« 寝まくり | Main | 題詠200首 »

未来 2月号

パソコンが帰ってきたのでネットにまた溺れます。
未来2月号に載せてもらった短歌。
10首送りましたが掲載は8首。落とされたのはうむ落とされてしまえばなるほど
納得なのでした。

「軽蔑」 千坂麻緒

『恋愛の国のアリス』を読み耽るわんだーらんどはナンダッテアリ

真夜中に目隠しをする軽蔑の儀式のための静かな合図

あの赤いドレスを買うの絶対に負けられないのもう決めてるの

この髪は黒く真ッ直ぐ伸ばしなさい真ッ黒い革がよく似合うように

サボテンは枯れないきっといつまでもいつまでもただ棘をとがらせ

あかりには月光あるいは蝋燭の火 どちらかを選んでもいい

いつまでも暗いおもてに暴風雨枕元には猫が眠って

夜明けには深い眠りがまっている おやすみ至高の聖なる売女

|

« 寝まくり | Main | 題詠200首 »

短歌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 未来 2月号:

« 寝まくり | Main | 題詠200首 »