« それでも猫 | Main | 第29回松山歌会 »

未来10月号より


   ま夏び

                         千坂麻緒


選ぶのはバニラアイスと決めているあなたの前で食べる見せてる

冷たさを半分こして眠れない三十一度の熱帯夜には

どうするのどうしたいのかとろけだすアイスクリームソーダの中に

閉め切った部屋にこもったまひるまの熱気がなおも私を責める

せんぷうきえあこんこおり南極のペンギンとまとすいかのしましま

あついってゆったらばっきんひゃくえんねいっしょにアイスかいにいこうね

どのくらい甘くしたいかカフェラテの好みを覚え まだ覚えてる

今夜また花火があがる音だけが思い出させる夏のお祭り

風鈴よ鳴れさやかなる風のづく夜があることたしかめさせて

ほんのりとまだ暮れきらぬ宵闇に歩きつづける帰り道なり


-----------------------------------------------------------

今月は10首載ってる〜。と思ったものの、他にもたくさん10首掲載の
方はいて、あうあうー選歌してもらえなくなったのだ。と思う。
前々からひとりだちしなくちゃだめでしょう、という主旨のことは書かれて
いたので、それはまあ当然なのですが。
なんだか哀しい。寂しい。
というか甘えている自分を反省。
10首載せられてるのがものすごく恥ずかしい。
のわりには今月もなんかいっぱいいっぱいな歌を出してしまった。。。
出すときには精一杯なんだけども、三ヶ月たって冷静に載ってるのを見ると、
やりきれない気分に落ち込むこともしばしば。
うまくなりたいしよくなりたい。
それには自分の努力しかないのでー。精進します。

|

« それでも猫 | Main | 第29回松山歌会 »

短歌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 未来10月号より:

« それでも猫 | Main | 第29回松山歌会 »