« ただいま | Main | 眠い »

未来10月号より

                         千坂麻緒

 じわじわと人気深海生物の写真集には目のない魚

 海月には海と自分の境目がわかってないと思うんだけど

 静かに静かに海をきく時は目を閉じたままひとりで歩け

 青空が消えて十年たちました雨後雨の緑の街に

 悪夢から目覚める時に逃げてゆく魚の鱗が右手に残る

 歩くのか泳いでるのかぐちゃぐちゃと音をたててる青いスニーカー

 七夕は旧暦でやるきらきらと星を切り出しちりばめている

 コンビニの灯りの前で降りるのはひとりの部屋に帰る儀式だ
 
 また一人辞めてゆくひとパソコンのモニタに残る退職届

---------------------------------------------------------

七月に提出分。連作がつくれなくて、というか、歌が全然できないと
思ってたころ、だと思う。(まあでもわりといつも毎回歌ができないっ、
と思っている)
大会直前くらいに出した。締めきり日は大会の日とかだったし。
で、気持ちは大会どーなるのどーなるの、と、まったく落ち着かなかったなあ。

んで。
選歌欄後ろの岡井先生の感想のところで、何人かの方といっしょに、
とりあげられて、ちょこっっっっと誉められていた。わわ〜い(^^)

 七夕は旧暦でやるきらきらと星を切り出しちりばめている

の歌です。とてもとてもうれしい。うれしーい。がんばります。

|

« ただいま | Main | 眠い »

短歌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 未来10月号より:

« ただいま | Main | 眠い »