら、自分自身との闘いでもある、ってとこ。
しかしかし。
モエたのは~、ジャスティンとリチャードのラブラブっぷりですね。
天才でも孤独なジャスティンに、人気者なはずのリチャードは異常に執着してるよー
だったわ。
ジャスティンに彼女ができそーだとなると、その女とやっちゃって、そのビデオを
とって、みせつけるリチャード。
自分だけがお前の凄さをわかってるんだせ。
とラブラブ台詞だぜ~。きゃ~。まあ、まっとうに解釈すれば、殺人という秘密を、
女と親しくなったりして話だしてしまわないかと心配して、他の人間と離しておきたい
というところ、なのかもしれないけどさ。
いいわ~。妙にベタベタくっついて、ジャスティンのほうは迷惑そうだったりそっけ
なかったり、天才だからクールだったりするんだけどさ。
それでも、リチャードにいいところ見せたいから、「待てよ」と、さってゆくリチャード
をひきとめる。
どうやって二人は親しくなったか、とかは全然描かれてないんだけど~。
何っ。なんなの~この二人の関係は~!!!
互いの執着がいい感じだ。裏切りも、甘美だ。泣きそうな二人が、可愛いわ。
や~。
いまいちマイナな感じだけど、見に行ってよかった(^^)
-----
--------
TITLE: ゴシック&ロリータバイブル vol.6
AUTHOR: シキ
DATE: 10/08/2002 21:25:49
STATUS: Publish
-----
BODY:
ゴシック&ロリータバイブル vol.6

ゴスロリバイブルももー6なんですね~。
ゴスロリって結構ブーム?
わたくしの暮らす田舎町でさえも、たまーに見かけるほどですものね。
しかしワタクシはまだ自らチャレンジする勇気がもてません。
うう~ん。
やっぱり可愛い~。素敵~。たっぷりフリル。薔薇のゴブラン織り。オーガンジー
にレエス。リボン。ごついシルバーで髑髏のモチーフ。王冠。クロス。
やっぱいいなあ~。

今回もブランドのカタログがいっぱいで、眺めてはうっとり。
いいないいな。欲しいな欲しいな~。きれい可愛い。お洋服道楽したいなあ。
うーん。

しかし。モデルの女の子たちは、正直いって、どの子も好みではないの。。。
香奈ちゃんとゆー子も、正直いって好みではないの~。可愛くないわけじゃないと
思うんだけどね。
でも好きじゃないのよ。
女の好みにはうるさいよ、私。

やっぱり、野ばらさまが~。ベイビーとのWネームで、ということで、その
お洋服着て、おすまししてうつってらしたわ。
んきゃ~。可愛い~。すごい~。素敵~。
このバイブルの、たくさんのモデルの可愛い女の子たちみんな、束になってかかっても
かなわないわ。野ばらさま。まあ。当然ね。
野ばらさまは気合いが違いますものね。
私も、魂磨いて負けずにゆかねば。
-----
--------
TITLE: 輝夜姫 20巻
AUTHOR: シキ
DATE: 10/07/2002 23:54:10
STATUS: Publish
-----
BODY:
「輝夜姫」20巻(清水玲子/白泉社 花とゆめコミックス)

辛い。
苦しい。
人を愛しく思う気持ちは、憎しみに近いものなのか。
好きで。好きで。すきですきですきですきですきですきですきですきで好き
になって、その想いで互いを縛りあって近く強くそばにいたら。一人でたて
ないほどに激しく強く求めあったら、もう、愛も憎しみも区別はつかなく
なるの?
まゆが哀しい。
晶も哀しい。
逃げ場のない強すぎる感情は。世界を滅ぼすしかないのね。

まゆはどーなっちゃうの~。
心配よ~。

そんでおとーさん。エライさんなのね。
しかもかっこいいし~なんかいろいろ鍵を握っていそーだし。
今後がますます気になる。。。

碧も。嗚呼~。あまりにも悲劇。。。
マギーさんのいじわるも残酷さこのうえないっす。
凄いわ。
ますますますます。今後が気になる~。
-----
--------
TITLE: テレビみるみる
AUTHOR: シキ
DATE: 10/06/2002 21:28:57
STATUS: Publish
-----
BODY:
眠い。
眠たい。
せっかく X-ファイル やってるのに~。
とはいえ、続けてちゃんと見てないから、なんかよくわかんなくなってるんだけどね。
モルダーくんは相変わらずわがまま困ったちゃんで、スカリー苦労してそう(^^;
なんか謎の病気にかかってるらしい。
モルダーくん、大丈夫か?
スカリー、やはりあなただけが頼りよ~。

その前には、ちょこっとアニメスペシャルとか見てみたりして。
ワンピース、やっとアラバスタに平和が~。
前半しかみてないけど。
うるるるる~~(T T)泣きそうになってしまう。
なんか感動しちゃう~。かっこいい~熱いぜ~凄いよう~。

と。
そんなこんなで、もう早寝しよう。。。最近読書日記どころか、すっかりテレビ日記
ダラダラ日記です。
ごめんなさい。。
本、読んでるんだけどすすんでないんです。。。
-----
--------
TITLE: のんびりです
AUTHOR: シキ
DATE: 10/05/2002 23:38:34
STATUS: Publish
-----
BODY:
今日はのんびり、猫を洗ったいい休日だった。
みんなは、猫ってどれくらいで洗ってるんだろう。
私は、一応、月1回くらいは、と、思ってるんだけど。まあ、大体。
最初はもっとマメに洗ってたんだけどな。
まあ、だんだん間があくようになっちゃった。

