« 短歌について少し考える | Main | 大百科! »

未来 3月号より

   「ねむたい猫」  千坂麻緒

日だまりでひるねをしたの?猫にゃんをなでる右手にあるあたたかさ

子供ならいらないそれより猫がいいわたしたちにはにゃんこを二匹

こんなにも無防備にこの腕の中抱かれにきちゃっていいのかにゃんこ

サヨナラをする時寂しくないようにあなたに猫をわたしに猫を

おしゃべりな猫になるようにゃあにゃあと話しかけてたわたしたちです

切符切りでパチンとしたい誘惑に我もからるる猫の耳かも

猫ってさ、本を読んでるとくるよねときには齧るヤメテダメダメ

うちの猫いろいろかじっているのですドストエフスキーもレヴィ=ストロースも

この部屋に暮らしています一匹の猫と独りになった私

この次に生まれる時には猫になるあなたの腕に抱かれて眠る

|

« 短歌について少し考える | Main | 大百科! »

短歌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 未来 3月号より:

« 短歌について少し考える | Main | 大百科! »