« 2003年4月 | Main | 2003年6月 »

2003年5月

TITLE: 甘かった
AUTHOR: シキ
DATE: 05/31/2003 18:51:04
STATUS: Publish
-----
BODY:
台風の影響はたいしたことなさそう~。と。
目が覚めたときには曇り空だった。
お昼すぎにもう大丈夫かなーと、原付きで出かけたら。
帰りにはかーなーりー雨降りになっていた。。。
熱帯低気圧になって、通り過ぎてったとはいえ、台風を甘く見てはいけないのね。。。

うちでのんびり聞く雨の音はすき。
日韓戦を見るぞー。
-----
--------
TITLE: 心洞
AUTHOR: シキ
DATE: 05/30/2003 22:34:47
STATUS: Publish
-----
BODY:
「心洞」Open Sesame (五條瑛/双葉社)

<革命小説>シリーズ第三弾。
革命小説シリーズっていうのね。サーシャ~。

家出少女のエナ。今、楽しく静かに暮らせればいいから。そう思っている
だけ。
ヤスフミと二人、小さな薄汚れた旅館の屋上のプレハブ小屋が、安らぎの場所。
ヤクザは嫌い、というエナ。ヤクザにはならないというヤスフミ。
しかし、鳩を探す、という、仕事をヤスフミが引き受けたときから、少しずつ、
深みへとはまっていってしまった。

今回、サーシャの出番はいっそう少なくて。
うーー。もっとサーシャに会いたかった。
でもやはり鮮やかな印象はさすがで。もうくらくらしてしまう。
リョウジもかっこいいし~。すみれちゃんはますます強くたくましくしなやかに
したたかに生きてる。素敵だ。
エナは、たぶんよそ目には恵まれた女の子だったのだろう。
それでも、どんなに他人からみていい家の子だったとしても、自分が安らいで
いられなくては、なんにもならない。
幸せは、自分で感じるものだから。
なんでもあるような国で。なんにも見つけられずに、心を病んでゆく。からっぽに
なってゆく。
ねえこの国に、革命は起こるの?
いや。
起こす、のだよね。
世界を、嵐に突き放す。
胸が苦しい。世界を、変えるんだなあ。

リョウジが、サーシャにこつこつぶつかるシーンが可愛かったっ。わーんもうっっ。
こんな凄い面白い小説をリアルタイムで追ってゆけるなんて~。
ああもう続きが、続きが読みたくてたまらないよー。
待ってます。
-----
--------
TITLE: エロティック・パフューム
AUTHOR: シキ
DATE: 05/28/2003 21:58:58
STATUS: Publish
-----
BODY:
今日でこの「書きたい書きたい!」日記は4年目になる、のかな?
我ながら、続いてるなあ。読んでくれてる方、どうもありがとうございます。
過去の日記 って見てみたら、ひとつ、1996年1月1日のがあって
びっくりしましたよ。
これってあれよ。2000年問題だか2001年問題だかで、日付けが狂った
ときのだと思うんだよね(^^;今気づいたよー。はは。

で。さて。

「エロティック・パフューム」(榎田尤利/大洋図書 シャイノベルズ)

ラブ&トラスト2
ということで。
これの感想まだ書いてなかったっけ。
深い家族愛で結ばれている運び屋の兄弟、核と天。天の幼馴染み正史。
強くてかっちょいいヤクザ、沓澤さん~。
今度の荷物は、媚薬、らしい、特別な香水。

とゆーわけですが、まあ、天ちゃんと正史くんとのラブラブの進展っぷりが
一番の見物かしら~。
『こんなヤクザはいないけどかっこいいからまあいいやの会』と、あとがきにも
書かれてるよーに、沓澤さんはめちゃめちゃかっちょよく。
そんな都合のいいヤクザは確かにいねーよ。このこの~、と、
大人のエロエロと、天と正史との初々しいラブラブ、二つぶん楽しいお話です。
これはまた続くのかなあ?
けっこういつまででもできそうなのかも。らぶらぶ兄弟のかっこよさは最高だな~。
んでもやっぱ。
軽すぎる~という気はする。まあ。重苦しいのが読みたいわけじゃないけど。
正史が単純にイイ人そうなのがあんまり好きじゃないかも。
んむ~。
続きが出たらまたもっと、いろいろ世界は広がってゆくのでしょうか。
楽しみっす。
-----
--------
TITLE: ベルサイユのばら 完全復刻版セット
AUTHOR: シキ
DATE: 05/27/2003 21:52:32
STATUS: Publish
-----
BODY:
「ベルサイユのばら 完全復刻版セット」(池田理代子/集英社)