そんなこんなで、ちょこっと、ホームページのほうも書き書き。

テレビで マトリックス を見る。やっぱ面白いさ~。かっこいい~(^^)
嗚呼~第2部が楽しみっ!
-----
--------
TITLE: ベルばらのお菓子フィギュア
AUTHOR: シキ
DATE: 10/03/2002 22:35:55
STATUS: Publish
-----
BODY:
おまけフィギュアつきのお菓子、っていろいろ増えてるんだなあ~と。
スーパーでちょっとお菓子売り場もうろうろしてみた。
ワンピースの、サンジくんのちびっこフィギュアがある~!とうれしげにそれを
ひとつ、カゴにいれてレジへむかう。
と。
きゃ~~~~!
なんと、ベルばらのフィギュアつきがある~~~~!
う、わ~。
20世紀漫画家コレクション、だって。
一気に興奮してしまったものの、一人でスーパーで騒ぐわけにもいかず(^^;
それなりにフツウを装いつつ、がしっとにぎりしめたのはとりあえず3つ。
いきなり10個とか買うのはどうかと思って(^^;一応普通に牛乳とか買いに来てる
わけだし。
けっこう大きい、かな。
そんで、値段も定価は300円なのかな。高い、か?
まあでもこれ、明らかに狙いはもーいい大人な女性とかだろー。ベルばらに燃えるって
そーだよね。まあ、300円くらい高くないのかな~?
で。
バーコード10個あつめておくると、特製ピンズをもらえるそーだ。
うう。
それはそれはとりあえずなにがなんでも10個は買いたいと思いました。。。

本日ゲットの3つは、フェルゼン~。そしてオスカルさまのバストモデル。胸像みたい
のね。金髪のと、髪が淡い水色で、白い軍服のやつ。
ふふふ~。うれしい(^^)
あとアンドレ、アントワネットさま、全身とバストモデル、ロザリー、もちろん
オスカルさまの全身のやつ、と、8種類らしい。そして秘密の+1。シルエットからして
きっと、ドレス姿のオスカルさまだろーと私は思う。
うーん。
全部集める、かな。うーん。どうかなあ。
出来はなかなか素敵だと思いますわ(^^)嗚呼。これでいろいろ遊びたい~。んん~。
嗚呼~ベルばら熱がまた沸騰してきそうです。
これでジェローデルがいたら最高なのにぃ。まあ。そうもいかないか(^^;
-----
--------
TITLE: やれやれ
AUTHOR: シキ
DATE: 10/02/2002 23:24:14
STATUS: Publish
-----
BODY:
テレビで、「陰陽師」やってた~。
うぬ~。やはりCMでぶちぶち切られるのはダメだ。
でもやっぱ萬歳さまはかっこええわあ。
しかし道尊さまはめちゃめちゃ可哀想じゃないか。みんなに裏切られて~~~。
しくしく。
やはり忠実な部下にめぐまれれなかったことが悲劇ですね。
あのハンパな人形みたいなカラスもさっさと晴明さまに燃やされちゃったし。
気の毒だ。。。

陰陽師 の2も製作中~。2003年秋に公開だそーで~。楽しみっ(^^)

やっと明日休みだ。長い一週間だった。
-----
--------
TITLE: アーシアン 完結版 1
AUTHOR: シキ
DATE: 10/01/2002 22:59:10
STATUS: Publish
-----
BODY:
「アーシアン」1 完結版(高河ゆん/集英社)

なつかしいい~~~。
やっと。やっと。やっと、最後まで本になるんだねえ。
まあ。これはまだ一巻目ですね。えっと、昔の漫画の一巻もここまでだっけ。
覚えてないなあ(^^;
お話はもちろん覚えてるけどー。
なつかしい~~。

影艶がともかく好きなんです。好き。すきすき大好き~~~。
これ読んで、ああ卑屈な人間にはなるまい。影艶に嫌われてしまう~~。
とか思って心掛けたもんですわ。
なんと15年前、に、最初の話はかかれたそーで。
そーっすか。もう15年も前なのねえ。。。いや。雑誌は読んでなかったけど。
ほぼリアルタイムで熱中してたからなあ。う~ん。成長してねーぞ私(^^;
やっぱ影艶が好きだ~。

高河ゆんはもーすっかりおっかけなくなったけど、「アーシアン」だけはほんと
好きかも。今回まとまって出ることが決まってほんとーにうれしい。

絵も大好きで~。いや、今冷静によくみると、ヘンかも、というカットもある
けどさ。でもやっぱ好き。きれい~。影艶きれいよ~(^^)
で。
ラストに、あとがきみたいな描き下ろしがあるけど。
こ、これが今の絵ですか?やっぱそーとータッチが違いますね~。いや~。
書き直ししてくれなくてよかったわ。
ちょっと今の感じはあんまり大好きじゃないかな~。
表紙とか口絵(?)のカラーは、今はCGだそーで。これはやっぱきれい、かな。
ともあれ。
これから毎月、楽しみに楽しみに、たのしーみに、待っていよう~(^^)
-----
--------

|

« 2002年9月 | Main | 2002年11月 »

さるさる日記より」カテゴリの記事