« やっぱ | Main | 罪と罰 »

私 は虚構です

ちゃばしらWEBで、

短歌における「反・私/私性」の可能性について  文・田中 槐

というのを読みました。
http://www.lebal.co.jp/cyabasira_bbs/specials_top.html

えーと、じっくり読んでいないのですが。。。
ちょっと愕然。
その論文の論旨そのものじゃなくて、短歌界ってそうなの?と私が感じたことに。
短歌って、そんなにも、「私性」にガチガチなわけですか。うそお。
作品から読みとく 「私」 は虚構の存在である。
そんなの自明のことだと思ってた。
えーとそう、作者の死 ですよ。実在の生きている人間としての作者なんて。
岡井隆が結婚してようが離婚してようがどっちでもいいよー。三たびの離婚を
読みとれるのはいいけど実際に離婚してよーがしてなかろーがどっちでも
いいじゃーん。
齋藤茂吉の母親が死んだ時にカエルが鳴いてる季節だろーがなかろーがどっちでも
いいじゃーん。
その作品そのものの力を読むべきだ。

ん〜。
ほんとわからないことばかりだなあ。

|

« やっぱ | Main | 罪と罰 »

「短歌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27625/1151828

Listed below are links to weblogs that reference 私 は虚構です:

« やっぱ | Main | 罪と罰 »