文庫でも愛蔵版でもなく、いわゆるフツーのコミック。外伝あわせて
10巻。それから、扉絵コレクションとかポストカードとかついてました。
そして!ベルばらカルタ!
コミックの中の絵とかを抜き出してて、文章のほうは、「イケメンぞろいの近衛隊」
とかなんだよーっ。お、オカシイ~!
箱入りセットで大満足でした。

お話は。
もういうまでもないですね。
主人公はアントワネットと、オスカルとフェルゼンと。
作者は誰が主役というわけでもなく、三人の物語りだ、というふうに書いてました。
そうだよねー。
三人が主役です。
あらためて読み直して。
オスカルさまーっ、と大人気だけども、やっぱり、アントワネットやフェルゼンも
ちゃんとしっかり主役として描かれてました。や、ちょっと、フェルゼンは弱いかな。
でもまあ。
やっぱ主役はアントワネットさまかしらーとかも思う。
華麗だわ。
うーん。

読んでて、宝塚の舞台がうかびました。
舞台はそれぞれのシーン、かなり忠実に再現してるんだなあと思う。
ま、全体的にとか見れば、全然ちがーう、ってことも多々ありますが~。
セリフとかさ。ああもう。タカラジェンヌの声としゃべりで聞こえてくるわ~。
素晴らしい。
やはり素晴らしいわ。
アニメの絵も華麗だったけど~。
ジェローデルはアニメのほうが絶対美形だった。。。うるうる。。。
薔薇は薔薇は~気高く~さーいて~薔薇は薔薇は~うつくしく散る~。
-----
--------
TITLE: お買い物
AUTHOR: シキ
DATE: 05/26/2003 22:03:44
STATUS: Publish
-----
BODY:
ジャケットを買った。
お店で買い物するの、しかも、高い買い物すること自体が久しぶりだ。。。
そんなことでいいのか自分、とちょっと思いつつ(^^;
高いとはいえ、すごいブランドものとかではないんだけど。
わたしにとっては高い、というあたり。
カジュアルに着られるものを~とさがしたのでした。
結局、インディゴで木綿でほんとに何気なく。でもやっぱうれしい~。わーい。

短歌研究 の、6月号のうたうクラブに、歌ひとつ載ってました!
うーん。いつかあっぱれ印(というのかな?)をつけてもらいたい。。。
バニラアイスの歌です。自分でも送った中で一番気に入ってるので、一応、
自分の目も多少は信じてゆけるかも、と、思っていいのだろうか。。。
よくわかんないなあ。。。
ゆらゆら。
自信のなさが情けない。
-----
--------
TITLE: どうしよう
AUTHOR: シキ
DATE: 05/26/2003 00:05:20
STATUS: Publish
-----
BODY:
たくさんのたのしいことやしあわせがあるとおもうけど正しいのかな

なんだかよくわからない。
どーんなふうだったらきっぱりはっきり自信を持って生きてゆけるのかしら。
そんな時は一生わたしにはやってこないような気もする。
あいされたいとばかり願っていてはダメなのでしょうか。
あいさなくては?
それができればそうしたいさー。
-----
--------
TITLE: 決戦!太陽系戦域
AUTHOR: シキ
DATE: 05/21/2003 22:34:25
STATUS: Publish
-----
BODY:
「決戦!太陽系戦域」上下(デイヴィッド・ファインタック/ハヤカワ文庫)

宇宙軍の士官学校校長に就任したシーフォート。
トリヴァーが副官としてつきそいです。
そしてまた。
下らない政治やら、不正やらに悩まされ、癇癪を起こすニック。むー。相変わらず
潔癖だ。清純だ。
怒りっぽいし、子供っぽいんだけど。指摘されて反省し、謝罪する勇気があるのが
愛されるゆえんですね。
アニーはどん底だし、エディまで呼び戻すことになって。
妻のためならどんなことでも!という勢いですが。それでいいのかー。仕事はー。
まーでも奥様のことだからと、周囲も同情的。。。
つーか英雄ニコラスに、みんな同情的、なのかな。
生徒たちにもちゃんと尊敬され信頼されつつあるんだよね。

