« February 2005 | Main | April 2005 »

その時歴史は動いた!

ローカルな再放送だったのかなー。
見ました。
日露戦争100年 日本海海戦!
秋山真之主役!とゆーことで、おお。見事に真之さんばっかし。
好古さんとか子規さんとかには一言も触れてないなあ。好古さんは
陸軍でがんばってたんだから同じ日露戦争、一言くらいゆってもいいだろうに。
てなマニアック(?)にあれこれ思いながら見る。
まあ所詮40分くらいの番組なんで、真之の苦悩!とかいってても
ハナシはちゃちゃっと進んでいって、そんな苦悩してるふうでもないよーな(^^;
うう。
真之さんの苦悩をもっとー。海戦の苦悩をもっとー。

司馬遼太郎の『坂の上の雲』が私は大好きで大好きで大好きで大好きなわけで、
まあでも読んだのは高校生んときなんでもー随分昔のことです。
それでもものすごくはまってたんだろうなワタシ、と思う。
海戦とか戦術だとかの私の知識はすべてここで学んだ。
まあ、逆にいうと、それだけの知識しかない、というわけ。
でもかなりみっちりしっかり描かれていたと思うので、その後あれこれ小説を楽しむ
時にも不自由は感じなかったなあ。
銀河英雄伝説とか。銀河の荒鷲シーフォートとか。(えすえふ ですなー)
ローレライ とか。

なかなか再読しようとならないのは、まあもちろん結構長い話だからというのでも
あるのだけども。
あまりにも悲惨で苦しくて哀しくてつらくてたまらないからです。
日露戦争って、日本が勝った戦争だから、それを描いてるとゆーのでなんとなく
戦争賛美だとかヘンな愛国心あおりだとかにひきづられてしまうかもというのがある
みたいなんだけども。
坂の上の雲 を読むと、ああもう、こんなにこんなにこんなにこんなにがんばって
苦労して苦しんで血を流して耐え抜いて、ぎりぎり、かろうじて、よーーーーーーやく、
負けなかった、というところなんだなあと思う。
戦争なんかするもんじゃないよ。

それでもやっぱ郷土愛だとか愛国心みたいなのは目覚めたのでした。
秋山兄弟大好き〜(^^)真之さんかっこい〜〜〜。
やっぱモエますね。素敵。
今日の再現ドラマとかなんかおっさんくさくてうむむ、と思ったけど(^^;
写真はけっこう素敵〜と思いました。
以上、雑感〜でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

大百科!

買ったよーo(^-^)o
岡村ちゃん大百科!
岡村ちゃんからFAXでメッセージが入ってる!
うわーん。
大好き。大好きだよ岡村ちゃんー!!!050317_202801.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

未来 3月号より

   「ねむたい猫」  千坂麻緒

日だまりでひるねをしたの?猫にゃんをなでる右手にあるあたたかさ

子供ならいらないそれより猫がいいわたしたちにはにゃんこを二匹

こんなにも無防備にこの腕の中抱かれにきちゃっていいのかにゃんこ

サヨナラをする時寂しくないようにあなたに猫をわたしに猫を

おしゃべりな猫になるようにゃあにゃあと話しかけてたわたしたちです

切符切りでパチンとしたい誘惑に我もからるる猫の耳かも

猫ってさ、本を読んでるとくるよねときには齧るヤメテダメダメ

うちの猫いろいろかじっているのですドストエフスキーもレヴィ=ストロースも

この部屋に暮らしています一匹の猫と独りになった私

この次に生まれる時には猫になるあなたの腕に抱かれて眠る

| | Comments (0) | TrackBack (0)

短歌について少し考える

鶏粥に生姜を入れてかきまぜてもうあの人のことは忘れる

これはえーと1月末の歌会に出した歌です。
2票いだたきまして、そして、お話でこの歌の情景とか云々いろいろご批評いただきました。
そのお話が、それはもう見事に100%、私が歌をつくるときにこーんな感じの情景、と
思い描いていたことを言って下さったので。
ををー。
凄い。
98%でも113%でもなく、まさにジャスト100%、伝わったのって凄い。
という個人的感動がありました。

うーんしかし。
この歌を出した時にも悩んだんですが、あまりにもわかりやすすぎるというのも
いかがなものか。。。というところ。
短歌に出会った最初はマスノさんで、最初に読んだ短歌の作り方の本は かんたん短歌
で、やっぱり意味とかなにいってんのかとか、詩的飛躍とかがありまくりでわかんなくて
ハズカシイとかよりは、わかりやすい歌でありたい、と思っています。
(でもかんたん短歌、は私には無理みたい。。。かんたんとかいっておきながらー
かんたんじゃないから!結局それは才能だから!んむー)

わかりやすさ。詩的飛躍。
短歌であること。
歌であること。
どーしたらいいのか。
。。。でもこれはたぶん一生悩みながらやっていくんだろうなー。

今月の 未来 では岡井先生に名前をあげていただいて感激。いやまあただ名前をあげて
いただいたというだけのことなんですが(^^;ああーほんとにほんとに岡井先生が
私の歌を読んで下さっているのか〜〜。
こわいです。
がんばります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

わんこ写真

なかなかうまく撮れないわんこ写真(^_^;)
(じっとしててくれないからー)
だいぶ大人らしく大きくなりました。
でももちろんヨワみそで甘えんぼで可愛いよー。050305_151201.jpg
050305_151101.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

仮屋崎省吾の世界

デモンストレーション見てきました♪
30分くらいでしたが、かなりセールストークでした〜。
ずっと喋りつつ、さらっと花をいける。
花のパワーですね〜ステキでした(^_^)
美輪さまとの会話の話しもちらっと出て、いいなーと思ったり。
展示はまた今度、見に行けるといいなーと思ってます。050302_113902.jpg
050302_113901.jpg
050302_113801.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

始まっている題詠マラソン

題詠マラソン2005がスタートしました。
http://www.sweetswan.com/daiei-2005/

今年はスタートダッシュ争いみたいのはなかったみたい。
ほんとはじっくりみんなの歌を読んで、というべきなのでしょうがそれは無理(^^;
すいません。。。
私もエントリーはさせてもらいましたがまだ詠むまでにはいたりませんー。

でもこの会場にアクセスすればいつでも新しい歌があるんだなあと思うととても楽しみ。
うーん。
私は今年も題のひとつひとつに向き合う、ことしかできないかなー。
しばらくは題詠ムリーと思うので(^^;
ゆっくり考えてみたいと思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »