« 写真 | Main | 題詠マラソン2004参加作 »

俳句

相変わらずのひとりごと覚え書き。

バルトの、「白いエクリチュール」
それを俳句に見い出した、とかいうのはすごく納得。。。
今土曜日の地元新聞に、キッズ俳句コーナーがあるけど、こーゆーのなんか
無垢なる白さと思いたくなるよーな気がする。
白いエクリチュール、禅だし俳句だろうなあと、読んでいて思ったけど。
短歌は長過ぎる。
最初のことろは短歌短いと思ったけど、今でも短いと思うけど、でも
やっぱ俳句の短さ、切れのよさはものすごいと思う。
でも、俳人として、句を作り続ければそれはもうきっとあっというまに白さは
汚れてしまうんじゃないだろうか。。。
白いエクリチュール って、継続は不可能なんじゃないの。
その不可能性が美だ、という気はするけど、同時に絶望だなあ。
厳しいじゃないのバルト。

|

« 写真 | Main | 題詠マラソン2004参加作 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 俳句:

« 写真 | Main | 題詠マラソン2004参加作 »