しかし。
ついに太陽系にも”魚”が!
うろたえるばかりの宇宙軍を黙らせ、最後の非常手段を選んだシーフォート。
あまりに、辛い、その方法。

うーん。つらい。
つらかった。
お父様の死とか。子供の頃のシーフォートのことがいっぱいあって。
面白かった。凄いわ。
でも、ここまで、4作目までかけてひとつの物語りだったんだなあと思う。
すごい。
しかしこのあとどう続くのだー。楽しみです。
-----
--------
TITLE: 新・魔獣狩り 8
AUTHOR: シキ
DATE: 05/20/2003 22:54:10
STATUS: Publish
-----
BODY:
「新・魔獣狩り 8 憂トラ編」

うしとら編、です。
な、長いよねーこれも。
話しがどかどか広がってます。
獏さんも、大風呂敷広げまくってるーてなことを、書いてましたが。まだ
広げてない風呂敷もあるぞーてなことらしいですが。
どこまで広げるのさー。
ちゃんとたたむ、って言ってるけど、いつたたむんだああーっ。

それでもついてゆくわ、と、思えるの。獏さんの本やっぱ面白いです。
美空の出番少なくて寂しいけど。毒島さんとか九門鳳介とかのほうが獏さんとしては
お気に入りなんだろーなーとわかってるんだけど。
でも美空のことがもっと読みたい。。。
ところでしかし、餓コってさー、美空曼陀羅 んときにはやっつけてなかったっけ。。
なんか薬飲んでおいてそれを喰わせてやるんだよね。。。それもう使えなくなったの?
それとも毒島さんへのフェイントで黙ってるだけなのかな。
うーん。すっきりしない。
ま、今後の楽しみということで。
早く早く早く早く、続きを読みたいです。待ってます。わーん。
-----
--------
TITLE: ふー
AUTHOR: シキ
DATE: 05/19/2003 22:23:23
STATUS: Publish
-----
BODY:
疲労溜まり宙。。。
うがー。
-----
--------
TITLE: 薔薇
AUTHOR: シキ
DATE: 05/16/2003 22:51:41
STATUS: Publish
-----
BODY:
バラ展へ行ってきました。
毎年この時期にひらかれてるのです。
今年は行けました(^^)

しかし会期も終了まぎわなのかな。
花が開き切ってる~というのが多くてちょっと残念だったかも。
やはりつぼみが開きはじめてるあたりが、一番うつくしい。香りも高いのでしょう。

しかしたっぷりの薔薇。
微妙な色合いとか、堪能してまいりました。
紫の薔薇もあったよー。素敵~。ああ紫の薔薇の人~。

やはり薔薇は素晴らしい。
大好き~。
-----
--------
TITLE: 陰陽師 大極の巻
AUTHOR: シキ
DATE: 05/15/2003 22:50:56
STATUS: Publish
-----
BODY:
「陰陽師 大極の巻」(夢枕獏/文藝春秋)

野趣あふれる庭を眺め。
天地の不思議に思いをはせ。
ゆるりとうまい酒をのむ。
あやしの出来事の物語り。怪異は怪異なりの理由もあり。そのことわりを
ほどいて、解き放つ、陰陽師。

お話は6つ。
いずれも晴明さまと博雅が、のんびりと酒を飲みながら呪のことなぞについて
語るシーンで始まる。
マンネリをおそれない。と、獏さんがあとがきに書いてますが。
もちろんこんな素敵なマンネリ大歓迎です。
一生書いちゃってください~(^^)

黄金虫の話しが面白かったな。
虫はきらいなんだけど。いいねえと思う。
ぶんぶん? と聞き返す晴明さまが可愛いじゃないか。ふふー。

しかしこの二人がとても仲良しで、らぶらぶでめろめろで参ります。んもー。
博雅を可愛がっていじってる晴明さまのそこはかとない意地悪がたまりません。
博雅もカワイコぶってんじゃねーぞーコラ~、と、やはりつい意地悪いいたくなる
感じ。なんかだんだん子供っぽく可愛いっぽくなっていっている。。。
御手洗さんと石岡くんみたいに、ホームズとワトソン的関係というのは、こーなって
ゆくさだめなのか???うむー。あまり度をこえてゆくとこっちがひくんだけどな。
そのへんのさじ加減を、うまくやってね獏さんっ、と思うー。
-----
--------
TITLE: 晩年
AUTHOR: シキ
DATE: 05/14/2003 22:47:01
STATUS: Publish
-----
BODY:
「晩年」(太宰治/新潮文庫)

太宰治の最初の本、らしい。
短編が15。
面白いというかなんというか~。
さすが初期というかなんというか~。
さすが太宰というかなんというか~。
でもうわなんかめちゃくちゃ太宰を身近に感じるわ、という気持ちになるからなあ。
凄いんだ。
無防備なように見せて計算も吟味もされつくしてるんだろうとか思う。
無意識にそーできちゃうってことかな?それが才能なのか?

