« August 2007 | Main | October 2007 »

未来九月号より


                       千坂麻緒

 すみません失礼しますうつむいて声が小さく小さくなりぬ   

 シャンプーをすすぎ流してさらさららもうあんなとこやめちゃおっかなぁ
 
 湯あがりのアイスクリーム抹茶味すくえるまでのやわらかさ待つ

 カーテンの下からにょんと猫が出てふり向きもせず歩いていった

 拭ってもぬぐってもまだ眼鏡からとれない汚れあきらめていく

 次の手はどう打つべきか代案の二つ三つの冴えない響き

 悪いのはあなたではないクーラーのきかない部屋で向きあっている

 雨を待つ街のニュースの大きさがこころの渇き加速してゆく

--------------------------------------------------------

今回のは無題。連作のようなそうでもないようなところでしょうか。
詠んだのは6月初めなわけで、まーあのころいろいろあったなあという
のがダイレクトに出てて、(ダイレクトすぎますか)自分としては感慨深い。
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

渡部家住宅その光と記憶

渡部家住宅その光と記憶
渡部家住宅その光と記憶
国指定の重要文化財の、渡部家住宅というところに行きました。
井出創太郎という方の銅版画を、そこの障子やふすまとして展示(?)しています。
展示というよりはもう作り付け。
建物と作品。建物まるごとの文化という感じがかなり素敵でした〜。
銅版画のやりかたの説明とか面白かった。実験って感じ。
モチーフも植物たちだし。
文化芸術というより、理科ーって印象がありました。
面白かった♪

よりくわしくはコチラ↓(と。リンクにならないか。コピペしてください)
http://liveart25.exblog.jp/i4/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

未来八月号より

とっくに九月じゃん!というのはさておき。

八月号での新人特集にとりあげていただいております。
わーい。
批評は黒瀬珂瀾さんにいただいてました。
わー。。。い。と、喜んではいられないところです。
甘えるな、ということを心して、これからもがんばろうと思います。
有り難いことです。


特集用に提出した歌は20首ですが。連作「ヒミコのために」
遊子に出した15首です。


   ヒミコのために       

                        千坂麻緒

        映画『メゾン・ド・ヒミコ』を見る。水曜日。

                    
 伝説のゲイバーマダムの愛読のエド・マクベインまだ読み終えず

 老醜のあなたに見せつけるために選んだシャツの純白がある

 死に至る病を宿すあなたから暴力として奪うくちづけ

 きらきらと海がひかっていることをねむったままのあなたに語る

 白く大きく風を孕んだカーテンを瞬きもせず見つめるうつろ

 音楽を消して僕らは踊りだすあなたの乾いた手にあるちから

 ゆっくりとしかしゃべらないしゃべれないあなたの声を奪う諦念

 迎え火をたく死者たちを迷わせずまっすぐここへみちびくために

 潮騒をきいているのか 抱きしめて僕を今すぐ抱きしめてくれ

 ひとり ただ さりゆくものがありました ただしいことはわからないまま

 わかってたはずだったいついまだってわかってたはずわかっていたはず

 僕は歌う僕は演じる僕は泣くあなたのためにあなたのために

 静寂の満ちてゆく部屋今はもうあなたがいない静寂の部屋

 白い壁一面に書く大きく書く魔法のことば 会いたい 会いたい

 不機嫌な顔がはじめてほころんで 海辺の家にひかりふる 風

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最後の出勤日

最後の出勤日
今日が今の仕事の最後の出勤日でした。
退職の日付はもう少し先で、しばらく休みだよ〜!

転職に向かって、不安もいっぱいですが、またがんばろう〜と思う。

今日、思いがけないたくさんのプレゼントで感激した。
結局たくさんの迷惑かけてしまうのに。ありがとうございました。

会社はキライだけど、仕事がイヤでやめるわけではなく。
今の職場はかなりいい人々に恵まれてました。ありがたい。
またがんばろう〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2007 | Main | October 2007 »