« お花見散歩 | Main | しあわせの王子のそらに »

はなのみち


   はなのみち
                        千坂麻緒

 いにしえをしらぬさくらのみちをゆくまだ花冷えのやよいつごもり

 きのうよりきょうのさくらはほどかれてサヨナラはなした手のあたたかさ

 いちまんえんつかっちゃったよはるだからさくらいろした石ころひとつ

 たそがれのさくらのみちはしろく映えほうと灯りがともりはじめる

 おはなみがあいさつがわりのげつようびみちにちいさく立入禁止

 あのころは癌病棟がありましたさくらさくらは今年もさいた

 はなのもとうごきをとめてねむってるぱわーしょべるは鳥のかたちで


--------------------------------------------------------

未来7月号より

このブログすっかり放置してしまっていますが。訪問者もないけど。
一応。。。
前の記事がまさに桜のころですね。
そのころ詠んだ歌です。桜をもとめててくてく散歩をよくした春でした。

もうすっかり夏です。真夏。猛暑日ばかり。暑〜〜〜〜。
もうちょっとマメにこっちの手入れもしたいところ。。。


|

« お花見散歩 | Main | しあわせの王子のそらに »

短歌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference はなのみち:

« お花見散歩 | Main | しあわせの王子のそらに »