« わんこ写真 | Main | 未来 3月号より »

短歌について少し考える

鶏粥に生姜を入れてかきまぜてもうあの人のことは忘れる

これはえーと1月末の歌会に出した歌です。
2票いだたきまして、そして、お話でこの歌の情景とか云々いろいろご批評いただきました。
そのお話が、それはもう見事に100%、私が歌をつくるときにこーんな感じの情景、と
思い描いていたことを言って下さったので。
ををー。
凄い。
98%でも113%でもなく、まさにジャスト100%、伝わったのって凄い。
という個人的感動がありました。

うーんしかし。
この歌を出した時にも悩んだんですが、あまりにもわかりやすすぎるというのも
いかがなものか。。。というところ。
短歌に出会った最初はマスノさんで、最初に読んだ短歌の作り方の本は かんたん短歌
で、やっぱり意味とかなにいってんのかとか、詩的飛躍とかがありまくりでわかんなくて
ハズカシイとかよりは、わかりやすい歌でありたい、と思っています。
(でもかんたん短歌、は私には無理みたい。。。かんたんとかいっておきながらー
かんたんじゃないから!結局それは才能だから!んむー)

わかりやすさ。詩的飛躍。
短歌であること。
歌であること。
どーしたらいいのか。
。。。でもこれはたぶん一生悩みながらやっていくんだろうなー。

今月の 未来 では岡井先生に名前をあげていただいて感激。いやまあただ名前をあげて
いただいたというだけのことなんですが(^^;ああーほんとにほんとに岡井先生が
私の歌を読んで下さっているのか〜〜。
こわいです。
がんばります。

|

« わんこ写真 | Main | 未来 3月号より »

短歌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 短歌について少し考える:

« わんこ写真 | Main | 未来 3月号より »