金持ちで秀才であるっていう、このくらいの時代のエリートってのが一番すごい
よーな気がする。
作家が一番華やかだったころかもしれない。
作家と作品と重ねてうっとりできる時代っつーか。
うむー。

お話として面白かったとか好きだーというものはない。
前衛的な現代小説だ、という解説がのってたけど。なるほどー。
太宰が死んでもうずいぶんなのに、今わたしが読んでも前衛的だとか思って
しまうし。
太宰は幸福だと思うよ。
-----
--------
TITLE: サエない女 などなど。。。
AUTHOR: シキ
DATE: 05/13/2003 23:05:55
STATUS: Publish
-----
BODY:
「完全なるお見合い」(寒川元子/KKベストセラーズ)

「サエない女は犯罪である」
「続 サエない女は犯罪である」(笠原真澄/ぶんか社)

オンナについての本、をたまに読むのが好きで、図書館で借りてはざざっと
読む。
サエない女にはなりたくないなーと思うし、お見合いでだってなんだって、
幸せになるっていいなーと思う。結婚がしたいというわけじゃないんだけど。

こーゆー本を読みあさってしまうってのは、つまり自分に自信がないせいいですね。
サエない女ウォッチングとかするの結構楽しいっす。
うわーとか思うの。
でもそりゃあ私もサエない女であるよなーという、自覚はあるので。。。
人のふりみて我がふりなおせ、ですね。
ぴんくはうす 着る女って、サエない比率が高い。。。というのはわかるが。
フツウより目立つから、サエないヒトもすぐ発見されちゃうんだよな。
たくさんのフリルやリボンや色使いやプリント。女の子はその服を着た自分では
なくて、その服そのものを、そこから広がる妄想を見てるから、気づかないのね。
あー私もぴんくはうす着たい。
ゴスロリコスプレとかしたいっ。
わーん。現実の我が身から目をそらせたいー。。。

うざったいヤツにはなりたくないなーと思う。。。
ダメだわ。
女って、女って、うんざりだけども、可愛いひとは、可愛いからなー。。。
可愛い女で幸せになりたいなーと思うねー。
-----
--------
TITLE: うにゃうにゃしゃべる
AUTHOR: シキ
DATE: 05/09/2003 22:42:42
STATUS: Publish
-----
BODY:
手作りというのはなかなか楽しい。
それがたとえ仕事のポップ作りであったとしても。。。
自分のじゃなくて同僚のを手伝って、うにゃうにゃとしゃべりながら
完成しました~。
ちょっと楽しかった。
-----
--------
TITLE: どしゃぶり雨降り
AUTHOR: シキ
DATE: 05/08/2003 22:57:11
STATUS: Publish
-----
BODY:
朝は嵐だったなあ。
まさに どしゃ降り! という雨の中を原付き通勤。
うむー。
バイクがきれいになったかもしれない~。
-----
--------
TITLE: 映画「魔界転生」
AUTHOR: シキ
DATE: 05/07/2003 22:34:13
STATUS: Publish
-----
BODY:
映画「魔界転生」

天草四郎時貞。
島原の乱で、無惨に殺されてゆく人々の骸の中で、四郎は、神への信仰を
捨てる。むしろ、求めるのは魔の力。
魔界の秘術を身につけ、蘇って、徳川への復讐を、企む。

