« 『海境』『抒情装置』合同批評会 | Main | まあよし。 »

未来12月号より

足あとを調べるいちめん雪の朝 一人、二人、あ、これウサギ?

豆を買うなべいっぱいの水の中ひと晩つけるほっこり煮ます

にゃ、にゃ、と猫がごはんをねだる夜ねこのごはんはカリカリザラリ

ふつふつと弱火で煮込むその間ミステリひとつ読み終わりけり

にんじんと牛肉の白ワイン煮のレシピをチェック いつか作ろう

五味太郎「バカに注意!」のポスターに深〜く頷く私である

うそつきのうさぎがはねてまたあしたまたあしたってうそつきうさぎ

濃い深い真っ赤な鍋がガスの火と調和を保つ夜が更けてゆく


-------------------------------------------------------

提出は三ヶ月前なので、9月だったのかな。掲載されるのが12月号だ、
という季節感を考えてみて出してみました。
今の寒さにぴったりくる気が我ながらする。
タイトルがつけられなかったのでした。。。

今月号の月旦で田中槐さんにとりあげていただいてとてもとてもうれしかった。

信じない雨のけはいがわかること心がとおくはなれてること  千坂麻緒


|

« 『海境』『抒情装置』合同批評会 | Main | まあよし。 »

「短歌」カテゴリの記事

Comments

★うそつきのうさぎがはねてまたあしたまたあしたってうそつきうさぎ

この歌が好きです。僕も3年前に作った歌でうさぎが出てくるのがありました。

★陽のあたる真っ暗闇のカフェテラス最高なんだうさぎとのKISS

華の会で提出したんですが「意味解らない」と言われました。でも実は作った本人の僕も意味解りませんでした^^;

Posted by: 黒男 | December 24, 2005 at 02:52 AM

黒男さんこんにちは。
黒男さんの歌も可愛いですね。うさぎはやっぱり可愛いなあ。
って、陽が当たるのに真っ暗なカフェというのがほんと
わかりません(^^;
えーと、可愛いうさぎちゃんとキス、とかいうベタな歌ではない
ということですね。
さすが。。。うーん。
コメントありがとうございます(^^)

Posted by: シキ | December 24, 2005 at 09:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27625/7785318

Listed below are links to weblogs that reference 未来12月号より:

« 『海境』『抒情装置』合同批評会 | Main | まあよし。 »