« 渡部家住宅その光と記憶 | Main | ただいま »

未来九月号より


                       千坂麻緒

 すみません失礼しますうつむいて声が小さく小さくなりぬ   

 シャンプーをすすぎ流してさらさららもうあんなとこやめちゃおっかなぁ
 
 湯あがりのアイスクリーム抹茶味すくえるまでのやわらかさ待つ

 カーテンの下からにょんと猫が出てふり向きもせず歩いていった

 拭ってもぬぐってもまだ眼鏡からとれない汚れあきらめていく

 次の手はどう打つべきか代案の二つ三つの冴えない響き

 悪いのはあなたではないクーラーのきかない部屋で向きあっている

 雨を待つ街のニュースの大きさがこころの渇き加速してゆく

--------------------------------------------------------

今回のは無題。連作のようなそうでもないようなところでしょうか。
詠んだのは6月初めなわけで、まーあのころいろいろあったなあという
のがダイレクトに出てて、(ダイレクトすぎますか)自分としては感慨深い。
 

|

« 渡部家住宅その光と記憶 | Main | ただいま »

短歌」カテゴリの記事

Comments

2首めが好き~。
なんか、覚えがある感じ。こういう歌が、好みなのだということがわかりました☆

Posted by: ニキタ | October 01, 2007 08:12 AM

ニキタさん
見て下さってありがとう〜。
仕事してるとねー。多少なりとも共感していただけたの、
うれしいです☆

Posted by: シキ | October 01, 2007 08:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 未来九月号より:

« 渡部家住宅その光と記憶 | Main | ただいま »