えーと。
やっぱジュリー~っのほうがよかったなーーっと。
やっぱ生首抱いて高笑いしてくんないと物足りないわ。
というかやっぱり(^^;途中かなり退屈して眠くなって困った。。。
前の時も、ジュリーが出てないシーンはタイクツーとか思ってたものさ。
まして今回~。
窪塚くんは可愛いさー。女の子も美人がいっぱいだったー。素敵よー。
でも話はかなり。。。
ま、いーんだけどね。
佐藤浩一はかっこよかったっす。
いい男だ。
つーか、魔界衆弱すぎる。。。
やっぱ本で読むのが一番面白かったと思う~。
でも見に行っておいてよかったと思うけどね。
-----
--------
TITLE: コドモの絵
AUTHOR: シキ
DATE: 05/06/2003 21:07:09
STATUS: Publish
-----
BODY:
母の日も近い、んだっけ。
母の日イベントというのか、幼稚園児が描いた、おかあさんの絵、なんかを
はり出してたりするところがあるんですよね。
いやまあそれはそれ。
コドモの絵です。
おー。中には、ちょっとうまい、というか、あ、ちゃんと色とかきれいだね
とか、可愛いかも、というのも、えーと、その中の比較としては、なくはない。
しかしまあ幼稚園児というと、4さいとか5さいとかなんだよね。
まあ、人の顔であると、いうことくらいは認めてもいいけど~、というような
ものです。
目とか口とかあるね。髪の毛あるね。
という感じで。
これがこどもから見たおかーさんかあ。うわーん。ショック~、と、ワタシが
ハハなら思うね。。。コワイよ~なんてのもあるわけです。
それでも、おかーさんやらおじーちゃんやらおばーちゃんやらが、わざわざ
出かけて見にやってきて。
「お。ももこちゃんの絵あったね~。ほほう。上手に書けてる」
なーんていうんだよね。
「上手にかけてるねえ。お母さんうれしいよ。ありがとう」
「ほんと?えへへ~」
という親子の会話を聞いたときにはちょっと感動してしまったかも。
おかーさんはそんな絵でもうれしいのでしょうか~。
こどもが描いてくれたから?どんなヘタクソな絵でも、うれしいものなのでしょうか。
ふーん。
わかんない世界だ。。。
ま、さすがに、わが子に向かって「ヘタねえ」という親はいないか(^^;
えっと。
でも、ほほえましい親子というのもまだまだありなんですねえという一場面でした。
-----
--------
TITLE: こどもの日だからって。。。
AUTHOR: シキ
DATE: 05/05/2003 21:08:12
STATUS: Publish
-----
BODY:
ジムでも行くかー。
とバイクかっ飛ばしていったら、く、暗い。
ジム休みのよーでした。。。

世の中連休でしたね。そうですね。休みのお知らせもどっかにあったんだろう
けども、まったく気付かなかった。
はー。

カレンダーと関係なしに働いて休みはひとりすっきりと立つ
-----
--------
TITLE: 痛い指
AUTHOR: シキ
DATE: 05/04/2003 22:21:37
STATUS: Publish
-----
BODY:
右手の指先の怪我が直ってきたなーというところなのに。
今日は左手。
さくっと、紙が。紙がー。爪の中に入ったのさ。
い、痛い。。。
とても痛かった。
少しだけ血が出た。
しかし爪の中。
絆創膏をはるというわけにもいかず。ああもーどうしようもない。
今もキーボードうつのがちょっと痛いです。怪我したのは朝なんだけど。
明日には痛みとれるかなあ。
はー。
-----
--------
TITLE: 車掌
AUTHOR: シキ
DATE: 05/03/2003 21:45:43
STATUS: Publish
-----
BODY:
良く晴れた休日。
掃除。選択。布団も干して気持ちいい~。
ま。私は連休じゃないけどね。。。

「車掌」(穂村弘/ヒヨコ舎)

小さな絵本。絵 寺田克也。
5つのお話が入っている。
珈琲ビートル が好きかなあ。
タイトルの 車掌 も、好きだなあ。
いやもちろん、フォトグラフ も こどもカー も なつ も、好きです。
絵の迫力もすごい。
何回も何回も何回も何回も何回も何回も眺めたり読んだり撫でたりしたくなる
本ですね。
さすが。
素敵。
あとがきも素敵。
このー。
可愛こぶってるんじゃないぞーほむほむめ。
しかしそんなことを書けてしまうからすごい。
めろめろにされちゃうからしょうがない。
素敵です。もー。

電車の車掌さんって、つねに無表情、というイメージなんですけれども。
がっ
と、つかみかかられるかもと思うとコワイです。。。今度から電車にのることが
あったらどきどきしてしまう。。。
穂村さんの世界ってほんとうに凄いよ。
-----
--------

|

« 2003年4月 | Main | 2003年6月 »

さるさる日記より」カテゴリの記事