« ちょっとだけ京都 | Main | 「未来」松山大会のお知らせ »

未来5月号より

 あいです
                       千坂麻緒

お土産に紅葉まんじゅうさし出してにっこり笑うとりちゃんである

何を見てきたのか何も話さないとりちゃんの目はどこを見ている

やけ酒といってもたった缶ビール二本で眠るとりちゃんである

僕たちはいつでも一緒だんだんにその前提が崩されていく

不自然な不健全なるあいですかとりちゃんの目に宿る暗闇

猫よりも気紛れなとりとりちゃんはこまどり二度と飛ばないことり

ハンサムは得だと僕に八ツ当たりそうは言うけどとりちゃんだって

猫を抱くとりちゃんを抱く我が腕の強さを祈るおやすみおやすみ


------------------------------------------------------
今回はとりちゃんシリーズ、その3になります。と、勝手にシリーズ
にしてみたりして。

昨日はちょっと久しぶりに松山歌会。
ものすごく耳に痛いことばかり(^^;うへえ。
でも自分が自分でがんばるしかないんです。

あ、とりちゃんは、京極堂の鳥ちゃんってわけではないです。
念のため。

|

« ちょっとだけ京都 | Main | 「未来」松山大会のお知らせ »

短歌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 未来5月号より:

« ちょっとだけ京都 | Main | 「未来」松山大会のお知らせ »